更新日
公開日

老人ホーム入居時の保証人とのトラブル事例|未然に防ぐ方法や注意点を徹底解説

老人ホーム入居時の保証人とのトラブル事例|未然に防ぐ方法や注意点を徹底解説
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

老人ホームに入居する際、保証人を立てることが一般的です。

ただし、保証人が高齢者だったり保証人を勝手に決めたりなど、保証人の問題は予想外のトラブルを引き起こす可能性があります。

本記事では、老人ホームでの保証人関連トラブルを未然に防ぐ対策を詳しく解説します。

保証人の役割についての理解からトラブル発生時の適切な対処法まで、入居希望者とその家族が知っておくべき重要な情報を分かりやすく紹介します。
(本記事は2024年2月7日時点の情報です)

この記事を読んでわかること
  • 老人ホームに入居する際、保証人が高齢者だったり経済状況が悪かったりなどの場合、トラブルに発展する恐れがあるので、注意する必要がある
  • 老人ホーム入居時の保証人とのトラブルを未然に防ぐ方法は、3つあり、それぞれ生活の支援や死後のサポートなどをしてくれる
  • 老人ホームの入居に伴う保証人を立てる際、解除されるリスクがあることを頭に入れておく必要がある
ひとりのミカタ

老人ホームに入居する際によくある保証人とのトラブル     

老人ホームに入居する際によくある保証人とのトラブル

老人ホームに入居する際、保証人を立てる必要があるのですが、さまざまなトラブル事例があります。

本項では、よくある保証人とのトラブル3つをご紹介します。

  • 保証人が高齢者
  • 保証人の経済状況が悪い
  • 保証人を勝手に決めてしまう

保証人が高齢者

老人ホームに入居するための保証人に同じ世代の高齢者を選ぶという選択は、多くのリスクがあります。

保証人とは、入居者が入居費用やその他の費用を支払うことができなくなった場合に、その責任を負う人のことを指します。

通常、保証人には経済的な安定性や信頼性が求められますが、高齢者は健康状態の変化や経済力の低下というリスクに直面していることが多いため、これらの要件を満たすことが難しい場合があるのです。

保証人の経済状況が悪い

保証人の経済状況が不安定である場合、老人ホームの入居費用や月々の管理費、その他の経費をカバーすることが難しくなります。

保証人は入居者が支払い不能になった際に、これらの費用を支払う法的な責任があります。

保証人が無職になったり自己破産になったりなどなど、経済状況が悪いと、この重要な役割を果たすことができなくなる恐れがあるのです。

その結果、入居者やその家族、さらには老人ホーム側にも大きな負担をかけることになってしまうでしょう。

保証人を勝手に決めてしまう

保証人とは、入居者が費用を支払うことができなくなった際に、その支払い義務を負う人のことです。

勝手に決めてしまうと、何も知らずに金銭的な部分での支援や生活のことなどをお世話しなければならないとなるため、不満に思われてしまい、人間関係が崩れる恐れもあります。

そのため、老人ホームに入居する際の保証人選定では、関係する全ての人々との明確なコミュニケーションが極めて重要です。

老人ホーム入居時の保証人とのトラブルを未然に防ぐ方法

老人ホーム入居時の保証人とのトラブルを未然に防ぐ方法

老人ホーム入居時の保証人とのトラブルを未然に防ぐ方法は、主に以下の通りです。

  • 成年後見制度の利用を検討する
  • 身元保証人が不要な施設の入居を検討する
  • 身元保証サービスの利用を検討する

詳しく解説します。

成年後見制度の利用を検討する

成年後見制度は、判断能力が不十分な成人を保護し、その財産や日常生活をサポートするための法的な仕組みです。

成年後見人には、「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類あります。

法定後見制度は、法定後見制度は、判断能力が不十分な人を保護し、その権利と利益を守るための制度です。

主に認知症、精神障害、その他の理由で日常生活や財産管理において自己決定が困難な人々を支援する目的で設けられています。

一方、任意後見制度は、将来的に判断能力が不十分になる可能性がある人が、あらかじめ自分の意思で後見人を指定し、その人のために事前に契約を結ぶ制度です。

主に健康なうちに自らの意思で将来のサポート体制を整えたいと考える人々に向けて設計されています。

身元保証人が不要な施設の入居を検討する

一般的に、老人ホームに入居する際は、身元保証人を立てる必要がありますが、身元保証人が必要ない老人ホームも少なからず存在します。

身元保証人が不要な施設へ入居すれば、保証人を探す手間と心理的負担を省くことができます。

また、家族構成や社会的ネットワークの事情で保証人を立てることが難しい場合でも、入居者本人やその家族が安心して施設選びを進めることが可能です。

身元保証サービスの利用を検討する

身元保証サービスの利用を検討する

老人ホーム入居時における保証人問題は、身元保証サービスを利用することで効果的に解決できます。

このサービスを利用することで、家族間の負担を軽減し、入居手続きをスムーズに進めることが可能です。

特に、友人や知人で保証人を見つけることが困難な場合や、家族や親族縁者と疎遠な場合には、身元保証サービスの利用が大きなメリットをもたらすでしょう。

「くらしのセゾン」のおひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」

高齢者の身元保証サービスは、「くらしのセゾン」のおひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」がおすすめです。

くらしのセゾンは、セゾンカードでおなじみのクレディセゾンのグループ会社です。「くらしのセゾン」が提供する「ひとりのミカタ」は、「入院や高齢者施設入居時の身元保証」、もしもの時の「緊急連絡先」、「エンディングサポート(死後の事務手続き)」まで、おひとりさまの日常生活から終活に関するさまざまなお悩みごとを総合的に支援するサービスです。

ご希望に応じて担当者が電話や対面で、おひとりおひとりと丁寧にヒアリングをしてくれますので、「もしものことがあったら」とお悩みの方は、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

ひとりのミカタ」の詳細はこちら

ひとりのミカタ

老人ホームの入居に伴う保証人を立てる際の注意点

老人ホームの入居に伴う保証人を立てる際の注意点

老人ホームに入居する際に保証人を立てることは、入居者本人はもちろんのこと、保証人となる人にとっても重要な責任を伴います。

特に解除されるリスクがあるということを頭に入れておく必要があります。

例えば、入居者が老人ホーム内で他の老人やスタッフの方などとトラブルを引き起こすと、その都度、身元保証人に連絡が入ります。

このような状態が続くと、保証人の負担が増加してしまい、結果的に解除されてしまう恐れがあるのです。

老人ホームの保証人に関するよくある質問

老人ホームの保証人に関するよくある質問

最後に、老人ホームの保証人に関するよくある質問の回答をします。

ぜひ参考にしてみてください。

身元保証人は2人必要か?

老人ホームに入居する際の保証人の必要性や要件については、施設によって異なります。

一般的に、老人ホームの入居契約を結ぶ際には少なくとも1人の身元保証人が必要とされることが多いですが、中にはより高い安全性を確保するため、あるいは特定のリスクをカバーするために2人の保証人を要求する施設も存在します。

このような要件は、施設が設定する規則や、入居者の経済的な状況、健康状態などに基づいて決定されるため、入居を希望する施設のポリシーを確認することが重要です。

保証人になってくれる人がいない場合はどうすればいい?

老人ホームに入居する際、保証人を立てることが求められるケースが多いですが、保証人になってくれる人がいない場合には、身元保証人サービスの利用がおすすめです。

身元保証サービスを利用することで、入居希望者は老人ホームへの入居資格を得ることができ、施設側もリスクをカバーできます。

おわりに

老人ホームの入居に際し、保証人とのトラブルは一般的な問題です。

高齢者を保証人にするリスク、保証人の経済状況が悪い場合の問題、そして保証人を勝手に決めることによる法的・家族間トラブルが主な懸念点です。

これらの問題を未然に防ぐ方法としては、身元保証サービスや身元保証人が不要な施設の入居を検討するなどといったことを意識しましょう。

おひとりさまの毎日の暮らしと終活を支援する「ひとりのミカタ」

クレディセゾングループが提供する、おひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」は、入院や高齢者施設入居時の「身元保証」、もしものときの「緊急連絡先」、ご逝去後の「エンディングサポート(死後事務手続き)」など、おひとりさまの毎日の暮らしや終活のさまざまなお悩みごとを総合的に支援するサービスです。

おひとりさま総合支援サービス「ひとりのミカタ」の詳細はこちら

お問い合わせいただいた方に、エンディングメモ付きサービス資料を進呈中!

ひとりのミカタ
ひとりのミカタ

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする