更新日
公開日

商品券やギフトカードを現金化するなら金券ショップがおすすめ!

商品券やギフトカードを現金化するなら金券ショップがおすすめ!
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

何らかの事情で現金が必要になったとき、商品券やギフトカードを現金化する方法があります。金券ショップを利用すれば、スピーディーかつ安全に商品券を換金できます。

本記事では、商品券やギフトカードを現金化する方法を紹介し、金券ショップで換金するメリットやデメリットについて説明します。商品券を高く売るために、現金化を検討している方はぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

  • 商品券は金券ショップなどの買取業者を利用して現金に換えることができます。フリマアプリやネットオークション、金券買取サービスを利用する方法もありますが、取引するなら金券ショップが最も安心です。
  • 金券ショップで現金化できる商品券やギフトカードの種類は多岐にわたります。手持ちの金券を確認し、使っていないものは買取してもらいましょう。
  • 商品券を高く売るにもコツがあります。金券ショップに持って行くタイミングを考えたり、複数の店舗を比較したりすれば、高い換金率で売れるでしょう。商品券を現金化するときには、どうすれば高く売れるかを考えてから実行するのがおすすめです。
04_セゾンファンデックスの今スグまとめ払いの詳細はこちら

商品券を換金する3つの方法

商品券を換金する3つの方法

贈り物などで商品券をもらう機会もあるでしょう。商品券は使えるお店が限られているため、現金に換えたいと考える方も多いのではないでしょうか?

商品券は、現金化することも可能です。商品券を換金しても、もらった相手にバレることはほとんどありません。

商品券を換金する手段としては、大きく分けて

  • 実店舗がある金券ショップを利用する
  • フリマアプリやネットオークションを利用する
  • ネットの金券買取サービスを利用する

の3つがあります。それぞれの換金方法や特徴について説明します。

金券ショップを利用する

商品券は、金券ショップに持って行けば買い取ってもらえます。金券ショップとは、商品券、ギフト券、切手などの金券の売買を行っている店舗です。金券ショップは、駅前やショッピングモールなどの便利な場所に設けられていることが多くなっています。

金券ショップで商品券をいくらで換金できるかは、商品券の種類によって異なるほか、店舗によっても差があります。一般に、需要の高いものは換金率が高くなります。

例えば、JCBギフトカードのように全国で使える商品券なら高く買い取ってもらえますが、一部の地域でしか使えない商品券の場合には換金率がやや低くなります。

なお、商品券は金銭的な価値がはっきりしているものです。そのため、金券ショップへ持ち込んでも、額面よりも高く買い取ってもらえることは通常はありません。

ネットオークションに出品する

最近では、不用品を売買する際に、「メルカリ」などのフリマアプリや、「ヤフオク」などのネットオークションに出品する方が多いでしょう。フリマアプリやネットオークションを利用すれば、インターネット上で出品できるため、家にいながらでも商品券を現金化できます。

ただし、サイトによっては商品券などの金券の出品が禁止されている場合があります。出品する前に利用規約を確認しておきましょう。

フリマアプリやネットオークションを利用して商品券を現金化する場合、額面よりも高く売れる可能性もゼロではありません。多少金額が高くても、どうしてもその商品券を欲しいと思っている方がいる場合があるからです。

なお、フリマアプリやネットオークションの場合、商品券が売れたときには手数料がかかります。その分手取りが減ってしまうことにも注意しておきましょう。

金券買取サービスを利用する

店舗に出向かなくてもインターネットを通じて金券を換金してくれる金券買取サービスもあります。金券買取サービスでは、出張買取や宅配買取を行っています。

JCBギフトカードのような全国的に使える商品券を換金したいけれど、近くに金券ショップがないという方は、金券買取サービスの利用を考えてみましょう。

金券ショップで商品券を現金化する4つのメリットと2つのデメリット

金券ショップで商品券を現金化する4つのメリットと2つのデメリット

商品券を換金したい場合、最も手っ取り早く安全な方法は、金券ショップを利用する方法です。ここからは、金券ショップで商品券を現金化するメリットとデメリットについて説明します。

【メリット1】クレジットカード情報を提供しなくて済む

金券ショップを利用する場合、手元にある商品券を持って行って売却するだけです。金券ショップの運営会社に、口座やクレジットカードなどの情報を提供する必要がありません。安全に取引ができる点は大きなメリットでしょう。

【メリット2】人気がある金券は換金率が高い

図書券や大手金融企業が発行する商品券などを持っている場合には、金券ショップは特におすすめです。全国的に使えて知名度が高い商品券の場合、換金率が高くなるからです。金券ショップに持ち込めば、90%以上の換金率で現金化できるでしょう。

【メリット3】トラブルが少ない

金券ショップで商品券を買取してもらう場合、トラブルの心配が少ないのもメリットです。例えば、ネットオークションを利用する場合、誰に買取してもらうことになるかわかりません。買取してもらう相手によっては、トラブルになるおそれもあるでしょう。

インターネットを介したやり取りでは、お金を得られず、持ち逃げされる可能性もあります。実店舗の金券ショップならその場で取引が完了するため、安心して現金化ができます。

【メリット4】確実に売れる

金券ショップを利用すれば、確実に商品券を買い取ってもらえます。その日のうちに現金を手に入れられるので、急いでいる場合にも好都合です。

ネットオークションの場合には、出品しても売れるとは限りません。落札されるまでに時間がかかってしまうこともあります。

【デメリット1】希少価値を加味してもらえないケースが多い

ネットオークションで商品券を売る場合、額面よりも高く売れることもあります。希少価値のある商品券の場合、高いお金を払ってでも欲しいと思う方がいるからです。

一方、金券ショップでは、あらかじめ定められている換金率にもとづき商品券の買取を行います。希少価値を加味して金額が上がるようなことがない点は、デメリットといえるでしょう。

【デメリット2】店舗が近くにないと足を運ぶのが大変

金券ショップは都市部にはたくさんあります。しかし、地方など金券ショップがあまりないところもあります。

金券ショップの店舗が近くにない場合には、時間と交通費を使って出向かなければなりません。住んでいる場所によっては、足を運びにくいというデメリットもあります。

現金化できる商品券・ギフトカードは?

現金化できる商品券・ギフトカードは?

金券ショップ等で換金できる商品券やギフトカードは多数あります。例えば、以下のような商品券・ギフトカードは現金化ができます。

クレジットカード会社・VISAギフトカード
・UCギフトカード
・JCBギフトカード
・三菱UFJニコスギフトカード
・VJAギフトカード
大手スーパーマーケット・百貨店・イオン商品券
・イトーヨーカドー商品券
・セブン&アイ商品券
・ダイエー商品券
・全国百貨店共通商品券
レストラン・食品・ジェフグルメカード
・全国共通すし券
・おこめ券
・ビール券
旅行券・JTB旅行券
・近畿日本ツーリスト旅行券
・日本旅行券・HIS旅行券
ネットショップ・Amazonギフト券
・Google Playギフトカード
・iTunesカード

クレジットカード会社が発行する商品券

クレジットカード会社が発行する商品券は、需要が高くなっています。VISAギフトカード、JCBギフトカードなどは、換金率も高いので、使わないなら現金化するのがおすすめです。

大手スーパーマーケットが提供しているギフトカード

流通系では、大手スーパーマーケットの商品券なら高く買取してもらえます。イオンやイトーヨーカドーなどの商品券の換金率は、90~95%と高めです。

旅行券や図書カードなどは、大手スーパーマーケットの商品券と比べると、少し換金率が下がってしまいます。

レストランの食事券

レストラン・外食チェーンの食事券や食品・飲料のギフト券は需要があり、換金率が高めになっています。特に、ビール券は高く買取してもらえます。

ネットショップが発行するギフトカード

Amazonギフト券やGoogle Playギフトカードは、コンビニなどで気軽に購入できます。メールを利用して手軽に購入できるタイプのものもあります。ネットショップ系の商品券は、利用者も多く、買取してもらいやすいでしょう。

商品券を高く売るコツ

商品券を高く売るコツ

商品券を高く売るにはコツがあります。時間に余裕があるなら、以下のような方法を試してみましょう。

換金率が上がる時期に売る

商品券などのギフト券の需要は、年間通して同じではなく、時期によって変わります。そのため、買取会社でも、時期によって換金率を変えるところが少なくありません。

商品券の換金率が上がる時期は、買取会社によっても異なります。年末年始や大型連休前には、買取会社も在庫を多く抱えておきたいため、換金率を上げていることがあります。時期にこだわらないなら、換金率が上がるタイミングを狙って売るのがおすすめです。

複数の店舗で買取価格を比較する

商品券を少しでも高く売りたいなら、複数の買取会社を比較して、買取価格の高いところに売りましょう。

一般に、人が多く競争も激しい都市部の店舗の方が、換金率は高くなっています。どこで商品券を現金化するか迷ったら、都市部に店舗がある買取会社をいくつか比較して選ぶと良いでしょう。

保存状態を良くしておく

使っていない商品券やギフト券であっても、保存状態が悪い場合には、買取対象外になる可能性があります。例えば、折れ曲がっていたり、切れ目が入っていたりする場合には、買い取ってもらえません。使っていない商品券は、できるだけきれいに保存しておきましょう。

また、旧券になると買取価格が下がることもあります。売ると決めたら早めに売るようにしましょう。

すぐに現金が必要ならセゾンファンデックスの「今スグまとめ払い」もおすすめ

すぐに現金が必要ならセゾンファンデックスの「今スグまとめ払い」もおすすめ

すぐに現金が必要な場合、手持ちの商品券などを現金化する方法がありますが、ビジネスにおいても、資金繰りが悪化し、すぐに現金が必要な場面が出てくることもあります。

「資金が足りなくて急な仕入れができない」「銀行が短期では貸してくれない」などの場合には、セゾンファンデックスのファクタリングサービス「今スグまとめ払い」を利用するのもおすすめです。

「今スグまとめ払い」では、まだ回収していない売掛金の請求書データを送るだけで、現金が得られます。資金調達でお困りの場合には、ぜひ問い合わせてみてください。

今スグまとめ払いの詳細はこちら

04_セゾンファンデックスの今スグまとめ払いの詳細はこちら

おわりに 

すぐに現金が欲しい場合に、手持ちの商品券を現金化する方法があります。商品券は金銭的価値が明確なので、手っ取り早く現金化ができます。

商品券を換金するには、金券ショップやネットオークション、ネットの金券買取サービスを利用する方法があります。それぞれの方法の特徴を把握し、高く買取してもらうことを目指しましょう。

ビジネスで現金が必要になった場合、売掛金を買取してもらう方法もあります。資金調達の手段として知っておきましょう。

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100~5,000万円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。