スマートフォンにコーヒーをこぼした!安全で正しい対処法とは?

URLをコピーしました。
スマートフォンにコーヒーをこぼした!安全で正しい対処法とは?

「防水スマートフォンにブラックコーヒーをこぼしてしまったけど、防水だから大丈夫?」 

「砂糖とミルクが入ったコーヒーをこぼしてしまったら、即修理が必要なの?」 

このようなことで悩んでいる方に向けて、このコラムではスマートフォンにコーヒーをこぼした場合の正しい対処方法について解説します。 

水没したスマートフォンからデータ復旧できるかどうかは時間勝負になりますから、急いで修理したい方向けの相談先も紹介しています。ちなみに、スマートフォンに詳しくないから電話や対面でサポートしてほしいという方向けには、「セゾンのスマホサポート」もご案内しているので、お気軽にご利用ください。 

1.スマートフォンにコーヒーをこぼしたらすぐにやるべき4つの対処法 

まずスマートフォンにコーヒーのような飲み物をこぼしてしまった際には、すぐに次の4つの対処方法を実施しましょう。焦らずこの4つを行うことで、スマートフォンが故障してしまうリスクを抑えることができます。 

  1. スマートフォンの電源はオフに 
  2. カバーやケースを外す 
  3. コーヒーの水分をしっかり拭き取る 
  4. 扇風機に当てて乾かす 

1-1.対処法①スマホの電源はオフに 

スマホの電源がまだオンになっている場合は、すぐに電源を落としましょう。もし、バッテリーが取り外せる機種をお使いであれば、バッテリーも取り外しておくと安心です。 

iPhoneの場合はバッテリーを取り外すことはできないため、電源を切るだけで問題ありません。 

1-2.対処法②カバーやケースを外す 

ご自身のスマホにカバーやケースを取り付けている場合には、それらの付属品も取り外しておきましょう。ただし、焦って無理に引き剥がそうとするとカバーやケースが損傷してしまう可能性もあるので、落ち着いて取り外すようにしましょう。 

もし画面の保護シートの内側にも水分が入ってしまっているようなら、保護シートも剥がしておくと安心です。SDカードやSIMカードなども含めて、取り外せるものは全て取り外しておきましょう。 

1-3.対処法③コーヒーの水分をしっかり拭き取る 

カバーやケース、保護シートを外してもまだ水分が残っているようなら、丁寧に拭き取っておきましょう。充電端子やイヤホンジャックも、綿棒を使ってできるだけ水分を除去しておきます。砂糖やミルクの成分でベタつく場合には、水洗いしたりせず、ウェットティッシュや固く絞った布で拭き取るようにしましょう。 

1-4.対処法④扇風機に当てて乾かす 

スマホ内部に入り込んでしまった水分は、扇風機の風で乾燥させましょう。ただし、ドライヤーやヒーターの温風を当てないように注意しましょう。温風によってスマホの基板を壊してしまう可能性もあるので、なるべく自然乾燥に近い形で乾燥させるのが理想です。 

2.故障の原因にも!スマホにコーヒーをこぼしたときのNG行為 

スマホにコーヒーをこぼしてしまうと、ドライヤーで乾かそうとしたり、スマホを叩いて水分を落とそうとしたりしがちですが、こうした方法はNG行為です。ここからは下記のようなNG行為についてチェックしていきます。 

  1. ドライヤーで乾かす 
  2. スマホを振る、叩く 
  3. 電源のオン/オフを繰り返す 

2-1.NG行為①ドライヤーで乾かす 

スマホの水分を早く飛ばしたいからといって、ドライヤーで乾かそうとするのは故障の原因になります。特にドライヤーの熱風は、スマホを故障させてしまうリスクが高いため、絶対に使わないようにしましょう。もしドライヤーを使うとしても、必ず冷風に切り替えて距離を取りながらスマホに当てましょう。 

2-2.NG行為②スマホを振る、叩く 

洗濯物やペットボトルの水を切るように、スマホを上下に振ったりトントンと机で叩いたりするのは逆効果です。まだ濡れていないところにまで水分が広がってしまう可能性があるので、スマホを振ったり叩いたりして水を切るのは控えましょう。 

2-3.NG行為③電源のオン/オフを繰り返す 

一旦電源を切って水分を拭いたあと、故障していないか確認するために電源をオンにしてみようと思うことがあるかもしれません。しかし何度も電源のオン/オフを切り替えてしまうと、スマホがショートして寿命を縮める原因になります。 

同様に、充電器で充電しようとするのも避けましょう。特に砂糖やミルク入りのコーヒーで濡れてしまったスマホは、電源を入れずに修理に持ち込むのが理想です。 

3.防水スマホなら安心?意外と盲点になる「充電器」 

最近では防水スマホが主流となり、多少水に濡れても影響がない機種も増えています。ただし、防水だからといってコーヒーをスマホにこぼしたときに影響がないとは限りません。特に砂糖やミルクも入ったコーヒーの場合、故障のリスクも高くなります。 

また、充電器の扱いについても注意したいポイントがあるので、確認しておきましょう。 

3-1.砂糖やミルク成分に要注意 

こぼしたコーヒーがブラックコーヒーの場合、水分を完全に乾かしたあとに電源を入れることで、復活する可能性は高いでしょう。一方で砂糖やミルクが入ったコーヒーの場合、内部に入り込むと基板が破損してしまうため、復旧が困難になってしまいます。 

むやみに電源を入れるとスマホがショートしてしまう可能性もあるので、電源はオフのままで修理を依頼するようにしましょう。 

3-2.濡れたままの充電は絶対にNG! 

水濡れで注意したいのは、スマホ本体だけではありません。充電コードや充電アダプターも水に弱く、濡れたまま使用すると思わぬ事故の原因になってしまいます。そのため、コーヒーをこぼしてしまったスマホを充電するのは避けましょう。 

充電コードや充電アダプターは、水分以外にもホコリなどの異物にも弱いデリケートな製品です。なかの銅線が剥き出しになっていたり、長期間使い続けていたりする場合にも、買い替えを検討した方が安心です。 

4.水没したスマホは時間勝負!なるべく早めに修理してもらうには 

コーヒーをはじめとする水分が内部に入ってしまったスマホは、どれだけ早く修理サービスに持ち込めるかが重要になります。早ければ早いほどスマホのデータ復旧に成功する可能性が高く、故障を回避できる確率も上がるからです。 

では、具体的にどこに相談して修理を申し込めば良いのでしょうか?ここでは、下記3つの相談先について紹介します。 

Androidならメーカーやキャリアに相談 

iPhoneならAppleに問い合わせ 

時間や費用を抑えるなら総務省登録修理業者へ 

4-1.Androidならメーカーやキャリアに相談 

現在お使いのスマホがAndroidスマホなら、メーカーまたはキャリア(ドコモやソフトバンク、au等)への相談がおすすめです。もしスマホの契約時に「安心補償サービス」などのオプションに加入していれば、修理費用の一部をキャリアに補償してもらえる可能性があるからです。 

コーヒーをこぼして修理が必要になってしまった場合にも、できるだけ修理代金は抑えたいところでしょう。キャリアのオプションを活用してメーカー修理を依頼することで、修理費用を大幅にカットできるかもしれません。 

4-2.iPhoneならAppleに問い合わせ 

お使いのスマホがiPhoneの場合、キャリアに相談しても対応してもらえない可能性が高いです。iPhoneの場合にはキャリアではなく、メーカーであるAppleに直接問い合わせてみましょう。 

Appleのカスタマー担当に「iPhoneにコーヒーをこぼしてしまったので修理してほしい」という旨を伝えることで、適切な修理オプションの案内を受けることができるでしょう。ただしiPhoneの場合、水没による損傷はAppleの無料1年保証の対象外になるのでご注意ください。別途「AppleCare+」のオプションを申し込んであれば、修理費用を抑えることも可能なので、ご自身の契約状況を一度Appleに問い合わせてみても良いでしょう。 

4-3.時間や費用を抑えるなら総務省登録修理業者へ 

古いモデルのスマホだと、もしかするとキャリアやメーカーの修理が受けられないかもしれません。iPhoneであれば、無料1年保証の対象外となり、高額な修理費用が発生することもあるでしょう。 

そうした場合には、ご自身で修理に出してみるのも1つの手です。具体的には、「セゾンのスマホサポート」のようなスマホ修理サービスを行っている修理会社に修理を依頼するという方法です。スマホ修理会社を利用すれば、キャリアやメーカーよりも安価で迅速に修理を受けられることもあります。 

なお、総務省では「登録修理業者」と呼ばれる認定制度を設けています。この総務省登録修理業者として国に認定されている修理会社に持ち込むことで、より安心して修理サービスを受けられますのでチェックしてみましょう。 

5.データを守りながら修理する「セゾンのスマホサポート」 

コーヒーで水没してしまったスマホを安全に修理するなら、「セゾンのスマホサポート」を利用するのもおすすめです。水に濡れたスマホの修理では、とにかく時間が勝負です。コーヒーで濡れたらすぐにセゾンのスマホサポートに電話して症状を伝えることで、故障のリスクを抑えることができるでしょう。 

5-1.セゾンのスマホサポートとは? 

セゾンのスマホサポートは、総務省登録修理業者である「スマホスピタル」と提携したスマホ修理サービスです。スマホスピタルは日本全国に店舗を構えており、セゾンのスマホサポートにご相談いただくことで最寄りの店舗のご案内が可能です。 

水没したスマホの修理はもちろん、画面割れやバッテリー交換などにも幅広く対応しています。 

5-2.セゾンのスマホサポートが選ばれる理由 

セゾンのスマホサポートは、最短15分で修理できるスピード対応が大きな特徴となっています。総務省登録修理業者の技術者が作業するため、国からの認定を受けた高い確実性や技術力も強みの1つです。スマホの症状を診断後、作業内容や見積もりを説明して了承を得てから作業に取り掛かるので安心です。 

5-3.まずは無料の修理診断を電話する 

セゾンのスマホサポートは、年中無休、9:00~21:00の時間で電話受付しています。一刻も早く症状を確認してもらい修理を受けたい場合には、下記のコールセンターにご連絡ください。 

問い合わせ先:0120-337-661 

※営業時間9:00~21:00(年中無休) 

※ガイダンスに従って「2」をプッシュしてください。 

なお、スマホの修理料金の支払いは、現金のほかクレジットカード決済やQRコード決済にも対応しています。※店舗によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。 

セゾンのスマホサポートの詳細はこちら 

※上記リンク先のページをご提示いただいた方は最大1,000円OFFでご利用いただけます。 

おわりに 

スマホにコーヒーをこぼした場合、すぐにやっておきたい対処方法は次の4つです。 

  1. スマホの電源はオフにする 
  2. カバーやケースを外す 
  3. コーヒーの水分をしっかり拭き取る 
  4. 扇風機に当てて乾かす 

逆に、次のような行為はスマホの故障リスクを高めるため避けるようにしてください。 

  1. ドライヤーで乾かす 
  2. スマホを振る、叩く 
  3. 電源のオン/オフを繰り返す 

スマホの水没はいかに早く修理に持ち込めるかの時間勝負になりますから、キャリアやメーカーへの相談、そして「セゾンのスマホサポート」のような修理会社に依頼して大切なデータを保護しましょう。