婚活中の50代男女が直面する現実とは?やっぱり再婚は難しい?

URLをコピーしました。
婚活中の50代男女が直面する現実とは?やっぱり再婚は難しい?

 「子育てが落ち着いたので、今からでも新しいパートナーを見つけたい」「家にいる時間が長くなり、やはり家族が恋しいので婚活を始めたい」このような事情から、50代以降に婚活を始める方が増えています。 

日本全体で晩婚化が進んでいることもあり、50代以降になって結婚・再婚を果たす方も珍しくありません。とはいえ、実際に婚活する身になってみると、「50代では相手にされないのではないか」「再婚相手として見てもらえないのではないか」という不安が生まれることでしょう。 

そこで今回のコラムでは、婚活を始めた50代の男女が直面する現実について、フラットな視点で解説します。50代からの婚活を考えている方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。 

1.【結論】50代からの婚活は、20〜40代と比べれば厳しいのが現実

無理やり前向きな理由をいっても仕方ありませんから、まずは50代の婚活ついての現実をお伝えしましょう。はっきりいえば、20〜40代の人たちと比べれば、50代の婚活は厳しいのが現実です。 

男性であればシニア世代に差しかかって体力の衰えも見られる頃ですし、女性も出産が現実的ではない年齢となってしまいます。そのため、特に40代以下の年下の人たちからすると、どうしても恋愛対象から外れやすくなってしまうのは避けようがありません。 ただし、逆に考えれば60代や70代になってから婚活するよりも、圧倒的に有利ともいえます。 

60代以降になると施設に入る方の割合も増えますから、そうした世代と比べればまだ身体も動き、恋愛にも適した年齢といえます。要するに、年下の世代と比べれば不利になるが、年上の世代と比べれば有利になるということです。 

これは30代であっても40代であっても、変わらない現実でしょう。極端な年下を希望したり、今から子どもを産み育てることを望んだりしなければ、50代でも婚活市場では充分通用するといえます。 

むしろこの先確実に歳を取っていくわけですから、この先の人生で一番若いタイミングである「今」すぐに婚活をスタートさせることが理想の人生を手にする最短ルートになるでしょう。 

2.50代からの婚活で失敗してしまう人のNG行動 

50代からの婚活は不可能ではないとはいえ、どうしても婚活に失敗してしまう人も出てきます。そのような方たちにはどのような共通点があるのかをチェックしておきましょう。 もしご自身に心当たりがあるものがあれば、なるべく早いタイミングで改善することが大切です。 

  1. ひとまわり以上年下の相手を求める 
  2. ご自身を客観視できない 
  3. 結婚・再婚したい理由がぼやけている 

具体的に、上記の3つについて見ていきます。 

2-1.ひとまわり以上年下の相手を求める 

50代からの婚活で失敗してしまう大きな原因は、あまりにも年下の相手を求めてしまうことです。たとえば50歳の男性なら、相手の女性の希望として「35歳以下の女性」を挙げることが少なくありません。 

しかし35歳以下の女性からすれば、50歳の男性が恋愛対象になることは考えにくいです。50歳の女性からしてみても、世の中の男性の多くは子どもを産んで育ててくれる女性を希望されるのが現実です。 

そのため「年上女性OK」としている年下男性であっても、実際には恋愛対象に入らない可能性も充分あります。 たとえ年下の異性を求めるにしてもマイナス5歳程度、できれば同世代や少し上の世代にも目を向けることで、婚活は有利になるでしょう。 

2-2.ご自身を客観視できない 

年収が高く豊富なキャリアを持つ50代の方ほど、いつでも結婚できるだろうと考えていることが多いです。特に会社経営をされている方や役員の方など、たとえ収入が多くとも必ずしも結婚が成功するわけではありません。 

それよりも、ご自身を客観視して年下の異性との結婚は難しいことを踏まえ、同世代や少し上の世代の異性と交流できる方の方が婚活では成功しやすくなります。 

2-3.結婚・再婚したい理由がぼやけている 

そもそも、あなたが結婚や再婚を考えている理由は何でしょうか?なんとなく「結婚できればな」という気持ちで婚活に臨んでしまうと、相手の異性に求めることもはっきりせず、なかなか良い相手が見つからない可能性が高いです。 

重視するのは年齢なのか、外見なのか、それともステータスや会話の相性なのか。結婚相手に求めるものをはっきりさせつつ、その相手とどんな人生を歩んでどんな未来を手に入れたいのかを事前にイメージしておくことが大切です。 

3.マッチングアプリも有効?50代の婚活におすすめな出会いの場とは 

最近では若い世代の間で「マッチングアプリ」が流行しています。マッチングアプリは、スマホでプロフィールを登録することで、SNSを使うような感覚で相手を探すことのできるアプリです。真剣に婚活を考えている方の中には、こうしたマッチングアプリを利用する方も珍しくありません。 

そうはいっても、いきなりスマホだけで相手を探すのはハードルが高いと感じる方も多いかもしれませんので、それ以外の出会いの場としておすすめの方法も取り上げていきます。 

3-1.まずは結婚相談所に申し込んでみる 

50代からの婚活を成功させるためには、結婚相談所に足を運んでみることがおすすめです。結婚相談所で仲介役のスタッフからのアドバイスやフォローを受けられるため、一人よりも婚活をスタートさせやすくなるでしょう。 

また、結婚相談所にはあなたと同じように結婚相手を探している人が登録していますから、遊びや暇つぶしではなく、真剣な交際相手を見つけやすいメリットもあります。 

結婚相談所の登録費用も約10〜20万円と決して安くはないため、本気で結婚したいという熱意のある相手を探すことができるでしょう。逆にいえば、結婚相談所の登録費用を払うのが難しい場合には、別の方法を考えた方が良いかもしれません。 

3-2.人からの紹介やお見合いもおすすめ 

友人などから紹介してもらった相手とは、結婚に至る可能性が高いとされています。共通の友人からの紹介であれば、それぞれの性格をしっかり見極めて、相性の良さそうな人同士を引き合わせてくれるでしょうから、そのまま結婚へ進める可能性も高いのです。 

あるいは家族や親戚の紹介で、お見合いの機会を用意してもらうのも有効です。互いのことをよく知っている人が間に入ってくれるのであれば、紹介相手と交際に発展することも増えるでしょう。 

3-3.50代が多く利用するマッチングアプリも一つの手 

世の中にはたくさんの種類のマッチングアプリが存在し、恋人を探したい人向けのアプリもあれば、真剣な結婚を考える人向けのアプリもあります。 

登録しているのは20〜30代が中心ではありますが、50代以上の会員数も決して少なくありません。住んでいる場所や職場の人間関係に関係なく、全国の異性にアプローチできるという意味では、相手を見つけられる可能性は上がります。 

最近ではマッチングアプリの登録に本人確認書類や収入を証明する書類の提出が義務付けられていることもあり、安心して出会いを探せるのもメリットです。 

ただしマッチングアプリを使用する際には、プロフィール写真が第一印象を大きく左右しますから、履歴書用の写真やスマホで自撮りした写真だと、出会いの機会が減ってしまう可能性があります。 

婚活に本格的に取り組みたいと思った際には、身だしなみを整えるのはもちろん、プロのカメラマンさんにお願いして魅力あるプロフィール写真を撮影してもらうことも大切です。 

4.50代からの婚活を成功に導く秘訣 

次に、50代からの婚活を成功に導くために押さえておきたい、3つの秘訣について取り上げていきます。 これらの3つを知っておくことによって、きっと恋愛市場でも高く評価され、相手が見つかりやすくなるでしょう。 

  1. 1つの物事にこだわりすぎない 
  2. 再婚の場合は過去の離婚を教訓に 
  3. 焦らずゆっくりと婚活に臨む 

4-1.つの物事にこだわりすぎない 

人は歳を重ねるごとに、これまでの経験や考え方にこだわりすぎてしまう傾向にあります。年下の異性にこだわってしまうことはもちろんですし、人からの紹介だけを頼りにして結婚相談所やマッチングアプリを使わないのも可能性を狭める結果になってしまいます。 

人として柔軟に考えることができる人の方が、やはり異性からしても魅力的に思えるものです。ご自身の中で1つのこだわりを持つことも大切ではありますが、婚活する上では細かなこだわりを捨てて、臨機応変に行動してみることをおすすめします。 

4-2.再婚の場合は過去の離婚を教訓に 

初婚ではなく、再婚相手を探すために婚活する場合には、過去の経験を活かすことをおすすめします。 以前の結婚生活を思い出してみて、離婚に至った原因や相手に求める条件などをもう一度洗い出して、この先の婚活のための教訓にしましょう。 

もしかすると離婚したこと自体が苦い経験かもしれませんが、それを活かすことでより良い出会いへとつなげることができます。 ご自身だけでは客観的に分析するのが難しいようであれば、結婚相談所を利用してご自身の経験を話し、整理してもらうというのも1つの手です。 

4-3.焦らずゆっくりと婚活に臨む 

恋愛でも婚活でも、焦れば焦るほど良縁は遠のいてしまいます。 むしろどっしりと落ち着いて構えている方が、異性としても魅力的に映る可能性が高いのです。 

もちろん、落ち着きすぎて時期を逃してしまっては意味がありませんから、良い出会いがあったら積極的に行動を起こすことも大切です。 結婚を焦っている気持ちが周りに伝わってしまわないように、新しい趣味や仕事などと同時並行で婚活に臨むのも良いでしょう。 

おわりに 

50代からの婚活は、下の世代と比べれば厳しいですが、上の世代と比べればまだまだチャンスがあります。 ただし、あまりにも年下の相手を求めてしまうと婚活が難航してしまう可能性が高く、ご自身を客観視できないことも失敗の原因になってしまいます。 

まずは一度結婚相談所や、人生経験が豊富な友人などを頼って話を聞いてもらうのも良いでしょう。 その際には柔軟な考え方で婚活に臨み、焦らず落ち着いて良縁を待つようにしましょう。