手相占いは左手を見せる?右手との違いや手相線の見方とは?

URLをコピーしました。
手相占いは左手を見せる?右手との違いや手相線の見方とは?

ふとこれまで手のひらになかった線があることに気付き、手相が気になりだしたあなた。手相はどのような意味があるのか、そのような疑問を持つこともある方も多いでしょう。

「そもそも手相は左手と右手のどちらで見る?」「線の長さや太さに意味あるの?」みんなの手にある線が自身にないと不安なそこのあなた・・・。このコラムを読めば、そういったあなたの疑問が解消し、あなたが本来得るべきチャンスをしっかりとものにできるようになるかもしれません。

1.左手と右手の手相の意味の違い

手相を見る際には、左右どちらで見るの?と思われる方がいるかもしれません。実は手相には流派によっていくつかの見方があり、どの見解が正解なのかというのは、なかなか断言できません。別々の流派の占い師が、ある方の相談内容に対し同じ回答することもあります。今回はあくまでひとつの見方をお伝えします。

【左手の手相】

生まれ持った要素であり、先天的な運勢(心の本音が出ることもあります)

【右手の手相】

今までの生き方が反映されていて、後天的な運勢(目標や努力が現れることもあります)

こちらでは上記の見方の場合で、項目ごとに左手の手相の意味をご紹介します。

1-1. 男性は左手、女性は右手の手相を見るって本当?

男性は左手の手相で見る、女性は右手の手相で見るという、手相の見方もありますが、今回紹介する手相の見方の場合は、男女の違いはなく基本的には同じ見方です。もちろん男性に多い特有の線、女性に出やすい線などもありますが、男女で見方を変えるというのはあまりないでしょう。占い師によって見方に違いがありますが、どの占い師にもいえるのは、必ず両方の手を見て判断していきます。

2.左手の手相の見方

基本線としては、生命線、頭脳線、感情線という線で、その線の位置をもとに各線を見ていきます。特に恋愛や結婚、金運や健康へ興味がある方が多いと思いますので、まず運命線、生命線、金運線の3つから紹介していきます。

先述のとおり、左手は生まれ持った要素であり、先天的な運勢が分かるため、現状とのギャップを感じることがあれば、それはまだ本来のあなたを活かせていないかもしれません。そのギャップは、良い意味では伸びしろと捉えることもできますので、努力次第では手相どおりの結果を得られることもあるでしょう。

  • 運命線:その人の運命を現す線
  • 生命線:健康状態や病気、怪我の予知、生命力に関わる線
  • 金運線:太陽線とも呼ばれ、人やお金を引き付ける線

2-1.運命線

運命線は、その名の通り、あなたの運命を現すもの。といっても、線がないから、先がないとかではなく、ここでの運命とは生きていくために必要な仕事であり、その適正が分かります。

運命線

運命線とは、手首の方から中指の付け根に向かって伸びる線であり、手のひらのどの位置から伸びていても、中指方向に伸びていれば運命線です。そのため複数の運命性を持つ方もいます。運命線がはっきり出ている、長い線が複数ある場合は、強い線を持っているといえ、実業家や研究者、芸術家、職人などに向くタイプです。

逆に運命線がなかったり、線が短い場合は、安定した仕事の公務員やサラリーマンタイプです。こう伝えると、ガッカリされる方も多いかもしれませんが、企業の中ではこちらのタイプの方が出世することが多いかもしれません。

2-2.生命線

生命線は、健康に関わるものを見ていく際に利用する線であり、左手の生命線では生まれ持つ生命力や体力の強さが分かります。

生命線

生命線が長い人は、長寿の体質があるということで、生命力が強く、病気などにも強い抵抗力で打ち勝つ強さを持ちます。では逆に生命線が短いと短命になるかといえば、一概にはそうとはいえない面があり、生命線が長い人に比べれば、病気やケガの耐性が弱いということです。調子が悪ければ早めに対処してしまえば、そうした耐性が弱くても何も心配ありません。また、生命線が薄く、切れてしまっている場合には、健康面で弱さを抱えることを指しています。

2-3.金運線

金運線を持つ人は、人徳のある人であることを指し、左手にある場合には生まれ持っての徳がある、親の徳を引き継いだなどとされることが多いでしょう。

金運線

金運線は、薬指の下に縦に伸びる線です。もともとは太陽線と呼ばれることの多かった線ですが、金運につながる線として、金運線と呼ばれるようになりました。金運で見る場合は、右手での判断が中心になります。これは今までの生き方が右手に出るためで、実際に人を惹きつける徳のある人がお金を手にすることになるので、もともと生まれ持ったものを見るよりも、むしろこれまでの人生で培ったもので判断した方が正確です。

3.左手にあると幸運な強運線

左手にあると幸運な強運線にはどんなものがあるのか、本来左手は持って生まれたものであり、素質や才能のようなもの、親から授かった運などが出てくる場所です。左手にあると、あなたに幸運をもたらしてくれるかもしれない手相を紹介していきます。

  • M字手相:最高にラッキーな手相?
  • ますかけ線:天才肌?天下取りとも呼ばれる手相
  • 覇王線:ますかけ線以上の強力な線?
  • 左手の手のひらにほくろ:実は幸運のサイン?

3-1.M字手相

最高にラッキーな手相で良く挙がるのが、M字手相です。

M字手相

手のひらの中で、感情線と運命線と知能線と生命線とで、M字を描いた形になり、きれいなM字になるほど強いとされます。

MONEYの「M」から金運の良さを現すとされていましたが、それに限らず、仕事や愛情の面も含め、すべてに関して幸運の線といわれるようになっています。金運を運ぶのは、人であり、それは仕事上の付き合いにおいてのものであり仕事が順調になれば家庭も円満になりやすいと、巡り巡ってすべてが幸運になることを指しています。

3-2.ますかけ線

ますかけ線を持つ人は、粘り強い性格であったり、強運の持ち主、天才肌といわれていますが、実のところ確かに粘り強さはあるものの、「我が強い」や「変わり者」という見方をされる方が多いでしょう。

ますかけ線

ますかけ線は、感情線と知能線が合わさって1本になって、手のひらを横切る線です。昔は、お年寄りが自分の孫にこの線があると「ますかけ」よりも「百握り」と呼んでいた地域もあります。

左手だけにある場合は、生まれ持っての強運という意味合いが強まります。まれに両手にこの線がある方がいます。まさに天才的才能を持っていたりしますが、人生の波が荒く、強運がその波の中で発揮され、穏やかには生きられない人かもしれません。

3-3.覇王線

覇王って何?と思われる方もおられますが、簡単なイメージでは、王様や天下人のように王国を築けるような幸運を持っており、パワフルでエネルギッシュな人と考えると良いでしょう。

覇王線

覇王線は、運命線と金運線(太陽線)と財運線という3つの線が交わり、1本の線になるものです。熊手や鳥の足のような形になっています。そのような偉大なイメージのあるこの線が、もし左手だけにある人は、生まれ持った才能が眠ったままかもしれません。両手に出ているなら、まさに覇王。あなたはやりたいことをすでに実現させているような成功を収めていたりするのではないでしょうか。人徳があるから、周囲に人が集まるし、お金も稼げる、そんな状況が広がっていることでしょう。

3-4.左手の手のひらにほくろ

左手の手のひらにほくろがある人がいます。これは珍しいことで、実は幸運のサインです。手のひらにあるほくろの位置により、金運や地位・名声、人気などさまざまな幸運の意味合いが働きます。いずれの場所にあるにせよ、左手に出る場合には、あなたが持って生まれたもので、両親などから幸運を引き継いだんだと思っておくべきでしょう。

最近、左手にほくろがでてきたという場合は、いきなりラッキーに転じたということではなく、親や親族などから何か引き継ぐものが出てくるという意味合いで、何か受け継ぐものがあるはずです。

3-5.ソロモンの環

ソロモンの環は、基本的には知恵や学問の才があり、古代の王様であるソロモン王と同じように、才能を活かし、自然と人を惹きつけるような強いカリスマ性を持つリーダーのような資質があることも示す手相です。

ソロモンの環

ソロモンの環は、人差し指の付け根に指を囲むような輪っか(緩やかなカーブ)が描かれる線です。

左手にソロモンの環を持つ人は、小さいうちから勉強を頑張るとその才能が開花することになりますし、社会に出てからであっても、物事を探求するような環境に身を置くと、この運が働くようになります。この才能が開花すると、目標を達成する力が出てきたり、幸運を引き寄せる偉人になる可能性があるでしょう。

3-6.仏眼

仏眼を持つ場合は、直観力に優れているとか、霊感体質が多いとされますが、先祖から守られていることを示す手相です。

仏眼

仏眼は、親指の第一関節の部分に、眼のような形で出てくる線です。この手相は左手にある場合の方が、より本来の意味合いが強く、先祖から強力な守りが入ります。例えば、ピンチに陥っても、そこから抜け出せるような流れが生まれ、チャンスを活かして切り抜けるといったように、見えない力により守られているような出来事が起こったりもします。普段は、ある特定のことに対してだけ記憶力が良いといった一面が才能として出ることもあります。

3-7.成り上がり線

成り上がり線は、もともと千金紋(せんきんもん)と呼ばれ、ドン底から這い上がるような成功を収めるような強力な運を持つ手相といわれます。

成り上がり線

成り上がり線は、人差し指と親指の付け根、生命線の近くから中指の付け根に向かって上向きのカーブを描いて伸びる線です。

”成り上がり”とスゴイ呼び名が付いていますが、これまでの積み重ねてきた努力が報われることで、大きな成功につながるという意味合いが強いです。しかし、これが左手にある場合は、まさに成り上がりのイメージが強くなり、裕福でない家に生まれれば、努力次第で文字通り大成することができるでしょう。また、こうした線を持つということは、それだけ良くも悪くも荒れる人生になりがちということで、平穏な環境を選択しない人ともいえます。

3-8.二重生命線

二重生命線を持つ人は、生命力が人一倍ある人とされ、体力も気力も人並外れたものを持っている、長寿であるといわれています。

二重生命線

二重生命線は、生命線の位置のとなりに同じように線が並んでいる線で、持って生まれたものが出る左手にある方が、その意味合いが強いといえます。ただし、実際のところは「体力がけずば抜けてる」や、「打たれ強い心の強さがある」など、すべての面でエネルギッシュなイメージというわけではないかもしれません。絶対に負けない不屈の闘志を持ってるような人には、この相が出てきますが、それは磨かれてどうこうというものではなく、まさに持って生まれた才能で、いつのまにかそんな強さが見についているという感じです。

おわりに

自身に幸運の線があると、不思議と嬉しく感じますよね。左手は持って生まれた才能といわれているため、今が左手の手相通りの状態であるなら、それはあなたが努力して叶えた姿ともいえます。ただしもともと持っていた才能をずっと眠らせたままの方も多いでしょう。幸運の線がハッキリとでているのに、その線の意味合いがまるで出ていないという人は、幸運の線の上に細かな横線が入って、ベールをかぶせたような状態の手相であることも多いです。せっかくの才能があってもそれを活かさなければ、無いことと同じです。ご自身の才能を活かせるのは運ではなく、自分自身だけなので、このコラムをお読みいただいたみなさんの新たな才能を開花させる気づきになれますと幸いです。

この記事をチェックした人にはこちらもおすすめ!