更新日
公開日

節分と豆まき【東洋医学の季節】

節分と豆まき【東洋医学の季節】
瀬戸 郁保 鍼灸師・登録販売者・国際中医師

執筆者
瀬戸 郁保 鍼灸師・登録販売者・国際中医師

1970年神奈川県箱根町出身。青山学院大学経営学部卒業後、日本鍼灸理療専門学校にて学び、鍼灸師・按摩指圧マッサージ師免許を取得。さらに北京中医薬大学日本校(現・日本中医学院)で中医学・漢方薬を学び、国際中医師を取得。2004年東京の表参道に源保堂鍼灸院を開院し、その後漢方薬店薬戸金堂も併設。『黄帝内経』『難経』などの古医書を源流にした古典中医鍼灸を追究しながら、併せて漢方薬や気功など、東洋医学・中医学を幅広く研究し、開業以来多くの患者様のからだとこころの健康をサポートしてきている。さらに現在は東洋遊人会を主宰し、後進の指導にもあたっている。(株)薬戸金堂の代表取締役。著書に『長生きをしたければ、「親指」で歩きなさい』(学研)がある。

1.立春の前日は特別な節目

豆まきが行われる節分は、立春の前日になります。節分とは、もともとは立春だけではなく、立夏、立秋、立冬といった四季それぞれの分かれ目を意味していました。しかし、二月の立春がその年のはじめという暦の性格や、冬から春に切り替わる時期であるということから、特別に立春の前日だけが節分と呼ばれるようになりました。

2.どうして煎った豆なのか?

2.どうして煎った豆なのか?

節分に使われる節分豆。そもそもどうして豆なのか?そして、今では煎った豆を使うことが当たり前ですが、煎った豆でないといけない理由はあるのでしょうか?まずはじめに、昔の人々がどのような思いを込めていたのかを見ていきます。

その本題に入る前の前提として、本日のお話に必要な五行色体表が以下のようになります。

五行色体表

最初にどうして煎ったものなのか?という点についてです。

煎るということは、つまり火を使っています。煎るということで、火という性質を豆に入れ込むことに意味を感じていたわけですが、火は陽気・温もりの代表です。立冬から始まった冬は寒くて陰気が強い季節です。冬は葉が落ち寒々とした光景になりますが、このような状況は“陰気が強くなった状態”といえます。どうしても気分も暗くなりますし、風邪などの感染症も増えて病気にもなりやすく、医療が乏しい時代は命も落としかねない季節だったわけです。そこで今よりもはるかに暖気・陽気が現れる春の到来が待ち遠しかったというわけです。立春は春の到来のスタートです。そこで、火という力を借りて豆を煎ることで、その陽気・温もりを意味する火の力をしっかりと身体の中に取り込んでおきたかったわけです。

つぎになぜ大豆を使うのかですが、これは五行色体表(上記図)では水に分類され、臓器でいえば腎になります。東洋医学では、腎は自分の生命力の元が格納されている大切な臓器と考えています。腎の配当は季節でいえば冬になるのですが、これは、冬の間にしっかりと腎を養生しておきましょうという意味にもなります。そしてそれは裏返せば、冬の間にしっかりと腎を労わらなければ、腎を傷めてしまいますよ、という意味でもあります。立春が来て冬に終わりを告げるわけですが、この冬、腎は身体を守るためにがんばってきましたので、そこを補ってあげる必要があります。そこで、腎に配当される豆が必要となるわけです。

煎る=火=温もり、陽気、春の到来であり、豆=水=腎=生命力の補充

以上のことを考察してみると、煎った大豆には、火と水の両方の性質をもっていると考えられます。つまりそれは、煎る=火=温もり、陽気、春の到来であり、豆=水=腎=生命力の補充ということになります。

でも、それではちょっと物足りない解説です。その2つの性質(火と水)を身体に取り込みましょう・・・といえばそれらしくも聞こえるのですが、ここにはさらに深い意味が隠されています。

一般的には、火は水で消火されるように、お互いを制約する関係と考えられます。これを相克関係といって、場合によっては制約関係を越えて仲が悪いと思われるところまでいってしまうこともあります。それでは水と火の関係をもった煎り豆は、ケンカしているものを蒔いていることになるの?と思われる方もいるかもしれません。

しかしこの場合の水と火は、生命力の誕生の関係を意味しています。生命の誕生においては、一見すると打ち消し合う火と水が、実は協力関係に働いてくれると考えられています。

この関係を『易経』という書物から引用すると、水火既済(すいかきせい)といいます。易は森羅万象の変化を捉えるものといわれていますが、さまざまな事象を陰陽の棒で表現していきます。細かいことはここでは紙面がありませんので、結論だけ述べてまいりますが、火と水をは以下のように表されて、陰と陽のバランスが調った状態に合体します。これは物事が成就する形のひとつです。

水火既済(すいかきせい)

陰陽のバランスが調っているということは、生命誕生、つまりは、さまざまなことが成就していくというエネルギーなのです。豆撒きで撒く煎り大豆には、生命誕生のエネルギーが込められていました。

3.鬼の意味

鬼の意味

次に、陽の気がつまった生命エネルギーの豆を投げつける相手、つまり鬼についてもご紹介いたします。

この場合の鬼は、「陰気」のことを指します。陰気は寒さであり、病気といったマイナスのエネルギー全般を意味します。冬は風邪やインフルエンザ、ロタウイルスなど、ウイルスや細菌による感染症が流行する季節です。医療が発達し、栄養状態がいい現代において、風邪などで命を落とすことは少なくなっていますが、豆撒きがはじまったころは生死にかかわるとても恐いものでした。東洋医学・中医学では、こういった外から入ってくるウイルスや細菌、外的要因のことを邪気と呼んでいますが、この邪気を鬼に見立てて火と水の力が籠った豆をぶつけているわけです。

また、節分では豆を数え年(満年齢+1)の数だけ食べるということもしますが、これも命を落とすことが多かった時代の名残なのではないでしょうか。鬼に負けずに今年も無事に生きることができた、その感謝の気持ち。そして年が改まったとともに、煎った豆のエネルギーを新たに得ることによって、また一年健康に過ごしていこう、そんな願いが込められているのではないかと思われます。

鬼をやっつけ、新たな生命エネルギーを蓄える、節分の豆撒きはとても奥が深い意味が隠されています。

おわりに

おわりに

春の到来は、これまで暗く寒かった陰気の世界から、明るく温かい陽気の世界が復活することを意味します。その陽気の復活を祝うことが節分の豆撒きということになります。

鍼灸や漢方薬などの東洋医学・中医学では、その季節に合った身体づくりをしていくことが健康の秘訣のひとつなので、こういった慣習の中に眠っている意味を掘り下げ、そしてそれをこの現代の世界に活かすように養生のアドバイスをしていきます。豆撒きの意味を感じながら、新たな年の幕開けを迎え、無病息災を祈ってほしいと思います。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。