ペットと暮らす夢を叶える介護施設 ~「暮らすことによる3つの期待」~

URLをコピーしました。
ペットと暮らす夢を叶える介護施設 ~「暮らすことによる3つの期待」~

ペットと暮らすことができる介護施設があるのはご存知でしょうか。これまでペットと生活を共にしてきた人や家族の「生涯、ペットと共に暮らしたい」という夢を叶える施設が近年、増えつつあります。

その中でも代表的な施設は株式会社ワイグッドケア(埼玉県本庄市)が運営をする「ハートランド・エミシア久我山」です。ハートランド・エミシア久我山は2020年4月にオープンした愛犬と共に暮らすことができるサービス付き高齢者向け住宅です。入居者と愛犬がそれぞれの専門サポートにより不安のない生活を送ることができます。また、これまで高齢者であることによってペットを飼うことをあきらめていた人も、この施設へ入居をすると同時に新たにペットを飼い始めることもできます。

日本では高齢者とペットで共に暮らすことができる施設はまだまだ定着していませんが、海外ではペットと暮らすことができる施設は数年前より存在しており、高齢者がペットと暮らすことによって、様々な良い影響があることが伝えられています。

今回はハートランド・エミシア久我山を直接訪問し、取材をした内容を踏まえて、高齢者がペットと暮らすことによる期待や施設の特徴について紹介いたします。

1.高齢者がペットと暮らすことによる3つの期待

ペットと暮らすことは様々な効果があるといわれております。その効果は高齢者にも期待できます。まずは高齢者がペットと暮らすことで期待できる効果を紹介いたします。

①生理的な期待

ペットと暮らすことの効果は一般的に「穏やかな気持ちなる」ことや「楽しく暮らすことができる」ということが挙げられます。また、ペットに触れ合うことで人間には幸せホルモンが分泌されるといわれております。この効果によって穏やかで情緒が安定する生活を期待することができるようです。

②社会的効果の期待

ペットを中心に人が集まることによってコミュニケーションが活発になります。これはとても良い刺激になります。そして、犬の散歩による適度な運動は健康寿命の延伸につながるともいわれています。ペットと生活をすることで社会的交互作用が促され、QOL向上の期待が持てるのです。

③心理的な期待

自分がお世話をしてあげないといけないペットの存在で責任感がわき、日々の生活に意欲が芽生えます。この責任感によって孤独感の軽減や達成感などの肯定的な感情が生まれることが期待できます。

今回は3つの期待を述べさせていただきましたが、ペットと暮らすことはこの3つだけではなく、多くの期待をもたらすことができると考えます。生涯ペットと暮らすことを諦めていた人も、是非、一度、検討してみることも良いでしょう。

2.施設の3つの特徴

ここからは、今回取材をしたハートランド・エミシア久我山の特徴についてお伝えします。この施設は入居者だけではなく、愛犬の生涯に対してもしっかりと考えられています。このような施設がお近くにない方も、施設選びの参考にしてください。

①ペットのお世話はペットシッターにお任せ

ペットと一緒に入居をすることに対し、入居者やその家族は「十分なペットのお世話ができるか」という不安を持つと思います。この不安に対し、同施設では日常生活における愛犬のお世話は、入居者様専用定額ワンケアプランを利用することによって解消しています。

専用プランは動物看護師の資格を持った専門性の高いペットシッターが入居者のニーズと愛犬の状態を把握し、愛犬専用のケアプランを作成し、そのプランに基づいたサービスを提供します。

ペットシッターの料金は1か月45,000円を支払うことになりますが、通常個人でペットシッターを依頼すると1日(1時間程度)約2,500~3,000円のお金がかかるので、特別プランは1日あたり約1,500円で済むのが特徴です。

・定額ワンケアプラン

定額料金:1ヶ月45,000円(税抜)

【サービス内容】

お食事のご準備(1日2回)、トイレの清潔保持(1日1回)、シャンプー(月1回)、お部屋の環境整備(1日1回)、ケージ・トイレの整備(1日1回)、施設内の専用ドッグランでの運動(1日30分)、健康診断(年1回)

②充実した愛犬のための設備(天然芝ドッグラン、トリミングルーム、専用の足洗い場が完備)

施設は入居者だけではなく、愛犬に対する施設も充実しています。まずは天然芝のドッグランです。直接距離で約30mもあります。開放的な空間で伸び伸びと遊ばせることができるので、愛犬は毎日の運動が喜びになります。また施設内には専用のトリミングルームや温水の足洗い場もあります。愛犬のお手入れやシャワーが専用の場所でできることはとても助かります。自分の居室の浴室をつかうことなく愛犬のケアができるので、ケアによって浴室が水浸しになる心配もありません。

③もしもの時のペットのお世話

入居者様に万が一のことがあった場合、入居者の家族が引き取る方法もありますが、いざという時には、ワイグッドケアで運営する施設の愛犬として引き取るか、介護スタッフへ里親の引き受けを促します。引き受けた介護スタッフには「里親手当」が支給され、愛犬の生涯をサポートする取り組みを行っています。

今回は、特徴を3つお伝えしましたが、実際に訪問をすると、入居者と愛犬が日々の生活を楽しむことができる施設作りにものすごい情熱を感じる施設です。是非一度、見学に行ってみることをおすすめします。

  • お電話でのお問い合わせ 0800-555-1165(入居相談室)
  • 資料請求・お問い合わせ

  

今回、ハートランド・エミシア久我山の施設見学をしたのですが、実際に愛犬と暮らす高齢者を見て、愛犬と触れ合う表情がとても穏やかであることが印象的でした。そして、ワイグッドケア社の「ペットと暮らす夢を叶えてほしい」という想いにとても胸を打たれました。

これからさらに高齢化が進む日本にとって、このような施設や事業者の想いが明るい日本の未来をもたらすことができると感じました。

【取材にご協力をいただいた施設紹介】

ハートランド・エミシア久我山

東京都杉並区久我山4丁目14番20号

<利用料>

  • ご入居費用:敷金84,000円*退去時に返金します。その他、保証会社利用料がかかります。
  • 月額利用料243,580円(税込)

家賃84,000円(非課税)、共益費38,500円(非課税)*居室の水道光熱費は別途

生活支援サービス費66,000円(課税10%)、食費55,080円(課税8%)

利用者の意欲を引き出すことを目的に独自で開発をした高齢者向け教材を使い、国語・算数・理科・社会・音楽など様々な授業を通じて認知機能を刺激し、生活意欲や自立意識の向上につなげる「おとなの学校メソッド」を提供するデイサービスも併設