衣替えでの洗濯はマスト?!気持ち良く衣類を着るためのポイントをおさらい

URLをコピーしました。
衣替えでの洗濯はマスト?!気持ち良く衣類を着るためのポイントをおさらい

衣替えで出した服に、黄ばみやカビが付いていてがっかりした経験のある方も多いのではないでしょうか。大切な服が汚れて着られなくなるのは悲しいですね。そんな思いをしないためにも、衣替えで服を保管する際はきちんと手入れをしておく必要があります。

本記事では、衣替えで服をしまう前と出す際に洗濯が必要か否かや、気持ち良く服を着るための洗濯・収納のコツをご紹介します。衣替え時の洗濯方法でお悩みの方はぜひ読んでみてください。

1.衣替えで服をしまう前の洗濯は必須!

1.衣替えで服をしまう前の洗濯は必須!

皆さんは衣替えで服をしまう際に、洗濯をしていますか?一度しか着ていないし、目立つ汚れもないのに洗濯するなんて面倒と思う方もいるかもしれません。しかし、面倒だからとそのひと手間を省いてしまうと、お気に入りの服が、次に着るときには傷んだり汚れてしまったりして駄目になってしまう可能性があります。

何故、衣替えで服をしまう前に洗濯しておくべきなのか理由を3つ解説します。

1-1.服に付いた汚れや皮脂は黄ばみのもと!

黄ばみは服に付いた汗や皮脂などの汚れが酸化して変色することによって起こります。そのため、皮膚に直接触れやすい袖口や襟周り、脇などは黄ばみやすいです。また洗濯していても、しっかり汚れを落としきれていないと、時間が経ってから黄ばむこともあります。

黄ばみを作らないためには、服をしまう前に完全に汚れを落としておかなければいけません。皮脂汚れは、クレンジングオイルを使ってお湯でもみ洗いする方法が有効です。洗濯機に入れて洗う前にこのステップを加えれば、次のシーズンも黄ばみのないきれいな服のまま着られるでしょう。

1-2.服に付いた皮脂やフケはダニのエサに?!

洗濯せず服をしまってしまうと、繊維に付いた皮脂やフケをエサにしてダニが発生します。ダニが付いた服を着ると、かゆくなったりくしゃみが出たりと、さまざまなアレルギー症状が現れることもあります。

衣類が湿っている、服を着たときに違和感がある場合などは、ダニがいるサインかもしれません。このようなことを防ぐためにも、衣替え前にはしっかりと手入れしておきましょう。

1-3.虫食いで服が傷んでしまうことも

日本にはイガやヒメカツオブシムシという衣類害虫が生息しています。これらの衣類害虫は、外出時の服や、窓の隙間、外に干した洗濯物から家の中に入り込み、服に卵を産み付けます。衣類害虫の幼虫は服の繊維を食べて成長するため、卵が付いた服を洗濯せずにしまうと、次に見たときには虫食い跡ができていることもあります。

特に注意したいのが、シルク、ウール、カシミヤなどの動物性繊維の服です。これらはやわらかい繊維なので、衣類害虫が好んで食べます。また植物性繊維の服や汚れた化学繊維の服も、衣類害虫のエサになるようです。

衣類害虫の卵や幼虫は、洗えば落とせます。この点からも、衣替えで服をしまう際は洗濯をしてきれいにしておくことがいかに重要であるかが分かります。

2.衣替えで服を出したときの洗濯は衣類の状態で判断

衣替えで服をしまう際は洗濯が必要とお伝えしましたが、衣替えで服を出したときの洗濯はマストではありません。服全体の状態を見てトラブルがなければ、そのまま着ても良いでしょう。では洗濯が必要なのは、どんなケースでしょうか?

2-1.カビ・シミ・黄ばみ・汚れがあれば洗濯を

長期間保管していた服を収納から出すと、カビやシミ、黄ばみ、また汚れていることなどがあります。この場合はすぐに着用せず、洗濯をしましょう。このとき注意したいのが、無理にご自身の力で汚れを落とそうとしないことです。

長期間保管していた服に付いた汚れは、頑固で簡単には落とせないケースが多くあります。きれいにしようと躍起になって服を洗うことで、大切な服を駄目にしてしまったら本末転倒です。落ちそうにない汚れと判断したら、できるだけ早くクリーニング店に持って行きましょう。

2-2.ニオイが気になる場合も洗濯がおすすめ

保管していた服を出したときに、嫌なニオイがした場合も洗濯をおすすめします。このニオイ成分は水溶性のものが多いため、洗濯をすれば落とせるでしょう。ただし、ニオイの原因が何によるものかによって対処方法は変わります。ニオイの原因となるのは、カビまたは防虫剤の香りです。それぞれの対処方法は次のとおりです。

・カビの場合

クローゼットや収納ケースは空気がこもり高温多湿になりやすいため、カビが繁殖しやすい環境です。もし服にカビが生えてしまった場合は、除菌効果付きの漂白剤を使って洗いましょう。素材によっては漂白剤が使えないケースもあるので、洗濯表示を確認した上で洗うようにしてください。

・防虫剤の場合

服に付いた防虫剤の香りは、風通しの良い場所に吊しておけば飛んでいきます。日差しが強いと色落ちすることがあるので、直射日光の当たらない日陰で干しましょう。

これらの方法でもニオイが取れない場合は、スチームアイロンを使用します。このときアイロンは直接服に当てず、少し離れたところからスチームのみを当ててください。その後は数時間干しておきましょう。

2-3.くしゃみや鼻水が出るときも洗濯で対応を

前述したとおり、衣替えした服にはカビやダニ(害虫)が発生していることがあります。服を着た際に、くしゃみや鼻水などの身体的トラブルが起きたときは、これらに対するアレルギー症状が出ているのかもしれません。速やかに洗濯することをおすすめします。

3.衣替え時の洗濯のポイント4つ

ここからは、知っておきたい衣替え時の洗濯のポイントを紹介します。大切な服を守るためにも押さえておくと安心です。

3-1.黄ばみや皮脂汚れは温水洗浄がおすすめ

黄ばみや皮脂汚れは油性の汚れです。そのため、水で洗うよりお湯で汚れを浮かす方がきれいになりやすいでしょう。やり方は汚れが目立つ部分に洗剤を少量塗り、もみ洗いしてお湯で流すだけです。あとは洗濯機で洗えば、すっきりきれいに汚れが落ちます。

3-2.おしゃれ着は優しく洗おう

大切な服やデリケートな素材でできているおしゃれ着は、専用の洗剤を使って手洗いまたは洗濯機で洗いましょう。それぞれの洗濯方法のコツをまとめましたので、参考にしてみてください。

・手洗いする場合のコツ

おしゃれ着を手洗いする際は、まずおしゃれ着用の洗剤と洗濯ネット、タオル、洗面器を用意しましょう。あとは40度以下のぬるま湯を洗面器に入れて、こすったりもんだりしないよう押し洗いします。このあと脱水と押し洗いを繰り返しますが、洗濯機の脱水機能を使う場合はシワにならないよう短時間(30秒程度)で済ませるようにしてください。洗濯が終わったあとは、きれいに形を整え干しましょう。

・洗濯機を使う場合のコツ

洗濯表示に桶マークがある場合は、洗濯機洗いが可能です。汚れた部分が外側になるよう畳んだ服をネットに入れて、洗濯機のおしゃれ着コースで洗いましょう。洗濯機を使うときも手洗い同様、脱水時間は短く設定してください。

3-3.ダニ対策は洗剤や柔軟剤を選んでケア

市販の洗剤や柔軟剤の中には、ダニよけ成分を配合したものが販売されています。一般的な洗剤の代わりに、ダニよけ成分を配合した洗剤・柔軟剤を使えば、洗濯するだけでダニ対策が可能です。大切な服を守るためにも、毎日の洗濯でダニを寄せ付けない工夫をしておくと安心でしょう。

3-4.クリーニング店でプロに任せるのもおすすめ

ダニは高温に弱いため60度以上の熱を当てれば、すぐに死滅します。コインランドリーに置かれた乾燥機は高温熱風を吸気・排気しているため、ダニを素早く退治できるだけでなく死骸もしっかり落とせるでしょう。

布団やカーペットなどの大きなものは、クリーニング店へお願いするのも1つの手段です。またご家庭では取り切れそうにないシミや黄ばみなどが付いた服も、やはりクリーニング店に頼むことをおすすめします。

忙しくてクリーニングに出す時間がない方や、洗濯物が多かったり大きかったりして自宅での管理が難しい場合などは、宅配クリーニングサービスの利用がおすすめです。くらしのセゾンとクリーニングタカノが提供する宅配クリーニングなら、24時間いつでもWEBサイトから申し込みが可能で便利です。

ご利用方法は、ご自宅に届いた収集キットにきれいにしたい洗濯物を入れ、宅配会社に集荷を依頼し送るだけです。最長12ヵ月まで衣類保管が可能なので、衣替えの服の保管場所として使うのもおすすめです。

宅配クリーニングの詳細はこちら

4.衣替え時の収納のポイント3つ

4.衣替え時の収納のポイント3つ

洗濯方法を工夫しても、収納環境が悪いと服は長持ちしません。衣替えで気持ち良く服を着るためにも、適切な収納ポイントも学んでおきましょう。

4-1.防虫剤は服の「上」に使用する

防虫剤は、服の収納方法に応じた正しい置き方をしなければ効果を発揮できません。防虫剤の成分は空気より重く、上から下に広がります。そのため引き出し用のような置くタイプは、服の上に設置して使うのがベストです。吊り下げタイプの場合は、ハンガーパイプの真ん中に掛けましょう。複数使うときは、等間隔に配置するとより効果的です。

正しく防虫剤を置いても、防虫剤の量が少ないと効果が半減してしまいます。置き方だけなく適正量を守ることも、服を害虫から守るための重要なポイントのひとつです。

4-2.服は詰め込み過ぎない

引き出しや衣類ケースに服を収納する際に詰め込み過ぎると、防虫剤の成分が行き渡らなかったり湿気がこもったりしてカビが発生しやすくなります。そのため服をしまうときは、ある程度余裕を持たせましょう。

服を詰め込み過ぎないことは、シワや型崩れの防止にもつながるというメリットもあります。衣替えで服のトラブルを減らすためにも気を付けましょう。

4-3.服を段ボールに収納しない

服を収納するケースに段ボールを使うのはおすすめできません。なぜなら段ボールは害虫が好む素材である上に、湿気を吸いやすいという欠点を持つからです。

カビや湿気、虫などから服を守るときは、防虫剤の効果が出やすい密閉性の高いプラスチックケースまたは保存袋に入れて保管しましょう。収納する際は、前述したように防虫剤の置き方や服を入れる量に注意するのを忘れないようにしましょう。

4-4.湿気がこもらない工夫を

服にとって湿気は大敵です。衣替えの服を保管するときは、風通しが良く湿気が少ない場所を選びましょう。また、衣替えをする日は、天気の良い日がおすすめです。定期的に扉や蓋を開けて換気するのも湿気がこもりにくくなるので良いでしょう。布団などを直接クローゼットの棚や床に置く場合は、すのこを下に敷いて風が通りやすくしておくと安心です。

もし、風通しが悪く湿気が多い場所しか無い場合は、乾燥剤・除湿剤を使い湿度が高くならないよう工夫しましょう。クリーニングから戻ってきたときに付いているビニール袋も通気性を悪くする原因のひとつです。クリーニング後の服を保管するときは、ビニール袋から出して一度陰干しした上で収納しましょう。このひと手間を加えることでカビなどから大切な服を守ることができます。

5.衣替えのタイミングは虫が繁殖する時期を避けて

5.衣替えのタイミングは虫が繁殖する時期を避けて

衣替えはいつするべきなのか迷う方もいらっしゃいます。そこで、ここからは衣替えのタイミングや注意点を紹介します。

5-1. 衣替えのタイミングの目安

衣替えは年2回〜4回行うのが一般的です。タイミングは地域やその年の気温によっても異なるため、下記を参考にしつつ適切な時期を見極めましょう。

<服の種類別 衣替えタイミング>

  • 冬物→春物…4月初め
  • 春物→夏物…6月初め
  • 夏物→秋服…9月初め
  • 秋服→冬服…10月初め

<気温別衣替えのタイミング>

  • 最高気温15度~20度…春・秋服へ
  • 最高気温22度以上…夏服へ
  • 最高気温15度以下…冬服へ

季節の変わり目は、気温が安定しないことがしばしばあります。すべての服を一度に衣替えしてしまうと、気温変動に対応できないことがあるため、衣替えする際は2〜3週間程度移行期間を設けると良いでしょう。

薄手のカーディガンのような気温に応じて着られる羽織りものを数枚用意しておけば、スムーズに衣替えを行うことができます。

5-2. 衣類の害虫の行動パターンに注意

冬物から春物への衣替えは、遅くてもゴールデンウィーク明け頃までに完了させておきましょう。

衣類害虫の幼虫は、冬〜春にかけ服の繊維を食べ成長します。その後、春〜夏頃になるとさなぎになります。そして夏〜秋なると成虫へと成長し卵を産み落とすようになります。この産卵時期が、ちょうどゴールデンウィーク明けの時期と重なります。そのため、冬物から春物への衣替えをゴールデンウィーク明け頃までにすべきでしょう。

さらに夏物をしまう際も注意が必要です。前述したとおり、衣類害虫の産卵は夏〜秋にかけて行われます。そのため夏物をしまう際に、衣類害虫の卵が服に産み付けられている可能性があります。卵を服に付けたままにならないよう、この時期も洗濯をしっかり行い正しい収納方法で保管しましょう。

おわりに 

衣替え時の洗濯は、面倒・大変というイメージがありますが、大切な服を長持ちさせるためには欠かせないステップのひとつです。衣替え前にきちんと汚れを落とし、守るべき収納のポイントを押さえた保管をすれば、いつでも気持ち良く服を着られるでしょう。

もし衣替え時のお手入れをご自身では上手くできそうにない、収納場所が狭い・環境が整わないなどお困りであれば、衣類保管もしてくれる宅配クリーニングサービスに利用するのもおすすめです。

宅配クリーニングの詳細はこちら