【杉原杏璃のHappy Money】 春にスタートしたい!金運アップ習慣術

URLをコピーしました。
【杉原杏璃のHappy Money】 春にスタートしたい!金運アップ習慣術

春はお財布を買い替える方が多いですよね。 

それは、「お財布をパンパンに張る(春)」というところから、「お金がたくさん集まるようになる春財布は縁起が良い」という意味になったようです。 

私は株式や不動産投資をしていますが、「お金を大切にする」という日ごろの習慣も、お金の神様を呼び寄せる効果があるのではないかと、密かに思っています。 

今回のコラムでは、私が日頃金運アップのために実践している習慣をご紹介します。皆さんも、ご自身なりの金運アップの習慣をスタートしてみてはいかがでしょうか? 

1.お金に好かれる人、お金に嫌われる人の違い 

世の中には、お金に好かれる人と嫌われる人がいると思います。 

たとえば、金遣いが荒い人はどんなに稼いでもお金に困るようになっていきます。お札をクシャクシャにしてポケットに突っ込んでいるような人も、金運が逃げていっているのではないでしょうか。お金を大事に使わないから、お金に嫌われているのかもしれません。 

それに対して、お金に好かれる人は、お金を大事にしています。ムダ遣いをしないのはもちろんですが、お金を大切に扱う習慣が身に付いているように感じます。お財布にお札を入れる時に、雑に突っ込むなんて、もってのほか。きちんとお札の上下、裏表をそろえて入れるのが基本です。 

自身が本当に必要だと思うもの、大好きなものにお金を使うと、さらにお金を呼び寄せる気がしています。「安いから良いかな」とダラダラと使っていてお金が貯まらないのは、お金に嫌われているからかもしれませんね。 

お金はずっと自身の手元にあるものではなく、人から人へと渡っていきます。だからこそ、自身の手元に来てくれたことに感謝して、大切に使う習慣を身に付けたいものです。 

2.金運アップの習慣 金色のお財布でお金を呼び寄せる 

お財布はお金を入れるツールなので、私はこだわりを持っています。ゴールドのものを取りいれると金運が上がる気がするので、金色のお財布をずっと使っています。私は風水が好きなのですが、風水的にも金色のお財布は富を呼び寄せる効果があるそうです。 

ただ、金色のお財布はなかなか売っていないので、一度買ったら2~3年は使うようにしています。愛用のシャネルのお財布は定期的にクリーニングに出しています。色が少しでもはげてきたら縁起が悪い気がして、色も染めてもらいます。そうやってお財布を丁寧にケアするのも、金運アップにつながるのかもしれません。 

自身よりもお金持ちの人からお財布をもらうと、金運が上がるという説もありますね。そんな方が身近にいて、お財布をいただく機会があれば大切に使いたいものですが、私は自分自身で買ったお財布を使うことが多いです。 

また、最近よく聞くのが、「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」と「天赦日(てんしゃにち)」の話です。 

一粒万倍日は「一粒の籾(モミ)が万倍ものお米をつけた稲穂に成長する」という意味の吉日で、月に4~5日あります。何かを始めるのに最適な日といわれ、お財布を買ったり、使い始めるのに良いといわれています。 

天赦日は、60日に一度だけ、つまり年に5〜6回しか訪れない暦の上で最高の吉日です。この日に始めたことはすべて叶うといわれています。 

そのため、天赦日と一粒万倍日が重なると、最強の開運日ということですね。その日にお財布を買ったら、金運はものすごくアップしそうです! 

残念ながら4月に重なる日はないのですが、一粒万倍日の日はあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか? 

3.金運アップの習慣 水晶でお金を浄化させる 

毎日、水晶の上にお財布を置いて浄化させるのも、私の習慣の一つです。 

水晶は結晶が集まった15㎝ぐらいの塊です。その上に一晩浄化させたいものを置いておくと、清められると聞きました。 

一日外に出ていたら、お財布も邪気に触れているかもしれないので、「今日も一日お疲れ様でした」と感謝しながら、毎晩置くようにしています。ガラケーを使って株の取引をしていた時は、ガラケーを水晶の上に置いていました。 

また、水晶を置く方角も大事で、西に置いています。風水で西は金運アップや商売運が上がる方位。こういった小さな習慣もおろそかにしないでいると、お金を呼び寄せられる気がします。 

4.金運アップの習慣 株投資をするのは午前中だけ 

株投資をしている方はご存じでしょうが、株取引は基本的には一日中できるわけではありません。株式市場が開いている朝9時から15時までの間でないと、リアルタイムで取引できないのです(証券会社が独自に開いている私設取引システムを除く)。 

しかも、午前中の売買(午前立合、または前場といいます)は9時から11時30分まで、午後立会(後場)は12時30分から15時まで。意外と、短時間で勝負を決めなければならないです。 

私は午前中に取引することが多いです。実は、後場で買ってもあまり良い思いをしたことがありません。 

株を始めたばかりの頃、売ろうかどうしようかと迷ってランチの後まで持っていた銘柄が、1時半ぐらいになると下がることが多くありました。そのたびに「やっぱり午前中に売っておけば良かった!」と悔しい思いをしていました。 

後場は手じまい(保有している株を売買して取引を終了すること)をする投資家さんが多いようで、全体が下がる傾向にあるようです。他にも理由はありますが、基本的には午前中に取引を終えてスッキリさせています。 

何より、株は基本的に午前中だけと決めておけば、一日にメリハリが生まれます。9時から15時まで、ずっと画面をにらめっこしているのは疲れるので、午前中に集中するのが今のところちょうど良い感じです。 

これは私のジンクスのようなものなので、皆さんがやってみて午後のほうが調子が良ければ、午後に取引しても良いと思います。 

5.金運アップの習慣 ルーティンを決める 

金運アップの習慣④ ルーティンを決める

元プロ野球選手のイチローさんにルーティンがあったのは有名な話です。 

バッターボックスに入る前から、打席に入ってバッドを構えるまでに、いくつもの動作を繰り返しています。毎朝カレーを食べていた時期もあるようですし、試合前のストレッチやウエイトトレーニング、試合後のウエイトトレーニングなど、ルーティンの鬼だったようです。 

そこまでして結果を出すことにこだわっていたから、輝かしい成績を残せたのでしょう。株取引も勝負の世界です。私も一日のルーティンを決めて挑んでいます。朝8時頃に起きたら、すぐに証券会社のアプリで、銘柄別の売買注文状況をチェックします。 

まず、自身が買っている銘柄を見て、今日はどっちに振れるのかなと考えたり、買いたいなと思う銘柄を見て、今日は買い時なのか、そうじゃないのかを考えます。 

また、今日はどんな銘柄が注目されているのかを四季報アプリや他の株のアプリでチェックするなどして、売り買いする銘柄を考えるのが日課です。8時45分には何を売買するのかを決めて、その銘柄の画面を開いておきます。 

9時に株式市場が開いて、「さあ取引!」ではなく、9時半までは見るだけです。 

これもルーティンの1つです。始まって30分間はどう値動きするのか分からないので、焦って取引しないようにしています。ここで、「あ、下がった!」と慌てて売ったら、その後持ち直した……なんてこともあるので、焦りは禁物です。 

この待っている時間に朝ご飯を食べます。そして、9時30分になったら指し値(希望する売買価格で注文を入れること)を入れます。10時ごろには買いを終わらせ、売りのほうはギリギリ11時くらいまで値動きを見て、売ります(短期売買のルーティーンはまた変わりますが、中長期はこのスタイルが多いです)。 

その後はランチを食べて、仕事が入っていたら仕事に行き、仕事がお休みだったら買い物や美容院に行ったり、自身のことに時間を使います。 

15時に後場が閉まったら、今日の取引はどうだったのかを確認します。 

夜は仕事から戻って来たら夕飯を食べ、ゲームをしたりして遊び、夜11時ぐらいから株のリサーチを始めます。そして、午前2時くらいに就寝。 

これが、平日の一日のルーティンです。株と日常生活のバランスを取りながら、毎日楽しく暮らしています。 

働いている方は何時間も株取引をしていられないでしょうから、「10時から10分だけチェックする」など、自身の都合に合ったルーティンを決めれば良いのではないでしょうか。 

投資でルーティンを決めるのは、感情に流されないためです。 

ずっと画面を見ながら、「ああ、下がっていく」「どうしよう、今売ったほうが良いのかな、もうちょっと待ったほうが良いのかな」なんて焦っていたら、メンタルは持ちません。だから、「この時間だけ取引をする」と決めておいたほうが、「今日はダメだったけど、明日があるか」と気持ちを切り替えやすいのです。 

これも投資を長く続けるコツの一つです。 

なお、リアルタイムで株取引できない場合でも、取引する方法はあります。それについては、いずれお話ししたいと思います。 

6.金運アップの習慣 シーサー+盛り塩で魔除けする 

沖縄にロケに行くことが多かった時、シーサーの置物を買って帰りました。 

シーサーは魔除けをしてくれる守り神ですが、その前に盛り塩をしておくと家の中に悪いものを持って入らないと聞き、盛り塩をしています。邪気のない部屋で投資したほうが、お金の神様が味方についてくれる気がしています。 

おわりに 

このように、私は少しでも金運アップにつながりそうなことは日常生活に取り入れています。「このスーツを着たら、いつも商談がうまくいく」など、自分なりのジンクスがある方も多いのではないでしょうか?そういったジンクスがあると、心の支えになりますよね。 

せっかくお金を稼いでも、お金に嫌われたらどんどん出ていくだけです。お金に好かれるためにも、普段の習慣を見つめ直すことも大事なポイントだと考えています。