更新日
公開日

不動産担保ローンとカードローンの違いを徹底解説

不動産担保ローンとカードローンの違いを徹底解説
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

不動産担保ローン、そしてカードローンはどちらも資金を調達する方法として利用されています。では実際に不動産担保ローンとカードローンにはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンとカードローンの違いを解説するとともに、上手に使い分けるコツについても紹介します。

不動産担保ローン
不動産担保ローン

1.カードローンって?

カードローンとは、無担保ローンのひとつで、主に銀行や消費者金融が提供している融資商品です。対象は個人となっており、個人事業主や法人経営者向けのカードローンはビジネスローンとして区別されています。

1-1.カードローンの特徴

カードローンの特徴として挙げられるのは、無担保で利用できる点です。通常、金融機関が融資を行う際には、万が一返済できなくなった時のことを考え、担保の提供を求めることが一般的ですが、カードローンの場合、保証人がいなくても利用できます。

また、銀行のカードローンと消費者金融のカードローンを比べると、銀行のカードローンのほうが、金利が低めに設定されています。

1-2.カードローンのメリット

カードローンのメリットは、申し込んでから融資までの時間が短いことです。銀行系のカードローンの場合最短で翌日の融資となることがしばしばありますが、消費者金融系のカードローンであれば、最短即日融資を可能としているところが多くみられます。申し込む時間帯や審査のスピードによっては、即日に必要な金額を調達できます。

また、通常の融資だと、最初に契約金額を融資し、後は返済を行うといった「証書貸付」の形態をとるケースが多いのですが、カードローンは、「極度貸付」であり、契約で決められた借入限度額までであれば、何度でも繰り返し借り入れ、返済が可能な点が利用しやすいといえます。また、資金使途に制限が設けられておらず、借り入れたお金の使い道は原則自由な点もメリットでしょう。

1-3.カードローンの返済

最近のカードローンは借り入れや返済方法も便利になっており、コンビニエンスストアに設置されている提携ATMを利用して借り入れや返済を行うこともできます。最近ではローンカードの発行をなしにして、スマホアプリを利用した借り入れや返済ができるカードレスローンも増えてきており、カードローンの利用を人に知られたくないというニーズにも応えてくれます。

1-4.カードローンのデメリット

反対にカードローンのデメリットは、金利が高いことです。返済不能になった際の保証がないため、利息制限法で規定されている契約金利の上限に近い金利が適用されることもあります。

さらに、借入限度額が低めに設定されている点、返済期限が設けられていないことから借りる際には事前にきちんと返済計画を立て、その内容に基づいて返済できるだけの管理能力が求められます。

また、便利に借り入れられることから、つい複数のカードローン会社から借り入れてしまい、返済管理が難しくなってしまうことも考えられます。そうなった際には、早めにおまとめローンを利用するなどといった対策をとるようにしましょう。

カードローンの返済期間は、借入金額や毎月の約定返済額、適用金利などによって決まります。カードローンを利用する際には、事前にシミュレーションを行うことはもちろん、余裕ができた際には繰り上げ返済を行うなど、できるだけ元本部分の返済を早く行い、金利負担をなるべく少なくするように心掛けましょう。

2.カードローンとの比較でみる不動産担保ローンの特徴やデメリット

不動産担保ローンは、所有不動産を担保にすることでお金を借りられる仕組みです。カードローンよりも低金利で高額融資を受けられることに加えて、返済期間を長期で設定できるところに特徴があります。

2-1.不動産担保ローンのデメリット

しかし、不動産担保ローンを利用するためには、担保となる不動産価値の審査を待つ必要があります。そのため、申し込みから融資実行までに時間がかかることがあります。また事務手数料などの手数料がかかることも注意が必要です。

証書貸付と呼ばれる方法で不動産担保ローンは行われます。つまり融資金額が一度に全て振り込まれ、その後に返済を始める流れとなっています。

2-2.不動産担保ローンとカードローンの違い

以下に不動産担保ローンとカードローンの違いを表にまとめました。気になる点をチェックしてみましょう。

 不動産担保ローンカードローン
担保の有無要(不動産)不要
審査期間1週間程度最短即日
手数料  必要(事務手数料や不動産の鑑定費用、抵当権設定登記費用)不要
金利2%~10%4%~15%
限度額最大1億円程度最大1,000万円程度
返済期間10年~30年借入金額や金利などによって異なる

3.不動産担保ローンとカードローンの効果的な使い分け方

3-1.カードローンが有効なケース

カードローンは保証人不要で審査期間も短いことから、少額かつ短期間の借り入れに向いています。利用する際は、緊急で資金が必要な時に短期間で返せるよう、必要な額だけ借り入れるようにしましょう。カードローン会社によっては、初めて利用する方向けに無利息期間を設けているところもありますので、サービスをフルに活用して、金利を負担することなく返済することを考えてみても良いかもしれません。

3-2.不動産担保ローンが有効なケース

一方、まとまった資金を調達したいと考えていて、担保として提供できる不動産を所有していれば、不動産担保ローンを利用すると良いでしょう。返済期間を比較的長く取れる点や、適用される金利が低く設定されている点はメリットですが、だからといって必要以上に返済期間を長く設定するとその分金利負担が増え、最終的な総返済額も増える恐れがあります。

不動産担保ローンを利用する際には、必ずシミュレーションを行い、無理なく返済できるような返済計画を立て、それに沿って返済を行っていくようにしましょう。

おわりに

カードローンは無担保で使える利便性の高い金融商品ですが、気軽に利用できる分、つい複数のカードローン会社から借り入れてしまい、返済計画の管理が難しくなってしまった結果、返済が滞る状態に陥るケースも見られます。

できるだけ小額の借り入れに利用するよう心掛けるほか、短期間で返済できる見込みがある時に利用するようにしましょう。とくに資金調達までに時間がない場合は、カードローンに頼りがちですが、返済期間が長くなるほど金利負担が増える点には注意が必要です。

不動産担保ローンの場合は、申し込みから融資までに時間がかかるほか、契約手続きに手間がかかりますが、まとまった金額を低金利で借りられます。資金調達までに余裕があり、担保となる不動産があるなら、不動産担保ローンの利用を優先しましょう。

ただ、どちらのローンを利用するにしても、利息を含めた返済が発生することに変わりがありません。お金を借りるということは、借りたときの契約に基づいてきちんと返済しなければならないということです。そのことを常に意識し、借りる際にはシミュレーションをしっかりと行い、借りられる額を借りるのではなく、無理なく返済できる額を借りることが大切です。

セゾンファンデックスは、不動産担保ローンおよびカードローンの両方の取り扱いがあり、これまでの多数の実績から、お客さまのニーズに合った融資のご提案も可能です。不動産担保ローンもしくはカードローンの利用を考えており、どちらを利用するべきか悩んでいる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

事業者向け不動産担保ローンの詳細はこちら

かんたん安心カードローンの詳細はこちら

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100万~1億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払い(個人の場合ボーナス併用払い可)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:法人の場合原則代表者の保証要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【マンション管理組合ローン】
ご融資額:100万円~2億円
ご融資年率:変動金利 2.65%~3.65%※2023年4月1日現在・固定金利4.65%、5.65%、6.65%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~240回/1年~20年(1年単位)
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 15.00%
担保:不要
連帯保証人:不要
契約時の諸費用:収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする