女性のゴルフ場での服装のマナーとは?季節ごとの具体例も紹介!

URLをコピーしました。
女性のゴルフ場での服装のマナーとは?季節ごとの具体例も紹介!

ゴルフ場での女性の服装にドレスコードがあることを知っていますか。また、ゴルフ場に向かうまでの行き帰りと、ラウンドする際の服装マナーにそれぞれ違いがあることを知っているでしょうか。 

何も把握しないまま動きやすい服装でゴルフ場へ向かうと、せっかくゴルフ場に着いたのにプレーできないということが起こるかもしれません。そもそもなぜゴルフ場の服装に細かなマナーがあるのでしょうか。 

このコラムでは、ゴルフ場での服装にドレスコードがある理由や行き帰りの服装マナー、季節に合わせたラウンド中のコーディネートを紹介します。どのような服装にするべきか迷っている方は活用してみてください。 

1.ゴルフ場の服装にドレスコードがあるのはなぜ? 

ゴルフを始めたばかりの方は、ゴルフ場の服装にマナーがあることに驚く方が多いのではないでしょうか。ゴルフにはプレーに関するルール以外に服装にも細かいマナーが存在します。マナーを知らずに動きやすい服装でゴルフ場へ行くと恥ずかしい思いをするだけでなく、ゴルフ場によっては入場自体を拒否されてしまうことがあります。 

そもそもゴルフの服装にドレスコードがある理由は、もともと貴族のスポーツだったことに由来しています。イギリスの貴族内で流行した遊びだったため、プレーをする際は常に正装で行っていました。そのドレスコードが現代にも継承されているわけです。日本のゴルフ場では、以下の2つの点を意識する必要があります。 

  • ゴルフ場ごとで服装のマナーは異なる 
  • 格式高い名門ゴルフ場はマナーに厳しい 

1-1.ゴルフ場ごとに服装のマナーは異なる 

ゴルフ場ごとに服装のマナーは異なります。そのため、あるゴルフ場では良い服装が、別のゴルフ場ではマナー違反で入場許可がもらえないということがあり得るのです。 

初めて行くゴルフ場でドレスコードが分からない場合は、ゴルフ場の公式サイトか電話で確認するようにしましょう。 

1-2.格式高い名門ゴルフ場はマナーに厳しい 

格式高い名門ゴルフ場は、ドレスコードのマナーが他のゴルフ場よりも厳しい場合が多いため、注意が必要です。名門ゴルフ場は紹介制を導入していることが多く、紹介者なしではプレーできない場合がほとんどです。 

また、マナー違反の服装をしていると紹介者に迷惑をかけてしまうため、ラウンドするメンバーに事前に確認を取り、正しい服装でプレーするようにしましょう。 

2.女性向けゴルフウェアの服装マナーとは? 

ゴルフ場での女性の服装マナーにはどのようなものがあるのでしょうか。ドレスコードを意識することは分かっていても、具体的に何に気を付けるべきなのか分からない方も多いことでしょう。 

2-1.行き帰りの女性の服装マナー 

ゴルフ場での服装マナーは、プレーする時だけの服装を意識すれば良いわけではありません。ゴルフ場に向かう際とプレーが終わり退出する際、つまりゴルフ場までの行き帰りもマナーに気を付けなければなりません。イメージは、高級ホテルやレストランに行くような服装です。 

特に気を付けるべき服装について説明します。 

・ジャケット 

ジャケットと聞くと、男性が着用するイメージを持たれる方が多いことでしょう。しかし、ゴルフの行き帰りのときには、女性もジャケットを着ることがマナーとされています。ジャケットだけでなく、ブレザーを着るのもおすすめです。 

トップスやボトムスに合わせて、ジャケットとブレザーを使い分けてみるのも良いかもしれません。 

・トップス 

トップスは、襟付きのものかポロシャツを選ぶようにしましょう。襟の付いていないブラウスやフード付きパーカー、トレーナーはマナー違反となります。行き帰りは襟なしのブラウスを着用しても良いですが、プレーする際に着替えなければなりません。 

着脱の時間を面倒に感じる方は、行き帰りの時点で襟付きの服を着ておくとスムーズにプレーすることができます。 

・ボトムス 

ボトムスは長めのスカートかパンツを選びましょう。プレー時は短めのスカートやハーフパンツの着用ができますが、行き帰りは過度な肌の露出はふさわしくないとみなされるためです。 

膝丈までのスカートか七分丈までのボトムスを着用すると、露出が少なくマナー違反とはなりません。 

・ワンピース 

ワンピースもボトムスと同様に、膝丈よりも短い服装はマナー違反となります。できるだけ襟のついたものを選ぶようにしましょう。ワンピースだけだとデザイン的にラフさが際立つ場合には、ワンピースの上からジャケットを着用すると良いでしょう。 

・シューズ 

シューズは、パンプスかローファーを着用するようにします。イメージは高級ホテルに行くような服装です。スニーカーやサンダル、ゴルフシューズはマナー違反となります。 

注意したいのはヒールの高さです。高級感を意識しすぎてピンヒール並みにヒールの高いパンプスを履いてしまうと、場違いに思われてしまいます。ヒールは低めのものを履くというイメージでシューズを選ぶようにしましょう。 

2-2.キャディバッグやクラブと合わせる 

ゴルフウェアは、キャディバッグやクラブとカラーを合わせることで、統一感が出ておしゃれで上品なコーディネートになります。一色のみで統一すると浮いてしまいますので、ゴルフウェアとキャディバッグやクラブの一部のカラーを揃えるようにすれば、おしゃれさが際立つでしょう。 

2-3.好みのデザインやブランドと合わせる 

好みのデザインやブランドと合わせるのもおすすめです。キャロウェイやユニクロなど、有名ブランドからプチプラ製品までさまざまな種類の女性用ゴルフウェアがあります。 

加えて、同一ブランドやデザインのボール、手袋などの小物類を揃えることで愛着も湧きやすく、コーディネートがより楽しめることでしょう。 

2-4.一緒に行くメンバーに相談する 

一緒に行くメンバーに服装について相談すると、マナー違反のない服装でゴルフ場に向かうことができます。メンバー同士でどのような服装で行くのか事前に話し合っておくことで、あなただけが派手、もしくは地味な服装になることを避けることが可能です。 

3.女性向けゴルフウェアの服装コーディネート

マナーに沿った服装は理解できても、季節に合わせつつドレスコードも意識するとなると、どのようなコーディネートが良いのか迷う方も多いのではないでしょうか。 

季節ごとのおすすめのコーディネートについて、具体例を挙げて説明します。 

3-1.春におすすめの女性用ゴルフの服装例 

春はまだ肌寒い日が続くため、その日の気温や天候に合わせてトップスの上にベストを重ねたり、ジャケットを持参したりすると良いでしょう。朝と昼で寒暖の差が激しい場合、半袖にベストを着用し、ジャケットも持参しておくと、体調を崩すことなくプレーに集中できます。 

3-2.夏におすすめの女性用ゴルフの服装例 

夏は暑い日が続くので、半袖のポロシャツにハーフパンツか短めのスカートであれば、涼しげな印象をもたらし、快適にプレーができます。日焼けが気になる方は、キャップ付きの帽子であれば、サンバイザーでなくても構いません。また、速乾性があり、UV加工が施されているインナーかレギンスを着用して日焼け対策を行うのもおすすめです。 

3-3.秋におすすめの女性用ゴルフの服装例

秋は、春と同様に日中の寒暖の差が激しい季節。朝は冷え込み、日が差し込む昼間は暑くなりやすいのが特徴です。そのため、半袖の下にインナー、もしくは長袖の上にベストを着用し、寒さにも暑さにも対応できるコーディネートがおすすめです。ブラウンやグレーカラー、タータンやグレンチェックのデザインの厚手のスカートを着ると、秋を感じられ、楽しくプレーできるでしょう。 

3-4.冬におすすめの女性用ゴルフの服装例

冬のゴルフ場でのコーディネートは、防寒しつつ動きやすい服装をモットーに選びましょう。防寒を意識しすぎると動きづらくなってしまい、せっかくの楽しいゴルフに集中できなくなってしまうためです。トップスはハイネックのインナーを、ボトムスはストレッチ性のあるパンツか短めのスカートに防寒性のあるタイツを着るのがおすすめです。ただし、レッグウォーマーはゴルフ場によってはNGな場合があるため、事前に確認しておくと良いでしょう。 

4.女性のゴルフ場での服装について多い質問

ゴルフ場での服装は、女性は特に気を遣わなければならず、コーディネートに苦労される方は多いのではないでしょうか。ゴルフ場での服装について、特に多い質問をまとめました。 

4-1.ノーブランドのゴルフの服装をしても良いの? 

ゴルフ場の服装は、ブランドのゴルフウェアを必ず着用しなければならないというルールはありません。マナーに沿った服装さえしていれば、ノーブランドのゴルフウェアを着用しても指摘されることはありません。 

これからゴルフを始めるという女性の方の中には、ゴルフをずっと続けるかどうかがまだ分からないという方もいるのではないでしょうか。そのような方にとって、いきなり有名ブランドのゴルフウェアを購入するというのはハードルが高いことでしょう。 

最近は、ユニクロなどのプチプラ製品やWEB上でもノーブランドのコスパの良いゴルフウェアが数多く販売されています。予算や好みに合わせてゴルフウェアを選びましょう。 

4-2.ラウンドではピアスを着用してプレーして良いの? 

ピアスを着用したままでのラウンドは、マナー違反ではありません。実際、公式試合でピアスを着用したままプレーしている有名プロゴルファーの方も多いです。 

4-3.ゴルフ場の売店でボールや小物類を現金以外で購入できる? 

前日までに完璧に準備をしたつもりでも、いざゴルフ場に到着すると、靴下を忘れていたり肝心のボールの準備をしていなかったりということがあるかもしれません。ゴルフ場には売店が併設されていますので、忘れ物をしたときも揃えることができます。 

また、荷物になるからできる限り小銭を持ち歩きたくないという方もいることでしょう。そのような方におすすめなのがクレジットカードでの支払いです。最近は電子マネーが普及していますが、電子マネー決済を導入していないゴルフ場は数多くあるのが現状です。 

また、電子マネーでの支払いが難しいと感じている方も多いことでしょう。その点クレジットカードは大抵のゴルフ場の売店で使用でき、カードを出すだけで支払いが完了しますので、気軽に買い物ができます。 

4-4.ゴルフウェアのおすすめの購入方法はあるの? 

ゴルフウェアの購入におすすめの支払い方法は、クレジットカード決済です。小銭を持ち歩く必要がなく、クレジットカード決済にするだけでポイントが貯まるので現金払いよりもお得に買い物ができます。 

クレジットカードの利用を検討している方には、最短5分で発行できるクレディセゾンのSAISON CARD Digitalがおすすめです。提携しているショップサイトは、Amazonや楽天など500店舗以上あります。また、提携ショップのゴルフウェアなどの商品を、セゾン経由で購入すると、最大30倍のポイントが貯まるのも嬉しいところです。そのため、貯めたポイントを使って他の商品を購入することができます。 

SAISON CARD Digitalの詳細はこちら

おわりに

ゴルフ場での服装は、ドレスコードが決まっています。名門コースは服装に厳しい場合が多く、知らずに動きやすい服装でゴルフ場へ向かうと、入場させてもらえないことがあります。ゴルフ場への行き帰りは、高級ホテルやレストランに行く服装をイメージすると良いでしょう。 

一方で、ラウンド中の服装も、襟付きのシャツやキャップ、ゴルフシューズは必須など細かなマナーがあります。ゴルフ場の公式サイトを確認するか、一緒に行くメンバーに聞いておくと良いでしょう。 

また、ゴルフウェアや小物類は、現金よりもクレジットカードでの支払いが持ち歩きも楽でおすすめです。これからゴルフを始める女性の方は、ゴルフグッズを揃えるとなると特に出費が増えることでしょう。急な出費にも安心して対応したいという方は、年会費無料のセゾンカードを作ってみてはいかがでしょうか。