iPhoneのバッテリー交換はどこでできる?交換タイミングと気になる交換費用とは?

URLをコピーしました。
iPhoneのバッテリー交換はどこでできる?交換タイミングと気になる交換費用とは?

「iPhoneのバッテリー交換はどこで行えるのだろうか、その費用は?」

「バッテリーは自分で交換しても良いのだろうか」

と悩まれている方も多いのではないでしょうか。充電してもすぐにバッテリーの残量が減ってしまったり、充電に時間がかかってしまったりする場合はバッテリーの交換が必要です。このコラムでは、iPhoneのバッテリー交換に関する悩みを解決するために以下の3つの項目を解説します。はじめての方も安心してiPhoneのバッテリー交換が行えるように、費用や注意点について確認しておきましょう。

  • iPhoneのバッテリー交換が行える3つの場所
  • バッテリー交換にかかる費用
  • 交換は自力で行えるのか

1.iPhoneのバッテリー交換が行える3つの場所

初めてiPhoneのバッテリー交換を行う時に「どこで行えるのだろうか」という疑問を持つ方が多いのではないでしょうか。ここでは、iPhoneのバッテリーが交換できる場所を紹介しますので、参考にしてみてください。

1-1.Apple Store・Apple正規サービスプロバイダ

バッテリー交換は「Apple Store」と「Apple正規サービスプロバイダ」で行えます。Apple StoreとApple正規サービスプロバイダでバッテリー交換を行うには「直接持ち込む」か「Appleリペアセンターへの配送を手配する」の2つの方法があります。

Apple StoreとApple正規サービスプロバイダでは、Apple純正の部品を使用しているため安心してバッテリー交換を任せられるでしょう。またAppleリペアセンターへの配送を手配した場合、指定配送会社が自宅までiPhoneを引き取りに来てくれます。そのため、お店に足を運ぶ必要がない点がメリットです。

参照元:Apple:iPhoneの修理サービス

Apple正規サービスプロバイダとは、Apple公認の修理店です。Apple正規サービスプロバイダには、以下の会社があります。

お近くのApple正規サービスプロバイダは、Apple公式Webサイトより検索できます。また、iPhoneを持ち込む際は、混雑状況により待ち時間が発生する可能性があるので、事前に予約するのがおすすめです。

1-2.契約している通信会社のキャリアショップ

iPhoneのバッテリー交換は、契約している通信会社のキャリアショップで行えます。以下の通信会社で、バッテリー交換が可能です。

  • docomo
  • SoftBank
  • au

対象となるのは、通信会社のキャリアショップで購入したiPhoneに限ります。例えばdocomoの場合、docomoで購入したiPhoneのみが対象となります。Y!mobileや楽天モバイルなど、通信会社によっては対応していない場合があるので注意しましょう。

参照元:NTTdocomo:iPhoneリペアコーナー

1-3.修理専門の会社

近年、iPhoneの修理専門の会社が増えています。iPhoneのバッテリー交換は、こうした修理専門の会社でも行えます。修理専門の会社でバッテリー交換を行う場合、Apple StoreとApple正規サービスプロバイダと比較して、価格設定が低めである点や即日交換が可能である点がメリットです。

しかし価格が安いだけで修理専門の会社を選んでしまうと、適切でない方法で交換されてしまったり、質の悪いバッテリーを使用されてしまったりするケースがあります。「何を基準に修理会社を選んだら良いのか分からない」という方は、以下2つの基準を参考にしてみてください。

  • 「総務省登録修理業者」に登録されているか
  • 「PSEマーク」を表示しているバッテリーを使用しているか

PSEマークとは、電気製品の安全性を満たしていることを表すマークです。そのため、PSEマークは、安心してバッテリー交換が行える基準の一つと考えることができます。また修理専門の会社を選ぶ際は、価格だけでなく安全性についてもしっかりと確認することが大切です。総務省登録修理業者に登録されている会社であれば、安全性や品質の面で厳しい基準をクリアしているため安心です。

参照元:国民生活センター:モバイルバッテリーにPSEマークがついていなかった

2.iPhoneのバッテリー交換を行う際に費用

初めてiPhoneのバッテリー交換を行う時に、費用の相場が分からない方は多いのではないでしょうか。ここでは、それぞれの場所でかかる交換費用を紹介しますので、参考にしてみてください。

2-1.AppleStore・Apple正規サービスプロバイダ

「Apple Store」や「Apple正規サービスプロバイダ」でバッテリー交換を行う際にかかる費用は、以下のとおりです。

iPhoneのモデル金額
iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro、iPhone 11、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12
iPhone 12 mini、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 min

税込8,140 円
iPhone SE (第 2 世代)、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus
iPhone 7、iPhone 7 PlusiPhone 8、iPhone 8 Plusその他すべての対象モデル
税込5,940 円

AppleCare+ に加入している場合、バッテリーの容量が80%未満に劣化した状態に限り、バッテリーを無償で交換可能です。AppleCare+の加入状況が分からない方は、Apple公式Webサイトで確認できるので利用してみてください。

参照元:Apple:iPhone のバッテリーと電源の修理

2-2.通信会社のキャリアショップ

通信会社のキャリアショップでバッテリー交換を行う際にかかる費用は、Apple StoreとApple正規サービスプロバイダで行う場合と同額となります。

iPhoneのモデル金額
iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro、iPhone 11、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12
iPhone 12 mini、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 min

税込8,140 円
iPhone SE (第 2 世代)、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、
iPhone 7 PlusiPhone 8、iPhone 8 Plusその他すべての対象モデル
税込5,940 円

バッテリーが保持する容量が本来の容量の80パーセント未満になった場合、AppleCare+の保証が利用できます。

参照元:NTTdocomo:iPhoneリペアコーナー

参照元:SoftBank:[iPhone/iPad]電池(バッテリー)の交換費用を教えてください。

参照元:au:よくあるご質問

2-3.修理専門の会社

修理専門の会社でバッテリー交換を行う場合、費用は会社によって異なります。相場は、3,000〜8,000円です。お使いのiPhoneモデルによって費用は大きく異なりますが、Apple StoreとApple正規サービスプロバイダと比較して、価格が低く設定されているケースが多いといえます。

例えば、iPhone修理専門のA社でiPhone8バッテリー交換を行った場合の費用は3,480円です。AppleStoreで交換した場合5,940円かかるので、2,460円お得に交換できることが分かります。ただし、修理専門の会社ではAppleCare+ の保証が利用できないので注意しましょう。

3.iPhoneのバッテリーを交換するタイミング【劣化や不具合】

iPhoneのバッテリーに劣化や不具合が起きた場合、交換する必要があります。以下のような状況は、バッテリー交換のサインです。

  • バッテリーがすぐに減ってしまう
  • アプリが落ちることが多い
  • 充電しても充電されない
  • 充電に時間がかかる
  • 電源が急に落ちる
  • タッチパネルが浮く
  • タッチパネルの反応が悪い

バッテリーは、劣化によって膨張することがあります。バッテリーが膨張した結果タッチパネルを圧迫してしまい、タッチパネルが浮いたり反応が悪くなったりするケースがあります。劣化したバッテリーを使い続けると、タッチパネルの破損やiPhone自体が故障してしまう原因となるので注意しましょう。

4.iPhoneのバッテリー交換を行う際に時間の目安【依頼方法により異なる】

バッテリー交換にかかる時間は、依頼方法によって異なります。バッテリー交換にかかる時間の目安は、以下のとおりです。

  • AppleStore・Apple正規サービスプロバイダ:可能な限りその場で交換
  • Appleリペアセンターへ配送で依頼:5〜7日程
  • 通信会社のキャリアショップ:即日~7日程
  • 修理専門の会社:15~30分程

通信会社のキャリアショップのなかには、店頭交換に対応していない場合があります。その場合、キャリアショップからApple社に配送して交換を行うので、時間がかかる点がデメリットです。「すぐに交換する必要がある」という方には、即日交換が可能な修理専門の会社での交換をおすすめします。

参照元:Apple:iPhone のバッテリーと電源の修理

参照元:au:よくあるご質問

参照元:スマホスピタル:バッテリー交換

5.iPhoneのバッテリー交換は自力で行えるのか【故障するリスクが高い】

iPhoneのバッテリー交換は自力で行った場合、故障するリスクが高いといえます。自力でバッテリー交換を行った方のなかには、「ケーブルが切れてしまった」「分解後に組み立て手順が分からくなってしまった」といった理由で修理会社に持ち込む方もいます。自力でiPhoneを分解してしまった場合、Appleの保証対象外となるので注意しましょう

さらに、バッテリー交換を自身で行うことで「バッテリーから発火する危険性」があります。バッテリーは強力な粘着テープで固定されているので、力任せに外してしまうとバッテリーが変形して発火の原因となるのです。自力でのバッテリー交換は故障のリスクが高いので控えましょう。

6.iPhoneのバッテリー交換でトラブルを避ける注意点

iPhoneのバッテリー交換は、思わぬトラブルを招く可能性があります。データが損傷してしまったり、適切でない交換を受けてiPhoneが故障してしまったりと、生活に支障が出るトラブルに発展するかもしれません。ここでは、バッテリー交換でトラブルを避ける注意点を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

6-1.iPhoneのバックアップをとっておく

iPhoneのバッテリー交換を行う前には、必ずiPhoneのバックアップをとりましょう。Apple StoreとApple正規サービスプロバイダでは、データを保護する目的として交換前にiPhoneの初期化を行います。初期化とは、データをすべて消去することです。

一般的に、修理専門の会社では初期化せずにバッテリー交換を行うことが多いといえます。それでも万が一に備えて、iPhoneのバックアップをとっておくことをおすすめします。

参照元:Apple:iPhone、iPad、iPod touch を修理に出す準備をする

参照元:スマホスピタル:バッテリー交換

6-2.修理専門の会社は慎重に選ぶ

iPhoneの修理専門の会社は慎重に選ぶことが大切です。スマートフォンの普及により修理専門の会社が増えていますが、なかには適切ではない修理をしたり、違法な修理をする会社があります。そのため、どこでiPhoneのバッテリー交換をするか迷ったら、「登録修理業者制度」で認められている会社を選ぶとよいでしょう。

参照元:総務省:登録修理業者制度

「総務省登録修理業者」に登録されている修理会社が利用できるセゾンのスマホサポートがおすすめです。セゾンのスマホサポートを行うスマホスピタルでは「PSEマーク」の表示がある高品質なバッテリーを使用しています。安心して任せられるセゾンのスマホサポートで、バッテリーの交換をしてみてはいかがでしょうか。

セゾンのスマホサポートの詳細はこちら

おわりに

iPhoneのバッテリー交換は、Apple Store、Apple正規サービスプロバイダ、通信会社のキャリアショップ、修理専門の会社などで行えます。バッテリー交換にかかる費用は、自身が加入している保証内容によって大きく異なりますので、加入状況を確認しておきましょう。

iPhoneのバッテリー交換をどこで行うか迷っている方は、即日対応が可能な修理専門の会社での交換がおすすめです。その際は安心してバッテリー交換が行えるように「総務省登録修理業者」に登録されている修理専門の会社を選びましょう。

この記事をチェックした人にはこちらもおすすめ!