更新日
公開日

【医師監修】効果抜群!しわやたるみを改善する方法4選!化粧品や食べ物と表情筋を鍛える方法を紹介

【医師監修】効果抜群!しわやたるみを改善する方法4選!化粧品や食べ物と表情筋を鍛える方法を紹介
小渕 英里 富士見スキンクリニック飯田橋 院長

監修者
小渕 英里 富士見スキンクリニック飯田橋 院長

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医。東京女子医科大学卒、同大学病院東医療センター、都内クリニック勤務を経て、2021年9月に飯田橋駅西口すぐに「富士見スキンクリニック飯田橋」を開院。 皮膚科専門医として患者さまの悩みやご希望をお伺いし、保険診療/美容自費治療の両面から最適な治療方法をご提案しています。

顔にしわやたるみがあると、相手に老けた印象を与えてしまう可能性があります。肌のコンディションに自信を持てないと、人との交流が億劫になる方がいらっしゃるのではないでしょうか。しわやたるみを改善する方法を知ることで、肌の悩みは解消されるかもしれません。

年齢を重ねるにつれて、徐々にしわやたるみなどの年齢による肌トラブルが多くなる傾向があります。肌トラブルを改善すれば、相手に与える印象が若返り、自信を持って人前へ出られるようになるでしょう。

意識的に肌を若々しく保つ取り組みをすることで、長期的にハリツヤのある肌を保てます。このコラムでは、しわやたるみを改善するための方法や効果的な食べ物を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.しわやたるみの原因は?

1.しわやたるみの原因は?

しわやたるみによる悩みを克服するには、根本原因を知ることが大切です。ここでは、しわやたるみの原因と改善するための考え方について解説します。

1-1.しわの原因

しわには、肌の表面で形成される「表皮性しわ」と、深い層にできる「真皮性しわ」の2つが存在します。それぞれのしわについて、詳しく見ていきましょう。

表皮性しわ

皮膚の表面にできるしわは、目元や口元に現れる場合が多く、肌の乾燥が主な原因となります。肌の表面が乾燥することで、皮膚のバリア機能を果たす角質層が剥がれやすくなり、さらなる水分の蒸発を誘発します。つまり、肌がカサカサしていると、連鎖的な乾燥が引き起こされるのです。

若い方は、肌に弾力があるためシワができても解消されやすい傾向があります。しかし、年齢を重ねるにつれて肌の弾力が落ちるため、小じわが残りやすくなります。そのため、表皮性のしわを抑制するには、肌の水分量を保つことが大切です。

真皮性しわ

「真皮性しわ」は、表皮よりも奥にある肌の層にできるしわです。表情運動によって顔の皮膚が動かされることで、深い層にシワができるといわれています。それでも、顔の筋肉を使い表情を豊かにして過ごすことは、身体とメンタルの健康に欠かせません。

そのため、顔を動かさないようにするのではなく、肌のハリを取り戻してシワができにくくする努力が必要です。真皮性しわができやすくなる要因は、肌にハリを与えるコラーゲンやエラスチンなどの成分が、劣化したり減少したりすることがあげられます。

なお、紫外線を浴びるとコラーゲンやエラスチンを生産する細胞を傷付けるため、真皮性しわができやすくなります。肌へのダメージを減らすために、日焼け対策を忘れないようにしましょう。

1-2.たるみの原因

たるみの原因は、大きく分けて3つあげられます。

  • コラーゲンの衰え・減少
  • 表情筋の筋力低下
  • むくみや脂肪

肌にハリや弾力を与える成分であるコラーゲンが減少すると、表皮を支えきれず、たるみの原因となります。なお、血流やリンパの流れが悪くなり顔がむくむことも、たるみを誘発する要因です。

このように、顔のたるみの原因はひとつに絞れません。そのため、たるみを予防するには生活習慣を見直し、体質から改善すると良いでしょう。

2.しわやたるみを改善する4つの方法

2.しわやたるみを改善する4つの方法

しわやたるみに悩まれている方でも、適切な肌ケアを施せば改善できます。ここでは、若々しい肌を取り戻すための方法を4つ紹介します。

2-1.化粧品

しわやたるみを軽減するには、エイジングケア成分を配合している化粧品の使用をおすすめします。なお、基礎化粧品を選ぶ際は、肌に良い成分を含んだ商品を利用すると良いでしょう。例えば「レチノール」という美容成分は、しわやたるみなどの肌トラブルに効果的です。

レチノールは、ビタミンAの1種で肌のターンオーバーを促進するはたらきやコラーゲンを増やす作用があります。そのため、しわやたるみでお悩みの方におすすめです。

なお、レチノールは刺激が強いので、敏感肌の方は注意しましょう。エイジングケアの方法については「【早期対策】エイジングケアとは?ケアを始めるべき4つのサインやお手入れ方法を紹介」にて解説しています。

2-2.美顔器

美顔器を使用することで、しわやたるみ改善の効果を期待できます。それ以外にも、シミが形成されにくくなったり、毛穴が目立たなくなったりする効果があります。肌ケアに使用する美顔器は、高額な製品である必要はありません。ご自身が求めている機能に対応している美顔器を選ぶことが大切です。

美顔器を選ぶ際のポイントは以下の3点です。

  • 保湿機能・・・角質層まで保湿成分を浸透させる。
  • 超音波機能・・・化粧品音美容成分を肌の深い部分まで浸透させる。
  • ラジオ波・・・新陳代謝を活性化させる。

美顔器の使用頻度や併用する美容液によって、美肌効果は左右されます。そのため、ご自身に合ったケアの方法を試行錯誤する必要があるでしょう。

2-3.サプリ

サプリを用いることで、効率的に美容成分を取り込めます。サプリを選ぶ際は、成分に注目すると良いでしょう。ここでは、効果的な美容成分を3点紹介します。

プラセンタエキス

プラセンタエキスは、哺乳動物の胎盤に含まれる成分を抽出したエキスで、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す力を活発にする働きがあります。そのため、保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸を直接摂取するより、効果的に肌にハリを取り戻せるといわれています。

プラセンタエキスは、保湿成分を作り出す力を高めてくれるため、美肌効果が期待できます。

イソフラボン

イソフラボンは、大豆などに含まれる成分であり、女性ホルモンと同様な作用があるといわれています。主に、加齢に伴う心身の不調を整える働きがある栄養素です。イソフラボンには女性ホルモンの減少を補う効果があるので、ホルモンバランスの乱れによる肌トラブルを、改善する効果が期待できるでしょう。

酵素や乳酸菌

酵素や乳酸菌は、腸内環境を改善する働きがあります。腸内環境が悪化してしまうと、体内の活性酸素が増加し、肌の老化の原因になるといわれています。つまり、腸内環境の悪化が肌トラブルを引き起こすのです。

サプリを用いて乳酸菌や酵素をサプリで身体に取り入れることは、腸内細菌の善玉菌の割合を増やすことにつながります。善玉菌が優位となることで腸内環境が改善され、肌トラブルの予防に効果を期待できるでしょう。

なお、腸内環境を整える「腸活」に取り組むことは、肌トラブルの改善だけでなく心身に健康をもたらします。詳しくは「【医師監修】保存版!シミやそばかすを消す方法5選!発生する原因やNG習慣を紹介」でも解説しています。

2-4.表情筋のエクササイズ

顔のエクササイズをすることで、表情筋を鍛えられます。ここでは、表情筋を鍛えるために効果的なエクササイズを2つ紹介します。継続的に取り組んで、若々しい美肌を手に入れましょう。

ほうれい線解消エクササイズ

ほうれい線解消エクササイズ

「ほうれい線解消エクササイズ」は、口の周りを取り囲む表情筋である「口輪筋」を鍛える効果があります。エクササイズの手順は、以下のとおりです。

  1. 口をすぼめて前へ突き出す
  2. すぼめた口を元に戻すと同時に、唇で歯を巻き込むように動かす
  3. 唇で歯を巻き込んだ状態で、口を横に限界まで開く(口角は上げない)
  4. その状態で3秒間キープする
  5. ゆっくりと元に戻す

負荷がかかっている表情筋を意識しながら、エクササイズに取り組みましょう。

目元ぱっちりエクササイズ

目元ぱっちりエクササイズ

(参照元:Kracie|顔のしわ・たるみは、日ごろの表情筋エクササイズで予防、改善!

「目元ぱっちりエクササイズ」は、目の下のたるみを改善するためのエクササイズです。目の周りの表情筋である「眼輪筋」を意識的に鍛えます。

  1. 舌を出す
  2. 舌を出した状態で目線を上にする(あごを上げない)
  3. 舌を戻して口を閉じる
  4. 下まぶたを上へ動かし、薄めで目を閉じる(眉間にしわを寄せない)
  5. その状態で3秒間キープする
  6. ゆっくりと元に戻す

以上のエクササイズを習慣化することで、リフトアップの効果を実感できるでしょう。

3.しわやたるみの改善に効果的な食べ物3選

3.しわやたるみの改善に効果的な食べ物3選

しわやたるみを改善する効果がある食べ物を、3つ紹介します。肌に良い食べ物を意識的に摂取することで、老化防止の効果が期待できるでしょう。

3-1.鶏肉

鶏肉には、肌にハリを与える成分として有名なコラーゲンが含まれています。特に、手羽先に豊富に含まれているため、肌質改善をしたい方は積極的に食べると良いでしょう。

実は、コラーゲンを摂取しても髪や爪などへ利用されるため、全てが肌に届くわけではありません。しかし、充分な量を摂取することで、肌に届くコラーゲンの量は増やせます。

コラーゲンは保湿効果も期待できるため、乾燥肌でお悩みの方にも鶏肉はおすすめの食材です。

3-2.卵

ゆで卵の白身と殻の間に薄い皮があることをご存じの方は、多いのではないでしょうか。実はわずか0.07mmの卵の薄皮には、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が豊富に含まれています。

1日あたり1個程度が適量です。卵の食べ方は、ゆで卵などのシンプルな調理方法が良いでしょう。

3-3.トマト

トマトをはじめとする赤い食べ物は、しわやたるみの改善に効果的です。トマトに限らず、赤い食べ物には「アスタキサンチン」と呼ばれる天然成分が含まれている場合が多いです。アスタキサンチンには、以下の効果が期待できます。

  • 抗酸化作用・・・紫外線などの影響で発生する活性酸素から肌を守る
  • 美白効果・・・シミの原因となるメラニンの産生を抑制する
  • アンチエイジング・・・キメとハリを改善し、肌に弾力を取り戻す

このような美肌効果があるため、アスタキサンチンは美容液の成分として利用されています。なお、トマト以外では、アスタキサンチンが豊富に含まれる以下の食べ物を積極的に摂取すると良いでしょう。

  • にんじん
  • 赤パプリカ
  • イクラ
  • 鮭 など

健康的な肌を取り戻すために、このような食べ物を日々の献立に取り入れることをおすすめします。

最近はコンビニでもお肌に良いものが手軽に入手できます。ゆで卵やカットフルーツ、サラダ、アーモンドミルクなどです。

おわりに

しわやたるみを改善するには、表情筋のエクササイズや基礎化粧品など、多角的にアプローチする必要があります。普段から肌を大切にする意識を持つことで、肌年齢は徐々に改善されるでしょう。

しわやたるみの悩みを解消するには、身近な方法から取り組むことが大切です。表情筋のエクササイズなどは手軽に試せるので、ぜひ取り組んでみてください。「【医師監修】年代別お肌の悩みランキング!美肌を保つ4つのコツも紹介」でも詳しく解説しています。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。