銀行で断られた方にも!セゾンファンデックスの不動産担保ローンとは

URLをコピーしました。
銀行で断られた方にも!セゾンファンデックスの不動産担保ローンとは

1.不動産担保ローンとは  

不動産担保ローンとは、その名のとおり「不動産を担保に融資を受けるローン」です。 

一般的に、融資の審査は(1)融資ができるかできないか(2)いくらまで融資ができるかの2段階で考えられます。審査基準は、融資を受けようとしている方の返済能力です。当然、返済能力が高い方ほど融資が受けやすいといえます。 

不動産担保ローンは、不動産を担保にすることで、審査基準に返済能力だけでなく不動産の担保価値を加味するものです。これにより、融資を受けやすくなるだけでなく、融資限度額を引き上げることが期待できます。 

2.不動産担保ローンのメリット・デメリット 

不動産担保ローンのメリット・デメリット

不動産担保ローンの利用を検討するにあたり、メリットとデメリットは把握しておく必要があります。 

2-1.メリット  

不動産担保ローンのメリットは、主に不動産を担保にすることにより生じる利点です。 

(1)金利が低い 

不動産担保ローンは不動産を担保にしているため、金利は、無担保ローンと比べると低くなります。金利が低いということは、返済総額を少なく抑えることができるということです。 

(2)融資金額が大きい 

不動産担保ローンは、融資の審査に返済能力だけでなく不動産の担保価値も加味されます。そのため、融資限度額は無担保ローンと比べると大きくなります。まとまった資金を調達できる可能性があります。 

(3)返済期間が長い 

不動産担保ローンは、長期での借り入れが可能です。返済期間を長期にすることで、毎月の返済額を抑え、無理のない返済計画を立てることができます。 

2-2.デメリット 

不動産担保ローンのデメリットは、主に返済ができなかった場合の不利益と考えることができます。 

(1)不動産を売却しなければならないリスクがある 

返済不能になった場合、担保にしていた不動産を売却しなければなりません。不動産を担保にするということは、返済できなかった場合には手放すという覚悟が必要です。 

(2)不動産を売却しても債務が残る可能性がある 

返済不能になり、不動産を売却したとしても、それで借入残高がなくなるとは限りません。融資金額(借入残高)と売却金額が同額とは限らないからです。もし、売却価格が借入残高よりも少なければ不動産を手放しても、まだ借入金が残るということです。 

3.不動産担保ローンはどこで借りたら良いか 

不動産担保ローンの内容を理解し、利用を検討する段階に入ったら、次は「数ある不動産担保ローンからどれを選ぶべきか」を考えなければなりません。不動産担保ローンを取り扱っているのは、大きく「銀行」「ノンバンク」に分けることができます。 

銀行とノンバンクは一長一短であり、一概にどちらが良いとはいえません。両者の違いを比較すると、おおよそ以下のとおりです。 

   銀行  ノンバンク 
審査基準  厳しい  柔軟 
融資までの日数  長い(遅い)  短い(早い) 
融資限度額  低め  高め 
金利  低め  高め 

柔軟性という観点から見れば、ノンバンクの方が有利です。赤字決算であったり、リスケジュール中(期間限定で返済条件を変更しているとき)であったりしても融資を受けられる可能性があります。加えて、融資までの日数が短いことも、緊急資金が必要な場合は重要な要素となります。 

一方、銀行はノンバンクに比べて金利が低めなのが魅力的にみえます。なぜ銀行の方が金利が低めなのかというと、審査基準が厳しいからと考えられます。審査基準が厳しいということは、返済能力や不動産の担保価値を厳しく(低めに)見積もることであり、これは融資限度額(ノンバンクに比べて低め)にも影響しているといえます。 

このことから、銀行とノンバンクの違いは、貸し手としてどこまでリスクを背負えるかという姿勢の違いといえます。借り手のリスクをどれだけ背負ってくれるかの違いともいえます。一方、借り手としても、貸し手の信頼度をチェックしておく必要があります。 

そのような観点から、以下ではセゾンファンデックスの不動産担保ローンをご紹介します。 

4.セゾンファンデックスの不動産担保ローンの強み 

セゾンファンデックスの不動産担保ローンの特長として、以下のことが挙げられます。 

(1)東証一部上場クレディセゾンの100%子会社が提供 

(2)銀行とは異なる審査基準 

(3)不動産担保力を重視 

(4)全国対応 

(5)ご親族の担保も可 

セゾンファンデックスの特長は、クレディセゾンの100%子会社であることです。クレディセゾンは1951年創業の東証一部上場企業です。セゾンファンデックスは、1984年に西武クレジット(現クレディセゾン)、銀行、証券会社などの出資により発足しました。1991年に社名をセゾンファンデックスに変更し、2003年より不動産担保ローンの取り扱いを開始しました。 

セゾンファンデックスの不動産担保ローンの特長については、次の「セゾンファンデックスの不動産担保ローンはこんなお悩みを解決」で事例を挙げていますので、そちらで詳しく解説します。 

5.セゾンファンデックスの不動産担保ローンはこんなお悩みを解決

セゾンファンデックスの不動産担保ローンはこんなお悩みを解決

セゾンファンデックスの不動産担保ローンでどんな悩みが解決できるのかをご紹介します。 

5-1.赤字決算でも融資を受けられる  

先述のとおり、銀行は審査基準が厳しく、融資を断られることも少なくありませんが、セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、これまでの経営成績よりも今後の返済能力・計画を重視します。審査では、新たな事業計画も考慮されます。このため、銀行では難しい赤字決算、2期連続赤字、債務超過などのケースでも、融資を受けられる可能性があるのです。 

「リスケジュール中のためメインバンクだけでなく融資を行う公的機関にも断られてしまった」という場合でも、希望どおりの融資を受けられることがあるのです。 

5-2.既に抵当権が設定されている不動産を担保に融資を受けられる 

通常、担保とする不動産には「抵当権」という権利が付いていないことが前提とされます。抵当権とは、借り手が返済できなくなったとき、その目的物(ここでは不動産)を売却し、その代金を優先的に受け取れる権利のことをいいます。 

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、他社の一番抵当(優先順位が1番の抵当権)が設定されている場合でも、融資した実績が多くあります。これは、抵当権の順位だけでなく、現在の借入残高と担保物件の評価額を基に総合的に審査するためです。 

「自宅を担保に事業資金を調達したいが、住宅ローンが残っており、銀行に断られてしまった」という場合でも担保評価を考慮し先順位を含め一番抵当で追加融資が実行される場合もあります。 

5-3.地方の不動産を担保にして融資を受けられる 

不動産担保ローンといっても、どんな不動産でも担保にできるわけではありません。担保価値がある不動産でなければなりません。とはいえ、担保価値の基準は金融機関ごとに異なり、「エリア外だから」という理由だけで断られてしまうこともあります。 

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、全国対応しています。不動産の担保価値を不動産の流動性や管理状況などで判断します。地方の物件だからといって、諦めることはありません。 

5-4.親族が所有する不動産を担保に融資を受けられる 

例えば、法人所有の不動産に抵当権がすでに設定されている場合などは、親族が所有する不動産を担保としたいと考えるかもしれません。しかし、金融機関によっては、担保とする不動産は本人の所有でなければならないところもあります。 

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、担保とする不動産の所有者は必ずしも本人である必要がなく、不動産所有者である親族の承諾があれば、その不動産を担保とすることもできます。 

おわりに 

本コラムでは、不動産担保ローンの解説をしたうえで、セゾンファンデックスの不動産担保ローンをご紹介しました。事業資金の融資を受けたいときというのは、融資の審査に不利な状況であることが少なくありません。審査基準である返済能力を評価されるにしても、赤字決済では分が悪いです。このため、返済能力を不動産の担保価値で補うというのが不動産担保ローンです。 

銀行で融資を断られてしまった場合、一度セゾンファンデックスの不動産担保ローンを検討してみてはいかがでしょうか。 

事業者向け不動産担保ローンの詳細はこちら

あなたにおすすめのコラム