生命保険の選び方のポイントとは?選ぶ際の注意点も合わせてチェックしよう

URLをコピーしました。
生命保険の選び方のポイントとは?選ぶ際の注意点も合わせてチェックしよう

生命保険を選ぶとき何を基準にすれば良いのか悩むことがあるでしょう。適切な保険を選ばなければ、必要な保障を受けられないため注意が必要です。このコラムでは、生命保険の選び方のポイントを解説します。生命保険の必要性や注意点をチェックし、ご自身にあった生命保険を見つけましょう。

1.生命保険つの必要性

生命保険が必要な理由は3つあります。

亡くなったときに家族にお金を残せる

・働けなくなったときのリスクを軽減できる

・将来への資金を貯められる

生命保険に加入していると亡くなったときに保険金をもらえたり、病気やケガなどで働けなくなったりしたときに保障を受けられます。

他にも子どもの教育費や老後資金を貯められるため、将来への不安を減らすこともできるでしょう。生命保険をうまく活用すれば、人生で起こり得るリスクを軽減できます。まずは、生命保険の必要性を詳しく解説しましょう。

1-1.死亡したとき遺族にお金を残せる

生命保険に加入していれば、契約者が亡くなったとき遺族にお金を残せます。特に家計を支えている方が亡くなった場合は、残された遺族への影響が大きいでしょう。例えば、以下の用途でお金を確保する必要があります。

葬儀費用

・残された家族の生活費

・子どもの教育費

・住居費(家賃や修繕費など)

生命保険を活用していれば亡くなったときに一定額の保険金をもらえるため、上記の必要なお金をある程度は準備できます。そのためもしものとき十分な資金がないは、生命保険に入っておくと安心です。

1-2.働けなくなったときのリスクを軽減できる

生命保険を活用すると、病気やケガなどによって働けなくなったときのリスクを軽減できるでしょう。例えば家計を支えている方が病気で働けなくなった場合、収入が途絶えます。ご自身の生活費のみならず、家族の生活費や教育費なども別の方法で確保しなければいけません。

また病気によって入院や手術などが必要となった場合は、医療費が高額になることもあるでしょう。しかし生命保険を備えておけば、万が一働けなくなった場合に保険金をもらえるため、急に生活が苦しくなるリスクを軽減できます。またお金がなくて治療を受けられないといった事態を避けることもできるでしょう。

1-3.老後資金の貯蓄ができる

生命保険を活用すれば老後資金の貯蓄ができるほか、契約者が亡くなってしまったときの保障も受けられるため、貯金が苦手なでも将来のリスクを軽減できます。そのため将来への不安を感じる方は活用すると良いでしょう。

2.生命保険4つの種類

生命保険は種類によって保障内容が異なるため、起こり得るリスクに応じて選ばなければいけません。亡くなってしまった際に、ご家族にお金を残したいのであれば死亡保険が良いでしょう。医療保険に入っていれば、病気やケガなどで働けない状態になったときの収入を確保できるでしょう。

他にも生命保険は将来必要となる費用を貯めることができるため、子どもにかかるお金や老後資金への不安を軽減できるでしょう。ここでは、生命保険の種類について詳しく解説します。

2-1.対象者が亡くなった場合に保障される「死亡保険」

死亡保険は契約者が亡くなったときや、高度障害状態になった際に保険金をもらえる仕組みです。無事に満期を迎えた際に解約払戻金が発生しないタイプも数多くあるため、契約する前に確認しておきましょう。

死亡保険は、以下の4種類があります。

・定期死亡保険

定期死亡保険は、一定期間のみ保障を受けられる仕組みです。保障期間が決まっているため、亡くなった場合のリスクが大きい期間で利用するのがおすすめです。

例えば働き盛りの契約者が亡くなった際に、ご家族の生活費や教育費に備えるのも良いでしょう。なかには満期を迎えたときに契約を更新できる保険もあるため、事前に確認しておくと安心です。ただし更新後の保険料は増額となるため、あらかじめ確認しておきましょう。

・終身死亡保険

終身死亡保険は、保険の対象者が生きている限り保障を受けられます。亡くなるまで保障を受けられるため、生涯を通してリスクを軽減できます。残されたご家族の生活費や住居費、教育費だけではなく、契約者が亡くなった際の葬式費用にも活用できるでしょう。

・定期保険特約付終身保険

定期保険特約付終身保険とは、定期死亡保険と終身死亡保険を組み合わせた保険で、一定期間だけ手厚い保障を受けたい方におすすめです。

例えば子どもにお金のかかる期間のみ定期死亡保険で保障を手厚くすることができます。定期死亡保険が満期になっても終身死亡保険は生きている限り続くため、保障内容は薄くなるものの万が一の事態に備えられるでしょう。

・収入保障保険

収入保障保険とは、契約者が亡くなったときにもらえる保険金を一括ではなく、分割で毎月もらえる仕組みです。ただし、亡くなった時期によって給付される保険金の総額が異なります。

例えば満期を65歳として契約を行ったとき、40歳で亡くなった場合は25年間保険金をもらえる一方、60歳で亡くなった場合は5年間しかもらえません。そのためよく検討したうえで、利用するか決めましょう。

2-2.病気やケガのときに保障される「医療保険」

医療保険は、特定の病気やケガになったときに保険金をもらえる仕組みです。給付される条件は加入する保険によって異なるため、あらかじめ把握して納得できるものを選びましょう。

また貯蓄性のない掛捨タイプや、健康な状態が続くと解約払戻金が発生するタイプなど、保険の種類によって違いがあるため合わせて確認しておくと安心です。

医療保険には、以下の4種類があります。

・定期医療保険

定期医療保険は、一定期間のみ保障を受けられます。入院や通院であればかかった日数分、手術であれば1回ごとに保険金が受け取れるものが多いです。

ただし満期を迎えると保障を受け取れないため、貯蓄できない期間だけ備えたい方や収入が不安定の期間に活用したい方など、特定の期間のみ保障を受けたい方におすすめです。

契約を更新できる保険であれば、満期以降も保障を受けられますが、更新時の年齢で保険料の計算が行われるため、毎月の負担が大きくなります。

・終身医療保険

終身医療保険とは、一生涯保障を受けられる仕組みです。高齢となり、病気や怪我のリスクが大きくなった場合でも安心できるでしょう。

ただし定期医療保険よりも毎月の支払いが多い傾向があるため、家計の負担とならないように注意が必要です。また医療保険のなかには生活習慣病や女性特有の病気など特定の病気にかかった場合は、保障が手厚くなるものがあるため、あらかじめ保障内容を確認しておきましょう。

・がん保険

がん保険は、病気のなかでもがんに特化しているのが特徴です。保険金をもらえる条件や金額などは保険によって異なります。

例えばがんと診断されたら一時金をもらえるものや、がんの手術を受けた回数に応じて給付金をもらえるものなどがあります。そのため、保険金をもらえる条件について、契約前によく確認しましょう。またがん保険にも一定期間のみ保障できる定期タイプと、生きている限り保障を受けられる終身タイプがあります。

・就業不能保険

病気やケガなどを理由に働けなくなったときに、本来得られるはずだった収入分を保障で補える仕組みです。そのため働いている方のみが加入でき、もらえる毎月の保障は平均収入より高く設定できません。

収入保障保険と保障内容が似ていますが、就業不能保険は働けなくなったときのみに保障される保険だと覚えておくと良いでしょう。

2-3.介護が必要になったときに保障される「介護保険」

介護保険とは、介護が必要となった場合に保険金をもらえる仕組みです。一括で保険金をもらえるタイプや、分割でもらえるタイプがあるため、リスクに応じて選ぶと良いでしょう。

保険金が支払われる条件は加入する保険会社が独自に決めている場合や、介護保険法に沿って定めている場合があります。

また契約者本人の保障だけではなく、契約者の親や配偶者、子ども、兄弟、姉妹などが介護状態になったときに保険金をもらえるタイプもあるため、必要に応じて選ぶことが大切です。契約者以外の家族に介護が必要な状態となった場合に、収入が減って家計を圧迫するリスクを軽減できます。

2-4.将来の資産作りとしても有効な「生存保険」

生存保険とは契約中に亡くなった場合でも無事に満期を迎えた場合でも保険金をもらえ、将来の不安を軽減するために有効な保険です。ただし掛け捨てではなく貯蓄性があるため、毎月支払う保険料は高めに設定されています。

生存保険は、以下の3種類があります。

・学資保険

学資保険とは、満期までに親が生存していれば満期金や祝金をもらうことができ、満期までに親が亡くなった場合は保険金がもらえる仕組みです。もしもの事態に備えつつ、子どもの教育費を準備したい方におすすめです。

近年は、親の死亡保障が付いていない種類も増えています。親が亡くなった際に保険金が支払われず、あらかじめ定めておいた年齢になったら学資金がもらえるものがあります。また親が亡くなった時点で保険料の支払いが免除となる場合もあるため、契約する前に確認しましょう。

・個人年金保険

個人年金保険とは、老後資金を貯蓄する目的で使用される保険のことで、年金のように毎月分割で保険金をもらえます。受取期間を10年や20年のように固定できる「確定年金」と、一生涯にわたってもらえる「終身年金」などの種類があります。

また個人年金はもらえる年金額が決まっている「定額型年金保険」と、資産運用の結果によって受け取れる金額が変動する「変額型年金保険」の2タイプがあります。

定額型年金保険は積み立てた年数が長くなるほど、もらえる額が増える仕組みです。一方、変額型年金保険は資産の運用がうまくいけば、大きな額をもらえることができるでしょう。個人年金保険を選ぶ際は、それぞれの特徴を理解しておく必要があります。

・養老保険

養老保険は万が一の保障だけではなく、将来への貯蓄もできる保険です。契約終了まで生きていた場合は満期金を、途中で亡くなった場合は満期金と同じ額の死亡保険金をもらえます。

また途中で解約した場合は、解約返戻金をもらえるため将来の資産としても活用できます。ただし掛け捨てではないため、毎月の保険料が高めに設定でされていることに注意しましょう。

3.生命保険を選ぶときのポイント5つ

生命保険を選ぶ際は、以下を確認しましょう。

・目的を明確にする

・将来のライフイベントを考慮する

・必要な保障内容はなにかを考える

・必要な保障額を計算する

・必要に応じて保険を組み合わせる

生命保険を選ぶ際は目的を明確にすると、ご自身に必要な保障がわかります。個人によってリスクは違ってくるため、あらかじめ確認しておきましょう。

また目的やリスクに応じて、必要な保障内容や保障額を考えておくことも重要です。状況によっては、複数の保険を組み合わせることでリスクを賄えるケースもあるかもしれません。ここでは、生命保険を選ぶ際のポイントを解説します。

3-1.目的を明確にする

生命保険を選ぶ際は、目的を明確にしましょう。例えば、以下の目的が考えられます。

ご自身葬儀代を残したい

・夫が亡くなった際のリスクを軽減したい

・病気やケガで入院したときの医療費をカバーしたい

・介護が必要となったときの準備をしておきたい

・子どもの教育費を貯めたい

・老後の不安を解消したい

それぞれの家庭によって、生活上不安を抱くことや起こり得るリスクは異なります。加入する目的を明確にしておけば、必要な保障を受けられる保険を選びやすくなるでしょう。

3-2.将来のライフイベントを考慮する

生命保険を選ぶ際は、将来のライフイベントを考慮しましょう。ライフイベントとは、結婚や出産など、人生で起こる大きなイベントのことです。今後予想されるライフイベントはなにかを考えておくことで、必要な保障も明確になるでしょう。

・独身の場合

生命保険に入る時点で独身の方は、亡くなったときに手厚い保障は必要ないケースも多いでしょう。例えば、葬式費用や遺品整理に使用するお金が用意できていれば問題ない場合もあります。

しかし今後結婚する予定があれば、家族となる配偶者の生活費や住居費などを残す必要性が生まれるため、手厚い保障を用意しておくと安心です。

また独身であっても、将来必要となる資金へのリスクを軽減するために保険を活用することは有効です。退職まで何年あるかを計算し、退職後困らないように保険を選びましょう。

・家族がいる場合

家族がいる場合は、残された家族の住居費や生活費を残せるような手厚い保障が必要です。特に子どもがいる家庭では進学や就職、結婚など、数多くのライフイベントが想定されるでしょう。

またマイホームを購入することも予想されます。契約者ご自身だけではなく、家族全員のライフイベントも考慮して選ぶことが大切です。

3-3.必要な保障内容は何かを考える

生命保険に加入するときは、必要な保障内容は何かをあらかじめ考えておきましょう。例えば契約者が亡くなったときに困る家族の人数によって、必要となる保障内容は変わります。また病気やケガをして働けなくなった場合に、貯蓄がなければ医療費を支払うことも困難になるでしょう。

他にも子どもにお金がかかる時期のみ保障を受けたいのであれば、保障期間を考慮することも重要です。

3-4.必要な保障額を計算する

ご自身に必要な保障内容がわかれば、次に必要な保障額を計算しましょう。例えば契約者が亡くなった後、残された家族の生活費をすべて保険金で賄うのは困難です。そのため契約者が亡くなった後に考えられる支出と、亡くなった後に受け取れる収入をともに洗い出し、不足している部分を生命保険で補うのが一般的です。契約者が亡くなったときにどのような支出と収入があるのか確認しておきましょう。

【亡くなった後支出例】

・葬儀費用

・家族の生活費や住居費

・子どもの教育費

【亡くなった後収入例】

・遺族年金

・死亡退職金

・預貯金や家族の収入

・児童手当

収入に関しては契約者の職業によって公的な支援が異なるため、あらかじめ把握しておくと安心です。収入が変われば必要な保障額にも違いが出てくるでしょう。

必要な保障額を明確にできれば、加入する保険の種類が選びやすくなります。万が一の事態が発生したときに必要な保障額を受けられる保険を選択しなければ、リスクを軽減できないため注意が必要です。保障額と合わせて、保障期間も考慮しておきましょう。

3-5.必要に応じて保険を組み合わせる

必要な保障内容や保障額など1つの保険で賄えない場合は、複数の保険を組み合わせるのもおすすめです。足りない部分をカバーし合うことができれば、リスクを軽減できるでしょう。

ただし必要以上に保険をかけないためにも、もらえる保険金はいくらになるのかをしっかりと把握しておくことが大切です。他にも重複している保険が多いと、契約を解除される可能性も否定できません。そのため複数の保険を活用する際は、保障の内容や条件などを入念にチェックしておく必要があります。

4.生命保険に加入する際の注意点

生命保険に加入する際は、個人によって必要な保障は違うこと、定期的な見直しを行うことの2つに注意しましょう。そのためご自身にはどの保険が最適なのかをよく見極める必要があるでしょう。

また契約したときに最適だった保険も、時間が経過することで状況が変化するため、定期的に見直して常に最適な保障を備えておくのがおすすめです。ここでは、生命保険に加入する際の注意点を確認しましょう。

4-1.個人によって必要な保障は違う

必要な保障や期間、金額などはそれぞれ個人によって異なります。配偶者や子どもの有無、資産の状況などによっても左右されるでしょう。そのため「何でもいいから、もしものときのために入っておかないといけない」と考えるのではなく、ご自身にとってどのような保障が必要なのかを考えることが大切です。

例えば独身で1人暮らしであれば死亡保険に必要性を感じず、医療保険や介護保険を重視する方もいるでしょう。病気やケガで働けなくなった場合の生活費や医療費を、ご自身で工面する必要があるためです。

一方、子どもがいれば学資保険を活用して貯蓄したいと考える方もいます。夫が家計を支えている場合は、夫の死亡保険が必要だと感じるでしょう。また夫が自営業であれば、将来受け取れる年金も多くはないため、将来の資金を確保しておくと安心です。家族にがんを経験した方がいれば、がん保険の必要性を強く感じる場合もあるでしょう。

以上のように周囲と比較するのではなく、今のご自身にとって起こり得るリスクに対応できる保障を選ぶことが重要です。

4-2.定期的な見直しを行う

生命保険は加入したら終わりではなく、定期的に見直すことがおすすめです。見直すタイミングは、生活スタイルに変化が生じたとき、または保険の更新時期がきたときを目安にすると良いでしょう。

生活スタイルに変化が生じたときは、起こり得るリスクも変わるため、現状に合わせた保障を備えなければいけません。また保険を更新すると保険料が上がることが多いため、新しい保険への加入を視野に入れるのも良いでしょう。

定期的に見直すことで、現状に最適な保障を備えられます。ここでは、生命保険を見直すタイミングについて解説します。

見直しのタイミング1生活スタイルに変化が生じたとき

結婚や離婚、マイホームの購入、転職、子どもの独立など、生活スタイルに変化が生じたときは、生命保険の見直しを行いましょう。生活スタイルが変化すれば、起こり得るリスクも変わるため、適切な保障を受けられるように準備しておくと安心です。

例えば結婚や出産などで家族が増えれば、ご自身の人生のみならず家族の人生も考えなくてはいけません。もしご自身が亡くなってしまった場合、残された家族が生活できるようにお金を準備する必要があるでしょう。病気やケガなどで働けなくなった際のリスクも上昇します。家族の生活を守れるような保障内容にしておくと安心です。

反対に子どもが独立をした場合などは、手厚い保障が必要なくなることもあり得ます。子どもの教育費や生活費のために活用していた保険は、必要なくなるといえるでしょう。その分の保障をご自身の老後資金へと活用するといった見直しができます。また不要な保障を省ければ、毎月支払う保険料を抑えることにもつながります。

生活スタイルの状況に応じて、どのような保障が必要なのかを考え直すことが大切です。

見直しのタイミング2保険の更新時期がきたとき

保険の更新時期がきたら、生命保険の契約内容を見直しましょう。保険を更新する際は更新時の年齢と保険料率で毎月支払う保険料が再計算されるため、一般的に更新後の保険料は上がります

そのため更新後に保険料を支払うことが負担となる場合や、保障内容と保険料が見合っていないと感じる場合は保険を見直すのがおすすめです。更新後の保険料に関しては、満期前に届く更新内容のお知らせに記載されているので、事前に確認しておきましょう。

こちらも読まれています「生命保険を見直して保障を充実させよう!見直しの3ステップや注意点」

5.生命保険を選ぶ際は「保険@SAISON CARD」がおすすめ

生命保険を選ぶ際は、保険@SAISON CARDを活用するのがおすすめです。セゾンカード・UCカード会員様向けにクレディセゾンが提携する保険会社のなかから、あなたに最適な保険をご提案いたします

取り扱いのある保険は定期保険、終身保険、就業不能保険、介護保険の4種類です。お電話でのご相談やWEBサイトから見積もりや資料請求も行えるため、ぜひ活用してみてください。

保険@SAISON CARDはこちら

生命保険の加入を考えている方は、以下を参考にしてください。

生命保険|保険@SAISON CARD

おわりに

生命保険を備えておけば、亡くなった時や病気やケガなどで働けなくなった時にリスクを軽減できます。将来への資金を確保することもできるため、なかなか貯蓄を行えない方にもおすすめでしょう。

生命保険を選ぶ際はライフスタイルや目的に合わせて、ご自身に必要な保障が何なのかを見極めることが大切です。個人によってリスクには違いがあるため必要な保障内容や期間、保障額などを明確にしたうえで、ご自身にとって適切な保険を選ぶ必要があります。

また、生命保険に加入したら定期的に見直すことも重要です。生活スタイルの変化や契約の更新時期などを見直しのタイミングだと考えるのが良いでしょう。常に最適な保障を受けられるように、元気なうちに準備しておくと安心です。