いつものしげお 第1話「父と犬」

URLをコピーしました。
いつものしげお 第1話「父と犬」
【父とシロ】
私はしょうこ(50歳)都心で一人暮らししています。
少し離れた父の家に来るまで向かうしょうこ。
父しげお(82歳)
68歳の時に母を亡くしそれ以来実家で一人暮らししています。
父の飼い犬シロ(14歳)
おじいちゃんになってきたのか最近あまり動きたがりません。
「シロも歳をとったの~」とつぶやく父。「おたがいさま」と遠くから突っ込むしょうこ。

奥さんを亡くして、
ひとり寂しく暮らすしげおの相棒として迎え入れたのが、
まだ生まれてまもないシロでした。

黒い毛が特徴的な仔犬に、シロと名付けたのはしげお。

しげおの想いとしては、見た目そのまま「クロ」だと
「黒星」から負けを連想させるため、
「白星」からシロに決めたようです。

常に負けることが大嫌いなしげお、なのでした。

次の話:いつものしげお 第2話「ガンコな父」