更新日
公開日

一人暮らし高齢者の入院サポートは必要?入院時の課題や対応策を徹底解説

一人暮らし高齢者の入院サポートは必要?入院時の課題や対応策を徹底解説
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

一人暮らしの高齢者が入院する際、適切なサポートは不可欠です。

入院手続きから日常の生活支援、精神的なケアまで、高齢者が直面するさまざまな課題が発生するため、これらを適切に対応してくれる保証人がいることで、安心して生活できます。

とはいえ、家族がいない、親族や知人が近くにいないとなればどうやって保証人を立てるべきか不安に思う方もいるでしょう。

本記事では、一人暮らし高齢者の入院サポートの必要性をふまえ、一人暮らし高齢者が入院時に直面する課題や対処法などを解説します。

(本記事は2024年1月26日時点の情報です)

この記事を読んでわかること
  • 一人暮らし高齢者が入院する際、入院手続きや入院中の生活用品の準備など、入院サポートしてくれる人を見つけることが重要
  • サポートしてくれる人を見つけなければ、各種支払いの対応が遅れたり、精神的な不安が大きくなったりなど多くの課題が出てくるため、必ず身元保証人をつける
  • 一人暮らし高齢者が入院する際、病院内での生活はもちろん、万が一に備えて財産や死後の手続きなどを考慮した上で、適切なサポートサービスの利用を検討するのもおすすめ
ひとりのミカタ

一人暮らし高齢者の入院サポートは必要?

一人暮らし高齢者の入院サポートは必要?

一人暮らしの高齢者が入院する場合、入院サポートが必要です。このサポートは、医療面だけでなく、日常生活や精神的な面でも大きな安心感を提供します。

特に入院に際しては、実際の入院手続きや入院中の生活用品の準備、そして病院までの移動をしなければなりません。

体の状態がひどくなければよいのですが、体調が悪い場合には、一人暮らしの高齢者にとって、これらを自分一人で行うのは困難であり、サポートが必要です。

一人暮らし高齢者が入院時に直面する課題    

一人暮らし高齢者が入院時に直面する課題

一人暮らし高齢者が入院時に直面する課題は、主に以下の通りです。

  • 身元保証人が不在
  • 各種支払い対応が困難
  • 契約や手続きが困難
  • 精神的な不安
  • 体調の変化に気づきにくい
  • 孤独死の恐れがある
  • 死亡後の手続きする人が不在

詳しく解説します。

身元保証人が不在

一人暮らしの高齢者が入院する際、直面する主要な課題は、身元保証人の不在です。

そもそも入院する際は、多くの病院で身元保証人を立てる必要があります。

身元保証人は、入院中の患者が医療費の支払いに困難を抱えた場合や、退院後の生活支援を担うなど、患者の安全を守るための重要な役割を担うからです。

しかし、一人暮らしの高齢者の場合、身近に適切な保証人を見つけるのが難しいことが多く、入院を躊躇するケースも見られます。

各種支払い対応が困難

各種支払い対応の困難に陥ってしまうのも、一人暮らし高齢者が入院時に直面する課題です。

入院には医療費の支払いだけでなく、付随する様々な費用が発生します。

例えば、治療費、薬代、入院中の日用品の購入、さらには退院後の生活支援や介護サービスの費用などが含まれます。

一人暮らしの高齢者の場合、これらの費用を一括で管理し、適切に支払うことが困難になってしまうでしょう。

契約や手続きが困難

契約や手続きが困難

一人暮らしの高齢者が入院する際には、契約や手続きの面で困難に直面することがあります。

入院に伴う契約や手続きには、入院手続き自体のほか、保険の申請、退院後の介護サービス契約、さらには病院での治療に関する同意書などへの署名が含まれます。

これらの手続きは、複雑であり、特に高齢であることによる身体的、認知能力に問題がある場合には、より困難です。

さまざまな契約に必要な手続きを理解し完了させるためにも、サポートは重要となるでしょう。

精神的な不安

一人暮らしの高齢者が入院する際、精神的な不安が大きな課題となります。

この不安は、孤独感、将来に対する不確実性、健康への懸念など、多岐にわたる原因に基づいています。

入院により、既に限られた社会的交流がさらに制限され、孤立感を感じることがあります。

また、病気や治療に関する不確実性は、将来に対する不安を引き起こし、精神的なストレスを増大させることがあるでしょう。

そんな時に、保証人などサポートする人がいればそのストレスや不安が少し軽減されます。

体調の変化に気づきにくい

高齢者が入院するとなると、体調の変化に気づきにくいという課題もあります。

家族からの連絡や支援がなく、知人も遠いとなれば、たとえ健康状態が悪化したり病気の初期症状が発生したりしたとしても、気づかれにくいです。

定期的な健康チェックや家族等による見守りがないことで、小さな体調の変化が見落とされ、大きな健康問題に発展する可能性があるでしょう。

そのような状況に陥らないためにも、保証人などサポートする人が必要なのです。

孤独死の恐れがある

一般社団法人少額短期保険協会の調査によると、孤独死の中で病死が66.8%と1番多い数値になっています。

例えば、脳卒中や心筋梗塞など、緊急対応が必要な医療状況において、周囲に誰もいない場合、救急車を呼ぶなどの対処が遅れることがあります。

このような状態を避けるためにも、保証人は必要といえるでしょう。

死亡後の手続きする人が不在

入院後、健康状態が悪化してしまい、亡くなってしまうケースも少なくありません。

万が一亡くなってしまった場合は、死後事務や遺品整理が必要となり、これらの手続きを担う家族や親族がいない、または存在していても、疎遠で対応を依頼できないなど問題がある場合もあり得ます。

死後事務の手続きや遺品の整理や遺産の処分について、適切に対応するためにも、保証人を立てる必要があります。

ひとりのミカタ

一人暮らし高齢者が入院する際にしておくべき対策方法

一人暮らし高齢者が入院する際にしておくべき対策方法

一人暮らし高齢者が入院する際にしておくべき対策方法は、主に以下の通りです。

  • 身元保証サービスの利用
  • 見守りサービスの利用
  • 財産管理等委任契約の利用
  • 任意後見契約の利用
  • 死後事務委任契約の利用

詳しく解説します。

身元保証サービスの利用

一人暮らしの高齢者が入院する際に実施すべき重要な対策の一つとして、身元保証サービスの利用が挙げられます。

このサービスは、特に身寄りがない、または家族や親族が遠方にいる高齢者にとって、入院時のさまざまな課題を解決するのに役立ちます。

入院手続きの代行や医療費の支払い保証、生活支援など、入院中の高齢者に代わって必要な手続きを支援をすることが可能です。

「くらしのセゾン」のおひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」

高齢者の身元保証サービスとして、「くらしのセゾン」のおひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」の検討をおすすめします。

「くらしのセゾン」はセゾンカードでおなじみのクレディセゾンのグループ会社です。「くらしのセゾン」では、ハウスクリーニング、家事代行、急な住まいのトラブル解決サービス、そして感染症対策までさまざまなサービスを提供しています。

そんな「くらしのセゾン」が提供する「ひとりのミカタ」は、日常生活の支援から終活に関するサポートまで、高齢者のさまざまなニーズに応える総合的なサービスを提供するサービスです。

入院や高齢者施設入居時の保証人になることはもちろん、24時間365日電話健康相談や見守り駆けつけ、エンディングサポート(死後の事務手続き)まで、幅広くカバーするプランもあります。

ご希望に応じて、担当者が電話や対面にて丁寧にヒアリングをしてくれるので、まずは何でも相談してみてください。

ひとりのミカタ」の詳細はこちら

ひとりのミカタ

見守りサービスの利用

一人暮らしの高齢者が入院する際に、事前に検討すべき重要な対策の一つが見守りサービスの利用です。

見守りサービスとは、高齢者の健康状態や安否の確認などを行い、高齢者の日常生活を定期的にチェックし、何か異常があった場合に迅速に対応してくれるサービスのことを指します。

体調の変化の把握や緊急時の対応はもちろん、対面で会話してくれるため、利用すれば高齢者の精神的なストレス軽減にも繋がるでしょう。

任意後見契約の利用

一人暮らしの高齢者が入院する際に考慮すべき対策の1つとして、任意後見契約の利用があります。

任意後見契約とは、高齢者が将来、自己の判断能力が低下した際に備えて、事前に信頼できる人物に財産管理や日常生活のサポートを委任する契約です。

認知症と診断されると、預金口座が凍結され、生活資金の引出しができなくなることがあります。こうした不便を回避するために、この制度が設けられています。

契約することで、高齢者が判断能力を失った場合でも、事前に選任された後見人が高齢者の利益を法律的に守る行動を取れるようになるでしょう。

死後事務委任契約の利用

一人暮らしの高齢者は、万が一のことに備えて死後事務委任契約の利用を検討するのもおすすめです。

死後事務委任契約は、高齢者が亡くなった後のさまざまな事務を処理するために、事前に信頼できる第三者に委任する契約のことを指します。

主に行う死後処理は、以下の通りです。

  • 希望している方への訃報連絡
  • 葬儀・火葬の手続き
  • 遺品整理に付随する手続き
  • 病院の退院手続き

死後の手続きを円滑に行うためにも、死後事務委任契約の利用はおすすめできるでしょう。

身元保証サービスを利用するならおひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」がおすすめ

身元保証サービスを利用するならおひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」がおすすめ

一人暮らしの高齢者は、身元保証サービスの利用をおすすめします。

身元保証サービスは、急な病気や事故にあった際、親族や家族の代わりとなって身元を保証してくれるサービスで、病院の入院時に利用できます。

特におすすめなのが、おひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」です。

身元保証はもちろん、24時間365日電話健康相談や、見守り駆けつけ、エンディングサポート(死後の事務手続き)など、幅広いサポート体制が充実しています。

ここからは、「ひとりのミカタ」について詳しく解説します。

申し込みの流れ

セゾンカードでおなじみのクレディセゾンのグループ会社「くらしのセゾン」が提供する、おひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」を利用する際は、主に以下のような手順になります。

  1. 資料請求
  2. 入会意志の連絡
  3. 契約手続き
  4. 会員証等の送付

まずは資料を再給して、サービス内容を理解していただきます。ご希望に応じて、個別にご質問やお問い合わせがある場合は、電話や直接面談またはオンライン面談の申し込みが可能です。

サービス内容をご理解いただいたのち、入会前にクレジットカードや預貯金などの入会審査を行い、問題がなければ手続きを行うといった流れです。

サービスの魅力

ひとりのミカタ」は、終活の総合サポートサービスとして、多彩な日常生活をサポートするサービスなど、充実したメニューが大きな魅力です。

セゾンカードでおなじみのクレディセゾングループの会社「くらしのセゾン」が提携する信頼の専門士業事務所と連携しているため、信頼性も高く、安心して利用できます。

入院や高齢者施設への入居時の身元保証を中心に「もしも」のときの火葬業者、葬儀場などの手配を含むエンディングサポート(死後の事務手続き)も丁寧に行ってくれます。

また、体調に不安があるときは、24時間365日電話健康相談も可能ですから、安心して利用できるサービスと言えるでしょう。

ひとりのミカタ」の詳細はこちら

ひとりのミカタ

おわりに

一人暮らしの高齢者が入院する際には、身元を保証してくれる人が「不在」といった課題があります。

身元保証人が不在ということは、複雑な入退院時の手続きを誰にも頼れないという精神的な不安、体調が悪くなったときに緊急連絡先がない、孤独死のリスク、そして死後の手続きをどうしたらよいのかという問題も含まれます。

これらの課題に対処するために、一人暮らしの高齢者は、入院に備えて身元保証サービスや見守りサービスを利用し、任意後見契約や死後事務委任契約についても検討することをおすすめします。

「くらしのセゾン」の「ひとりのミカタ」のような総合支援サービスは、入院手続きから死後の手続きまでワンストップで幅広くサポートしてくれるため、個別の会社に問い合わせや申込をするわずらわしさがありません。ぜひ、まずは資料請求をして利用を検討してみてください。

おひとりさまの毎日の暮らしと終活を支援する「ひとりのミカタ」

クレディセゾングループが提供する、おひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」は、入院や高齢者施設入居時の「身元保証」、もしものときの「緊急連絡先」、ご逝去後の「エンディングサポート(死後事務手続き)」など、おひとりさまの毎日の暮らしや終活のさまざまなお悩みごとを総合的に支援するサービスです。

おひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」の詳細はこちら

お問い合わせいただいた方に、エンディングメモ付きサービス資料を進呈中!

ひとりのミカタ
ひとりのミカタ

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする