更新日
公開日

注文書ファクタリングとは?支払いサイトが長い場合の資金はどう調達する?

注文書ファクタリングとは?

経営を効率的に行うには売上金をできるだけ早く手に入れ、別の事業のための運転資金として使用する必要があります。入金までの日数を短縮する方法には「注文書ファクタリング」がありますが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。また、ほかの類似した資金調達方法との違いとは何でしょうか?

1.入金までの日数を短縮するメリットは?

経営の効率性を表す財務指標のひとつに「総資本回転期間」があります。これは商品やサービスを販売し、実際に売上金が入金されるまでの期間のことで、短いほど運転資金を事業に使用できる回数が増えるので効率的な経営が行え、会社の成長性を高めることができます。

入金タイミングを早める方法として、売掛債権を売却する「ファクタリング」の利用が挙げられます。ファクタリングには債権の段階に応じて「注文書ファクタリング」と「請求書ファクタリング」があり、また似たような資金調達方法として「POファイナンス(注文書担保融資)」があります。

1-1.注文書ファクタリングとは

ファクタリングは企業が所有している売掛債権を売却することで、入金を待つよりも短期間で現金を入手することができるサービスです。ファクタリングにはいくつかの種類があり、注文書ファクタリングは業務完了前の注文書の段階で利用することが可能となっています。

1-2.注文書ファクタリングと請求書ファクタリングの違い

売買取引の基本的な流れとして、見積書の発行を行い、相手方から商品やサービスを購入する意思を示す注文書が届きます。取引完了時に納品書を発行し、相手方から受領書をもらうことで初めて請求書を発行することができます。

この一連の取引のうち、注文書ファクタリングは相手方から取引開始の意向を受けた注文書の段階で利用することができ、請求書ファクタリングは取引を完了することで利用可能となります。

1-3.POファイナンスとは

POファイナンスはTranzax株式会社が提供する債権担保融資の新しい金融サービスで、売掛債権の電子記録債権化により政府系金融機関や大手地方銀行などから注文書の段階で資金調達ができるようになりました。

POファイナンスは、債権の買い取りではなく債権担保融資なので返済の必要がありますが、返済は取引の相手方が金融機関に直接入金する仕組みとなっています。ご自身の与信や財務状況よりも、POファイナンスの対象となる事業の収益性と取引の相手方の与信が重視されるので、低い金利負担で融資が受けられる可能性があります。

2.注文書ファクタリングなどのメリット・デメリット

ファクタリングやPOファイナンスは、売掛金の入金前に資金を調達できるため資金繰りの改善が期待でき、資金不足により手掛けにくかった案件に対応できるメリットがある一方で、デメリットもあります。そこで、各資金調達方法のメリット・デメリットを把握しておきましょう。

2-1.注文書ファクタリングのメリット・デメリット

注文書ファクタリングは、取引開始前の段階で資金を手に入れることができるため、商品の仕入れや人件費などの運転資金として利用することができるほか、取引完了後に相手方から代金が振り込まれない債権未回収リスクを回避することもできるので、高額な案件や新規取引相手であっても発注を受けやすいといったメリットがあります。

一方で、利用時の手数料が比較的高く、取り扱っている事業者が限られます。そのほか、入金まで長い期間を要する取引には利用できない場合があるといったデメリットがあります。

2-2.請求書ファクタリングのメリット・デメリット

請求書ファクタリングは、取引が完了し請求書を発行、入金を待つ段階となった場合に、債権を売却し資金を調達することができます。請求書ファクタリングには受注者と金融機関のみが関与する「2者間」と受注者、発注者、金融機関が関与する「3者間」の2つがあります。

2者間は審査が迅速に進むメリットがありますが、手数料負担が3者間と比べて高く審査も厳しくなっています。一方、3者間の請求書ファクタリングは手数料負担と審査が緩和されますが与信審査に時間がかかり、さらに債権譲渡を発注者側に知られてしまうため、関係悪化のリスクが生じます。

2-3.POファイナンスのメリット・デメリット

POファイナンスは注文書ファクタリングと同様に、注文書の段階で資金調達が行えるため運転資金への充当が可能となるほか、注文書ファクタリングでは対象外となってしまうような長期的な事業も対象となるメリットがあります。

しかし、利用には発注者の協力が必要となるほか、債権を買い取るファクタリングとは異なり債券担保融資のため返済が必要で、金利負担や財務諸表への記載も生じるため、ほかの融資審査に悪影響が及ぶデメリットがあります。

3.注文書ファクタリングはこんな場合におすすめ

各資金調達方法にはそれぞれメリット・デメリットがあり、利用に適したケースも異なるため、どのような場合に利用すると良いかを把握しておきましょう。

3-1.注文書ファクタリングがおすすめの場合とは

注文の段階で資金を調達できるため、大口案件などで運転資金を調達する必要がある場合に適していますが、請求書ファクタリングよりも手数料が高く、あまり長期の事業案件には利用することができません。

3-2.請求書ファクタリングがおすすめの場合とは

入金日が到来する前に資金が調達できるので、急いで資金繰りを改善する必要がある場合に適しています。特に2者間の請求書ファクタリングであれば審査が即日完了する場合もあります。一方で手数料負担も生じるため、日常的に利用するとかえって資金繰りの悪化を招いてしまうため、あくまでも緊急時の資金調達方法にとどめておくようにしましょう。

3-3.POファイナンスがおすすめの場合とは

POファイナンスも実際の取引開始前に資金調達が行えるため、多額の運転資金が必要となる大口案件への対応が可能となり、長期案件で入金がかなり先の取引の資金調達としての利用に適しています。利用に際して発注者側の協力も必要となりますが、前渡し金が不要となるなど発注者側へのメリットもあります。

4.セゾンファンデックスの「POファイナンス(注文書担保融資)」とは

POファイナンスは新しい金融サービスのため、取り扱っている金融機関が限られており、ノンバンク系列ではセゾンファンデックスのみとなっています。

セゾンファンデックスのPOファイナンスの融資期間は最長で3年間、融資額は受注額を上限として300万円~5億円までとなっています。

利息は固定金利で年率3.65%〜9.90%ですが、事業内容や発注先企業の与信によっては金利を軽減できる可能性があります。また、事業性を重視する審査内容のため、赤字決算や開業間もない事業者であっても利用可能となっています。

セゾンファンデックスのPOファイナンスの詳細はこちら

おわりに

経営を効率的に行うには投下した資金をできるだけ早く回収し、次の取引に使用することがポイントとなります。入金時期を前倒しする方法としては注文書・請求書ファクタリングのほかPOファイナンスなどの各種資金調達方法があり、それぞれに適した場面が存在します。

POファイナンスはファクタリングと比べ、長期・大口の案件での利用や開業間もない企業でも利用することができる特徴があります。事業の成長性を高めるために有利な資金調達方法を探している方にはおすすめの金融サービスといえます。

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100~5,000万円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。