更新日
公開日

国内初のデジタルバンク!みんなの銀行のメリット・デメリットを解説

セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

スマートフォンひとつで口座開設が可能な「みんなの銀行」をご存知でしょうか。スマートフォンでお金の管理をするなんて危険じゃないの?と不安に思う方も多いかもしれませんが、今注目を集めているのがデジタルバンクです。

今回はみんなの銀行のサービス内容やセキュリティ、気になるデメリットについてご紹介します。これからお金の管理をスマートフォンで行いたいと思っている方や、デジタルバンクが気になっている方は、正しい知識を身に付けておきましょう。

みんなの銀行とは?サービスや使い方、メリットやデメリットを紹介

この記事のまとめ

みんなの銀行は、ふくおかフィナンシャルグループ傘下の、スマートフォンひとつで口座開設や振込などができるデジタルバンクです。満15歳以上で日本に住んでいる日本国籍の方であれば、誰でもスマートフォンだけで個人口座を開設することができます。
みんなの銀行では普通預金や貯蓄預金、デビットカードなどの利用が可能です。レコード機能では、他の銀行口座やクレジットカードも含めたお金の動きをチェックすることができます。急な出費にも最大50,000円まで借りられるカバー機能や、ローン利用も可能です。また、みんなの銀行ではお得なキャンペーンが随時開催されています。

1.みんなの銀行とは?

あまり聞いたことのないサービスを使うのは、誰しも不安に思うものです。みんなの銀行について、企業の概要や注目されている理由をみていきましょう。

1-1.国内初のデジタルバンク

みんなの銀行は2021年にサービスを開始したデジタルバンクです。口座の開設や入出金などの銀行サービスを、スマートフォンのアプリのみで行うことができます。まだ口コミや評判も少なく、実店舗もないことから怪しいのでは?と不信に感じる方もいるかもしれません。

みんなの銀行の知名度は高くありませんが、九州地方の銀行である福岡銀行・十八親和銀行・熊本銀行などと同じ「ふくおかフィナンシャルグループ」の子会社です。全国にある地方銀行グループのなかでも、トップクラスの規模であるふくおかフィナンシャルグループが株主であることは、利用するにあたっての不安を取り除いてくれるかもしれません。

参考:みんなの銀行

1-2.なぜデジタルバンクが注目されているのか

2023年現在における日本ではオーバーバンキング状態、いわゆる銀行が多すぎる状態にあります。そのような状況下でデジタル技術を駆使した利便性の高いサービスとして、デジタルバンクが注目されています。

スマートフォンを利用して、ご自身のタイミングで都合の良いサービスを受けることが当たり前となってきている現代で、わざわざ銀行に足を運ぶのは手間と感じる方も多いでしょう。

そこで家や職場にいても、銀行の窓口やATMで受けられるサービスをスマートフォンひとつで利用できるという、デジタルバンクの仕組みが世間に取り入れられるようになりました。また、店舗を減らし従業員の業務を見直すことで、銀行業務のコスト削減にも寄与していることなどが、注目されている理由です。

2.みんなの銀行のサービス内容は?

みんなの銀行では普通預金に加えて、貯蓄預金やデビットカードなど、さまざまなサービスを提供しています。ここでは、どのようなサービスが受けられるのか、気になるサービス内容を詳しく解説しましょう。

2-1.みんなの銀行の主なサービスを紹介

みんなの銀行で利用できる主なサービスは、大きく5つあります。従来の銀行サービスでは聞き慣れない単語もありますが、サービス内容は今まで利用してきたものと似ている部分も多いのでご安心ください。

ウォレット(普通預金)

ウォレットとは普通預金のことで、振込やATM入出金などができます。ウォレットに使って良い金額を入れておけば、キャッシュカードや現金を持ち歩かなくても、スマートフォンで支払いが可能です。従来の銀行と違って、お財布感覚で使えるのが特徴といえるでしょう。

また、セブン銀行のATMであれば、アプリを使って現金の入出金ができます。身近にあるコンビニエンスストアで、いつでも利用できるのはうれしいポイントです。

ボックス

ボックスは貯蓄預金のことをいい、お金を簡単に仕分けできる「箱」のイメージで目的に応じて簡単にお金の仕分けが可能です。申し込み不要でボックスが最大20個作れるので、学資預金や旅行預金、将来のためのリフォーム預金など、必要に応じて貯蓄できます。ひとつの銀行口座で目的別に貯蓄ができるのは、利便性が高いといえるでしょう。

デビットカード

みんなの銀行のデビットカードはスマートフォンで使えるため、デビットカードという名前ではあるものの、カードレスです。支払い時にウォレットから瞬時に引き落とされるため、残高の範囲で利用することができ、使いすぎる心配がありません。

年会費や更新手数料は無料で、満15歳以上であれば利用することが可能です。さらに、利用額の0.2%がキャッシュバックされるのも、うれしいポイントといえるでしょう。

レコード

レコードは、いわゆる明細のようなもので、入出金をチェックすることができます。他の銀行口座やクレジットカードなどと連携することができるため、みんなの銀行以外の残高や入出金の明細をチェックすることが可能です。収入や支出、貯蓄などお金の動きを振り返ることで、金銭管理の見直しにもなるでしょう。

カバー

カバーとは、支払い時にウォレットの残高が足りなかった場合、不足分を立て替えてもらうサービスのことで、プレミアム会員の方のみ利用が可能です。

通常のカードローンサービスとは異なるため、無利息で最大50,000円まで利用することができます。まとまった支払いや給料日前の急な支払いなど、万が一残高が足りないときに便利なサービスです。ただし、審査日数が通常2〜3営業日かかるため、審査時間を考慮して余裕をもって申し込んでおきましょう。

ローン

みんなの銀行のローンは申し込みや借入、返済までスマートフォンで完結することができます。限度額は1,000万円、年金利は1.5~14.5%で使い道に合わせて利用することが可能です。利用限度額が50万円以上の場合は、スマートフォンから収入証明書のアップロードをする必要があります。

2-2.一般会員とプレミアム会員を比較

みんなの銀行では、月額600円(税込)のプレミアム会員のみが受けられる、お得なサービスが用意されています。プレミアム会員は貯蓄預金金利の上乗せや、他の銀行への振込やATM出金手数料が一定回数まで無料です。

また、デビットカードを利用した際のキャッシュバック率が5倍になるため、デビット機能をよく利用する方は加入する価値があるといえるでしょう。以下に、一般会員とプレミアム会員のサービス内容を比較しました。

■一般会員とプレミアム会員の比較表一覧(税込)

一般会員プレミアム会員
サービス利用料無料月額600円
貯蓄預金金利0.1%0.3%
他行宛振込手数料
25歳以下​(U25 Z割)
月3回まで無料
以降200円/回
月13回まで無料
以降200円/回
他行宛振込手数料
26歳以上​
200円/回月10回まで無料
以降200円/回
ATM出金手数料
25歳以下​(U25 Z割)
月3回まで無料
以降110円/回
月18回まで無料
以降110円/回
ATM出金手数料
26歳以上​
110円/回月15回まで無料
以降110円/回
デビットカードのキャッシュバック率0.2%1.0%
レコード一括更新不可
カバー機能の利用不可

2-3.セキュリティ対策について

スマートフォンでお金の管理をするにあたって、セキュリティ対策が充実しているかどうかは非常に重要です。みんなの銀行のセキュリティ対策についてまとめました。

■みんなの銀行のセキュリティ対策

取引端末の限定振込や出金などのサービスができるのは、登録したスマートフォンのみとなっています。口座開設時に登録した端末以外からは利用できないため、第三者による不正利用を防ぐことが可能です。
二要素認証​取引の種類ごとにSMS認証や端末認証などの所有認証、パスワードなどの記憶認証、そして顔や指紋など本人であることを証明する生体認証などが導入されています。さらにこれらの認証要素を組み合わせ、万が一パスワードなどが漏れてしまっても不正利用されないように工夫されています。
不正アクセス防止​暗証番号やログインパスワードなどの認証は、一定回数以上間違えるとロックがかかるようになっています。これは万が一スマートフォンを紛失してしまっても、第三者に利用されないようにするためです。
メール通知​ATM入出金や登録情報の変更、デビットカードの利用などがあった場合、登録済みのメールアドレス宛に通知が届きます。
通信の暗号化​SSL/TLSによって通信データを暗号化して保護することで、第三者に内容を知られないようになっています。
情報の保護​みんなの銀行アプリでは、利用時に入力した重要な情報は保存されません。また、お客様情報は厳正な管理や暗号化などの安全対策が施されています。
サイバーセキュリティ監視体制​DDoS攻撃などのサイバー攻撃を防止するために、ファイアウォールなどの対策が施されています。また、24時間365日ハッキングやサイバー攻撃などを早期発見して、未然に防ぐ監視体制をとっています。

3.みんなの銀行のメリット・デメリット

みんなの銀行を利用するにあたって、考えられるメリット・デメリットについてご紹介します。(※2023年3月現在)

3-1.メリット

みんなの銀行のメリットをご紹介します。

スマートフォンだけで口座開設できる

スマートフォンだけで口座が開設できるので、銀行に足を運んだり書類に記入したりする手間がかかりません。24時間365日いつでも口座が開設できるのが特徴です。

キャッシュカードが不要

セブン銀行ATMでQRコードを利用して入出金できるため、キャッシュカードは不要です。財布のカードを増やしたくない方や、キャッシュカードを持ち歩きたくない方には、うれしいポイントといえるでしょう。

大手銀行より金利が高い

みんなの銀行の金利は貯蓄預金の基準金利が最大0.1%とされています。プレミアム会員になった場合は最大0.3%のため、今の一般的な銀行がおよそ0.001%であることを考えると、一般的な銀行より高いといえるでしょう。

アプリがシンプルで使いやすい

シンプルでスタイリッシュな操作画面は、老若男女問わず使いやすい仕様になっています。白と黒を基調としていて、一目で利用したいサービスを見つけることができるでしょう。

お金の管理がしやすい

普通預金と貯蓄預金を分けて管理できることに加え、貯蓄預金では複数のボックスに目的別に貯蓄をすることができます。ボックスは最大20個まで仕分けすることができるので、管理がしやすくなるでしょう。

紹介すると1,000円もらえる

友人や家族に紹介コードを送信し、受け取った方が口座を開設すると、双方の口座に1,000円ずつプレゼントされます。家族などで口座を設ける際におすすめです。

3-2.デメリット

ここからは気になるデメリットについて紹介します。

スマートフォンがないと利用できない

スマートフォン内のアプリで手続きを行うため、スマートフォンがなければ利用できません。そのため、出先での充電切れには注意が必要です。

手数料がかかる

みんなの銀行以外の銀行への振込手数料は、一般会員であれば25歳以下​の方では毎月3回まで無料ですが、それ以上利用する場合は1回につき200円となっています。ATM手数料も同じく、一般会員であれば25歳以下​の方で4回以上利用する場合は、1回110円かかることも頭に入れておきましょう。

クレジットカードの口座振替には使えない

みんなの銀行はクレジットカードの口座振替に対応していません。ただし、デビットカードであれば公共料金の支払いが可能です。

セブンイレブンのATMでしか入出金できない

入出金ができるのはセブン銀行のATMのみです。セブンイレブンの店舗や駅などに設置されているATM以外で利用することはできません。

スマートフォン決済にチャージできない

みんなの銀行はスマートフォン決済へのチャージに対応していません。最近ではスマートフォン決済が広く導入されているため、スマートフォン決済へのチャージができれば便利だなと思うシーンもあるかもしれません。

口座開設に条件がある

みんなの銀行は満15歳で日本国籍を持つ、日本に在住する個人しか口座を開設することができません。また、法人の口座を開設することはできないので、用途によっては注意が必要です。

4.みんなの銀行の評判や口コミ 

みんなの銀行に対する評判や口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは良い評判と悪い評判、両方をみてみましょう。

4-1.良い評判・口コミ

  • 0.2%キャッシュバックしてくれるデビットカードや、お金の管理が楽にできるレコードなど、さまざまな機能が無料で使えて便利
  • ボックス機能で目的別に貯蓄ができるので助かる
  • 急な出費や飲み会などの立て替えなどにもカバー機能があるので、残高が足りなくても安心

4-2.悪い評判・口コミ

  • セブン銀行のATMしか利用できないので不便
  • PayPayや楽天Payなどスマートフォン決済のチャージに対応していない
  • 一般会員は振り込み手数料やATM手数料がかかる

5.みんなの銀行がおすすめの方

どんな方がみんなの銀行を使うのに向いているのでしょうか?

5-1.どんな方におすすめ?

忙しく時間がない方や、銀行に足を運んだり書類を郵送したりするのが難しい方には、いつでもどこでも口座開設ができるみんなの銀行はうってつけです。

また、家計管理をスマートフォンだけでしたい方には、お金の動きが一目で分かるレコード機能が便利でしょう。他にもスマートフォンひとつで全てが完結するので、キャッシュカードを持ち歩きたくない方、増やしたくない方、インターネット決済が多い方などにはおすすめです。

6.みんなの銀行のおすすめキャンペーン 

2023年3月現在、みんなの銀行ではお得なキャンペーンを行っています。

6-1.紹介コードで1,000円もらえる

みんなの銀行では友人や家族に紹介コードを送信し、受け取った方が口座を開設すると、双方の口座に1,000円ずつプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

特典紹介した方が紹介コードを使用して口座開設するだけで現金1,000円が必ずもらえる!
公式HPhttps://www.minna-no-ginko.com/campaign/permanent-program/referral/

6-2.ローン利用で最大50,000円キャッシュバック

ローンを利用した方を対象に、支払い利息最大2ヵ月分を全額(上限額50,000円)キャッシュバックするキャンペーンを行っています。

特典新規の契約と借入で、最大50,000円分の利息を全額キャッシュバック!
キャンペーン期間2023年1月26日~2023年5月31日
公式HPhttps://www.minna-no-ginko.com/campaign/2023/01/26/267/

6-3.公共料金の支払いをすると抽選で10,000円が当たる

みんなの銀行のデビットカードを利用して公共料金の支払いをした方を対象に、抽選で10,000円が当たるキャンペーンを行っています。

特典デビッドカードで公共料金の支払いをすると、抽選で現金10,000円をプレゼント!
キャンペーン期間2023年3月16日~2023年6月15日
公式HPhttps://www.minna-no-ginko.com/campaign/2023/03/16/292/

おわりに 

スマートフォンひとつで便利なサービスが利用できるデジタルバンク「みんなの銀行」は、現代のニーズに合ったサービスといえます。大手企業グループの子会社であるみんなの銀行であれば、安心できるという方も多いかもしれません。デジタルバンクの利用を考えている方は、みんなの銀行のお得なキャンペーン期間中にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする