更新日
公開日

不動産担保ローンは即日融資してもらえる?スムーズに借り入れるには

不動産担保ローンは即日融資してもらえる?スムーズに借り入れるには
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

急な支払いや事業資金の確保など、なるべく早く融資を受けたい状況のなか、不動産担保ローンは即日融資を受けられるのだろうかと、疑問に感じている方も多いでしょう。

即日融資を行っている金融機関もありますが、数は多くありません。そこで、このコラムでは即日融資が難しい理由や、早く融資を受けるための方法をご紹介します。このコラムを読んでいただければ、早く融資を受けるコツが分かり、資金が不足する事態を避けられるでしょう。

この記事を読んでわかること

不動産担保ローンは基本的に即日融資が難しいと考えましょう。個人の審査だけでなく、不動産の担保価値も評価しなければならないためです。不動産担保ローンを少しでも早く借りるためには、審査や契約に必要な書類をすべて揃えておきましょう。また、審査に不利になる恐れがある滞納はすべて支払っておくことをおすすめします。

事業者向け不動産担保ローン

1.不動産担保ローンの基礎知識

不動産担保ローンの基礎知識

不動産担保ローンでお金を借りる判断をするためにも、以下の内容を押さえておきましょう。

  • 不動産担保ローンでお金を借りる仕組み
  • 不動産担保ローンの審査基準
  • 不動産担保ローンの特徴
  • 不動産担保ローンを扱う金融機関

各種内容について詳しくご紹介します。

1-1.不動産担保ローンでお金を借りる仕組み

不動産担保ローンとは、所有している不動産を担保として提供し、お金を借りる金融商品です。

担保とは、​返済不能になった場合に備えて、資金の貸し手(債権者)の損失を保証すること。担保として提供する不動産はご自身で購入したものに限りません。多くの金融機関では親や兄弟など第三者が所有する不動産を担保としてローンを組めます。

しかし、万が一返済不能になった際は、債権者である金融機関が不動産を差し押さえて資金を回収するため、担保として提供していた不動産を失ってしまうリスクもあるのです。

1-2.不動産担保ローンの審査基準

不動産担保ローンの審査基準は、不動産の価値とローンを組む方の信用力(返済能力)に拠ります。

不動産の価値とは、不動産を売却した際の価格を指しますが、金融機関は債務者が返済不能となった際に不動産を売却して資金を回収するため、資金を回収できるだけの経済的価値が必要です。経済的価値が低い不動産を担保にする場合、借入(金)可能額が少なくなると考えましょう。

また、ローンを組む方の信用力(返済能力)の審査項目は、以下のとおりです。

  • 年収
  • 年齢
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 家族構成
  • 他所からの借入(金)の有無

事業者の場合は事業の安定性や決算内容、将来性などを加味して審査されます。

1-3.不動産担保ローンの特徴

不動産担保ローンの特徴は以下の表のとおりです。

メリットデメリット
・まとまった資金を借りやすい
・低金利でローンを組める
・返済期間を長期に設定できる
・年齢に関係なく借りやすい
・資金の使い道が比較的自由
・担保に入れた不動産を手放すリスクがある
・融資されるまでに時間がかかる
・手数料や諸費用が高い

不動産担保ローンは資金を貸す金融機関側のリスクが低いため、無担保ローンと比べるとまとまった金額の融資を低金利かつ長期間で受けられます。また、住宅ローンや教育ローンと違い、資金の使い道が自由であるケースが多いです。しかし、好条件で借りられる分、個人の審査や不動産の評価に時間がかかる傾向にあります。

1-4.不動産担保ローンを扱う金融機関

不動産担保ローンを提供している主な金融機関は以下のとおりです。

  • 銀行
  • ろうきん
  • ノンバンク

それぞれについて詳しくご紹介しましょう。

・銀行・ろうきん

メガバンクや地方銀行、ネット銀行、ろうきん(労働金庫)など、さまざまな金融機関で不動産担保ローンを提供しています。

銀行やろうきんの不動産担保ローンの特徴は以下のとおりです。

  • 審査のハードルが高めで、時間がかかる
  • 資金用途が限定されている場合がある
  • 金利が低い傾向にある
  • まとまった額の借り入れができる
  • 会員区分によって金利が異なる(ろうきん)

銀行やろうきんの不動産担保ローンは審査項目が多岐に渡るため、審査期間が長期化するケースが多数。しかし、それ故に金利が低い傾向にあり借り手としては返済の負担が軽減されます。

・ノンバンク

ノンバンクとはクレジットカード会社や消費者金融など、預貯金業務を行わずに貸金業務に特化している金融機関です。

ノンバンクの不動産担保ローンの特徴は以下のとおり。

  • 融資実行までが早い
  • 銀行よりも審査にとおりやすい傾向にある
  • 銀行やろうきんよりも金利が高い傾向にある

ノンバンクは保証会社を利用しないため、銀行やろうきんよりも審査が早い点が特徴。しかし、貸し手側のリスクが高まる分、金利は高く設定されています。

2.不動産担保ローンは即日融資してもらえる?

不動産担保ローンは即日融資してもらえる?

不動産担保ローンの基礎知識が分かったところで、本題である「不動産担保ローンは即日融資してもらえるのか」について解説します。

結論として、不動産担保ローンは即日融資を行っている金融機関もありますが、数は多くありません。そこで本章では以下の内容を解説します。

  • 不動産担保ローンの即日融資が困難なワケ
  • 不動産担保ローンの即日融資が可能な金融機関
  • 即日融資が必要であればカードローンも要検討

それぞれについて見ていきましょう。

2-1.不動産担保ローンの即日融資が困難なワケ

不動産担保ローンの即日融資が難しい理由は、個人の審査だけでなく、不動産の担保価値も評価しなければならないためです。

不動産の評価を正しく行うためには、現地調査をする必要があります。融資までに書類の取得や現地調査、それらを踏まえた査定価格の算出が必要であることを考えると、即日融資が難しいとイメージできるでしょう。不動産担保ローンを組みたい場合は、早い段階で金融機関へ相談するのがおすすめです。

2-2.不動産担保ローンの即日融資が可能な金融機関

不動産担保ローンで最短即日の融資が可能な金融機関をご紹介します。

金融機関トラストホールディングスユニバーサルコーポレーション日宝三鷹産業
融資金額100万円〜10億円
※10億円以上は要相談
最高5億円50万円〜5億円50万円〜1億円
融資利率年3.45%〜7.45%年4%〜10.95%年9.84%〜18%年5%~15%
返済期間1ヵ月〜30年最長35年以内1ヵ月〜5年10年以内

上記の金融機関はあくまでも一例です。サービス内容や条件変更になる可能性もあるため、詳細内容を確認したうえで検討しましょう。

2-3.即日融資が必要であればカードローンも要検討

即日融資が可能な不動産担保ローンは限られているため、即日融資が必要な場合はカードローンの検討がおすすめです。カードローンとは、金融機関が提供する個人向けの融資サービス。カードローンは不動産担保ローンのように担保を必要としないため、基本的に即日で融資を受けられます。

しかし、担保がない分貸し手側のリスクが高く、金利が高く設定されている点がデメリットです。また、不動産担保ローンほどのまとまった金額は借りられないため、不動産担保ローンを借りるまでのつなぎとして検討しましょう。カードローンは各社で商品条件が異なるため、比較検討するのがおすすめです。

3.不動産担保ローンを選ぶ際の着目ポイント

不動産担保ローンを選ぶ際の着目ポイント

早く資金調達したいという焦りから条件を精査せずにお金を借りると、後々トラブルに巻き込まれる可能性があります。

不動産担保ローンでは、最悪の場合土地や建物を失ってしまうリスクがあるため、以下のポイントをもとに慎重に判断しましょう。

  • 貸金業登録の有無
  • 金融機関の信頼度・対応の質
  • 融資スピード
  • 金利・融資上限額
  • 手数料・諸費用

それぞれについてご紹介します。

3-1.貸金業登録の有無

融資を受ける際は、ノンバンクなど賃金業者であれば必ず貸金業登録の有無を確認しましょう。

お金を融資するには貸金業登録が必要であり、登録していない場合は貸金業法違反に該当します。貸金業登録をしていない個人や法人から融資の話しを持ちかけられた場合、いわゆる闇金融の可能性があるため注意が必要です。

トラブルに巻き込まれないためにも、金融庁のWEBサイト「登録貸金業者情報検索サービス」で確認しましょう。

3-2.金融機関の信頼度・対応の質

金融機関の信頼度や対応の質も重要なポイントです。営業年数や融資の実績、過去の行政処分、口コミなど、インターネットでリサーチして信頼できる金融機関から融資を受けましょう。

また、実際に面談をして担当者が丁寧に対応してくれるかどうかもチェックします。不動産担保ローンを組むと長期間の返済になるケースが多いため、長く付き合っていく前提で判断しましょう。

3-3.融資スピード

不動産担保ローンを組む際は、お金が必要なタイミングに間に合うかを確認します。金利や返済期間などの条件が良い金融機関だとしても、お金が必要なタイミングに間に合わなければ検討の候補から外さなければなりません。

ホームページなどに記載されている審査結果通知の最短スケジュールだけでなく、必要書類が揃ってから何営業日で融資が実行されるのかなど、詳細の流れを確認する必要があります。

3-4.金利・融資上限額

金利や融資上限額を確認して、借り入れの目的を達成できるかを考えましょう。具体的に確認する項目は以下のとおりです。

  • 金利の種類(固定金利や変動金利)
  • 適用金利
  • 返済期間
  • 融資額

例えば、3,000万円を金利5%、返済期間20年で借りた場合の月々の返済額は197,986円です。しかし、金利が6%になると月々の返済額は214,929円と大幅に増えます。

融資を受ける際は、希望する額が借りられるかに加え、無理なく返済できるかを考えましょう。

3-5.手数料・諸費用

不動産担保ローンは諸費用が高い傾向にあります。不動産の調査費用や抵当権の設定費用など、不動産担保ローンならではの費用がかかるためです。抵当権とは資金の借り手(債務者)が返済不能となった際に、不動産を差し押さえて資金を回収するための権利です。

概ね融資金額の2%前後の費用がかかると考えましょう。

4.不動産担保ローンを早く融資してもらう3つのコツ

不動産担保ローンを早く融資してもらう3つのコツ

スピーディな融資を希望する方は、以下の準備をしておきましょう。

  • 必要な書類を揃えておく
  • 物件の情報を確認しておく
  • 滞納している支払いを済ませておく

それぞれについてご紹介します。

4-1.必要な書類を揃えておく

不動産担保ローンの申し込みに必要な書類を揃えておくことで、審査がスムーズに進むでしょう。一般的に必要とされる書類は以下のとおりです。

必要書類取得場所
本人確認書類(運転免許証など)自己所有
収入証明書(源泉徴収票など)勤務先
住民票居住地の市区町村役場
納税証明書居住地の市区町村役場
実印自己所有
印鑑証明書居住地の市区町村役場
担保不動産のローン残高証明書や返済予定表ローンを組んでいる金融機関
登記事項証明書法務局
建物図面や公図、地積測量図など法務局
固定資産評価証明書居住地の市町村役場(東京23区は都税事務所)
登記識別情報通知書(権利証)自己所有

金融機関によっては上記以外の書類が必要となる場合があるため、事前に確認しておきましょう。

4-2.物件の情報を確認しておく

不動産担保ローンを組む際は不動産に関する聞き取りが行われるため、間取りなど正確な情報を把握しておく必要があります。先述した必要書類を揃えておけば、一般的な質問には回答できるでしょう。

担保不動産が賃貸中の場合は、賃借人がどのような方か、どのような関係性かなどを確認される可能性があるため、賃貸借契約書などを準備しておくと安心です。

4-3.滞納している支払いを済ませておく

融資審査をスムーズに進めるためにも、滞納している支払いがある場合は済ませてから審査を依頼しましょう。

例えば、他所からのローンや携帯電話料金などです。これらの料金を滞納していると、審査に時間がかかることに加え、審査で不利になる場合があります。

貸し手である金融機関から不審に思われないためにも、滞納を解消してから審査を依頼するのがおすすめです。

5.セゾンファンデックスの不動産担保ローンならスピード審査可能

セゾンファンデックスの不動産担保ローンならスピード審査可能

不動産担保ローンは各金融機関で提供されており、商品によって融資限度額や借入期間、金利などが異なります。

そこでここからは事業者向けと個人向けに分けて、おすすめの不動産担保ローンをご紹介しましょう。スピード審査も可能であるため、ぜひ参考にしてください。

5-1.事業者向け不動産担保ローン

セゾンファンデックスの事業者向け不動産担保ローンは、個人・法人にかかわらず利用可能です。

  • 赤字決算で銀行から借りられない
  • 銀行からの借入(金)があるが追加融資を受けたい
  • 税金滞納中で新たな融資を受けられない

上記のような理由で銀行から借りるのが難しい方は、ぜひご検討ください。商品の概要は以下のとおりです。

対応エリア全国(※一部対応できないエリアあり)
融資金額100万円〜5億円
融資利率・変動金利:2.75%〜4.55%(2023年4月時点)
・固定金利:4.5%〜9.9%
返済期間5年〜25年(60回〜300回)
返済日毎月4日にご指定口座からの自動引落し(金融機関休業日の場合は翌営業日)
連帯保証人原則不要
担保((根)抵当権設定)法人、代表者またはその親族が所有する不動産※担保権の順位は問いません。

最短3営業日で審査結果が分かります。WEBから簡単に申し込めるため、ぜひご活用ください。

セゾンファンデックスの事業者向け不動産担保ローンの詳細はこちら

事業者向け不動産担保ローン

5-2.フリーローン(不動産担保)

セゾンファンデックスのフリーローン(不動産担保)は、資金用途に定めのないローンです。

  • まとまったお金を借りたい
  • 税金納付や学費など複数の用途に使いたい
  • ほかのローンをまとめたい

上記のような悩みを抱えている方は、ぜひご検討ください。商品の概要は以下のとおりです。

対応エリア全国
融資金額100万円〜3,000万円
融資利率6.8〜9.9%(固定金利)
返済期間5年〜15年(60回〜180回)
返済日毎月4日にご指定口座からの自動引落し(金融機関休業日の場合は翌営業日)
保証人原則不要
担保(抵当権設定)・ご本人、ご親族が所有する不動産
・ご本人とご親族が共同で所有する不動産
※抵当権の順位は問いません。
※対象となる不動産には、マンション・店舗・賃貸アパート・セカンドハウス・駐車場などが含まれます。

最短3営業日で審査結果が分かります。WEBから簡単に申し込めるため、ぜひご活用ください。

セゾンファンデックスのフリーローン(不動産担保)の詳細はこちら

おわりに

不動産担保ローンは即日融資を行っている金融機関もありますが、数は多くありません。個人の審査だけでなく、不動産の担保価値も評価しなければならず、時間がかかるためです。

どうしても即日融資を受けなければならない場合は、不動産担保ローンを借りるまでのつなぎとしてカードローンを検討しましょう。

不動産担保ローンは生活資金や事業資金を確保するための有効な手段です。このコラムでご紹介した不動産担保ローンを選ぶ際の着目ポイントや早く借りるコツを押さえて、借り入れの準備を行いましょう。

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100~5,000万円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。