更新日
公開日

【法人向け】事業性資金用不動産担保ローンのおすすめの会社と選び方、審査時のポイントなど徹底解説

事業性資金用不動産担保ローンのおすすめの会社と選び方、審査時のポイントなど徹底解説
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

不動産担保ローンは、事業拡大に向けた資金調達の有効な手段です。所有不動産を担保にお金を借りる商品として、多くの金融機関が法人向けローンを用意しています。この記事では、不動産担保ローンの概要や、おすすめのローン会社、メリット・デメリットなどを徹底解説します。審査で見られる点やローン選びのポイントも紹介しますので、事業性資金を確保し、ビジネスを成長させるステップとしてぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

  • 不動産を担保にすれば、事業資金を有利な条件で借りられる
  • 担保価値や企業の信用力が、融資額や金利などの条件を左右する
  • 利用可能地域や金利、手数料は金融機関ごとに異なるので事前の確認が大切
  • 銀行では借りられなくても融資を受けられる不動産担保ローンがある
事業者向け不動産担保ローン
事業者向け不動産担保ローン

そもそも不動産担保ローンとは?法人でも使える?

はじめに、不動産担保ローンの基本的な内容を解説します。不動産を担保にすることで、通常より好条件で事業資金の融資を受けられるのが不動産担保ローンです。さまざまな資金需要に柔軟に対応できます。

不動産を担保としてお金が借りられるローン

不動産担保ローンは、不動産を担保に入れて金融機関から融資を受ける商品です。土地のほか、オフィスビル、工場といった所有不動産の価値に基づいて融資額の上限が決まるのが一般的です。

担保の存在により、銀行などの金融機関は資金を回収できなくなった場合のリスクを低減できるため、無担保ローンに比べて好条件で融資を受けられます。金利だけでなく、融資上限、借入期間などが緩和され、事業拡張や設備の更新、運転資金の確保など幅広い用途に活用できるでしょう。

法人専用不動産担保ローンがある

不動産担保ローンを扱う金融機関には、個人事業主や法人を対象とした専用のビジネスローンもあります。

このうち法人専用の不動産担保ローンは、企業の事業規模や信用力に応じて高額の融資を受けられる可能性があります。

特に、事業資金が手薄な段階の中小企業やスタートアップにとって、資金調達の選択肢を広げるには有効な手段となるでしょう。

法人が不動産担保ローンを利用する目的は?

法人が不動産担保ローンを利用する目的は、主に事業資金の調達にあります。事業の拡大や新規プロジェクトの立ち上げ、設備投資や研究開発など、企業の成長には資金が不可欠です。

不動産担保ローンを使用することで企業は比較的低金利、かつ長期間の融資を受けることができ、腰を据えて成長に向けた事業活動を展開できるでしょう。

例えば、新規市場への参入や技術革新のための研究開発は、多額の初期投資が必要な一方ですぐに黒字化するのは難しい面があります。不動産担保ローンは、これらの資金ニーズに応え、企業の成長戦略を実現するための効果的な手段となるのです。

おすすめの法人向け不動産担保ローン5選

おすすめの法人向け不動産担保ローン5選

法人向けの不動産担保ローンを選ぶ際、自社の経営状態や借入目的などに合わせた最適な金融機関選びが成功の鍵となります。ここでは、複数の金融機関の特徴を比較しながら、おすすめの不動産担保ローンを紹介します。

【セゾンファンデックス】事業者向け不動産担保ローン

【おすすめの理由】

  • 全国の物件を対象にできる
  • 銀行では借りられないケースも対応可能
  • 親族が担保提供できる

【主な特徴】

東証プライム上場企業クレディセゾンが100%出資するセゾンファンデックスが提供している不動産担保ローンです。グループのブランド力を背景にした豊富な金融ノウハウを武器に、さまざまな需要に対応できる点を強みとします。

全国の物件を対象に、銀行とは異なる基準で不動産担保力を重視した審査を行い、属性や資産背景、債務状況などから銀行では借りられないケースでも対応可能です。家族や親族など融資を受ける方以外の所有不動産も担保にできるため、融資の可能性が大きく広がります。

対象地域全国
利率変動金利 2.75~4.55%(2023年4月時点)
固定金利 4.5~9.9%
事務手数料融資金額の1.65%以内
融資額100万~5億円
融資スピード最短1週間
融資期間5~25年
URLhttps://www.fundex.co.jp/business/mortgage/

以下のようなニーズにも、銀行と異なる基準で柔軟な審査を行うセゾンファンデックスの不動産担保ローンなら対応可能です。

「赤字が続いていて銀行から借りられない」
「すでに借り入れはあるが、追加資金が必要となった」
「抵当権設定済みの物件を担保にさらに資金を借り入れたい」

法人の将来につながる資金需要があると考えている方は、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

セゾンファンデックスの事業者向け不動産担保ローンの詳細はこちら

事業者向け不動産担保ローン
事業者向け不動産担保ローン

【SBIエステートファイナンス】不動産担保ローン

【おすすめの理由】

  • 最短翌日に融資実行
  • 年間相談5,000件以上と実績豊富
  • 専属担当によるワンストップサービス

【主な特徴】

銀行や証券などのノウハウを持つSBIホールディングスのグループ企業、SBIエステートファイナンスが提供する商品です。独自の審査基準を持ち、仮審査は依頼があってから最短即日で回答。融資は申し込みから最短翌日に実行できるのが特徴です。

迅速かつスムーズな融資プロセスは、急な資金ニーズにも対応可能であり、機会損失を防ぎます。相談実績は年間5,000件以上。個別事情や要望を専属スタッフが聞き取り、ワンストップで対応します。

対象地域東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
利率変動金利2.40~7.50%
事務手数料融資金額の2.20~2.75%
融資額300万~5億円
融資スピード最短翌日
融資期間1~25年
URLhttps://www.sbi-efinance.co.jp/loan/free/

【AGビジネスサポート】不動産担保ローン

【おすすめの理由】

  • 全国が対象
  • 来店しなくても契約できる
  • 融資は最短3日で実行可能

【主な特徴】

AGビジネスサポートの不動産担保ローンは、その柔軟性と利便性で多くの事業者から評価を受けています。取り扱いは全国の物件を対象としており、どこからでも相談できます。忙しい方でも来店せずに相談できるのも特徴で、郵送での契約も検討可能です。

スピーディな審査プロセスで簡易診断は最短1日、融資は最短3日で実行できるのもメリット。申し込みは、個人事業主か法人が対象となっています。

対象地域全国
利率固定金利2.49~8.99%
事務手数料0~3.00%
融資額100万~5億円
融資スピード最短3日
融資期間最長30年
URLhttps://www.aiful-bf.co.jp/products/mortgage_loan/business.html

【アサックス】「事業者向け」不動産担保ローン

【おすすめの理由】

  • 最大10億円融資
  • 融資は最短3日で実行
  • 1%台の低金利も可能

【主な特徴】

アサックスの「事業者向け」不動産担保ローンは、柔軟な融資条件と迅速な審査プロセスが特徴です。融資金額は最大10億円までと高額で、運転資金や新規事業、開業資金はもちろん、既存の借入条件の見直しなど幅広いニーズに対応できます。審査プロセスのスピードにも重点を置いており、仮審査は1日、申し込みから融資は最短3日で実行されます。金利は1%台も実現可能です。

対象地域東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
利率固定金利1.95~6.90%
事務手数料融資額の0~3.3%
融資額300万~10億円
融資スピード最短3日
融資期間3カ月~30年
URLhttps://www.asax.co.jp/jigyou/

【三井住友トラストL&F】不動産活用ローン(ビジネスコース)

【おすすめの理由】

  • 融資期間最長35年
  • 最大10億円を融資
  • 三井住友グループの信頼感

【主な特徴】

三井住友トラストL&Fの不動産活用ローン(ビジネスコース)は、三井住友グループの安定した基盤と信頼性を背景に、事業者向け融資を提供しています。融資期間は最長で35年まで設定可能となっており、資金繰りに合わせて余裕を持って返済計画を組めます。融資額も最大10億円と高額なため、新規事業や開業資金など幅広いニーズに応えられるのもメリットといえるでしょう。

対象地域全国
利率変動金利2.99~6.40%
事務手数料融資金額の2.20%
融資額300万~10億円
融資スピード最短1週間
融資期間1年超~35年
URLhttps://www.smtlf.jp/realestateloan/

不動産担保ローンのメリット・デメリット

不動産担保ローンのメリット・デメリット

不動産担保ローンのメリットとデメリットを解説します。無担保ローンに比べて有利に資金調達できる不動産担保ローンの特徴を知ることで、効率的な資金繰りが実現できるでしょう。

メリット

不動産担保ローンの主なメリットは次のとおりです。

それぞれ詳しく説明します。

  • 無担保ローンに比べて融資を受けやすい
  • 低い金利が適用される
  • 金額が大きい融資を受けられる
  • 返済期間を長めにできる

不動産担保ローンのメリットとしてまず挙げられるのは、無担保ローンに比べて融資を受けやすい点です。不動産に抵当権を設定することで、金融機関は債務者が返済不能となった場合のリスクを低減できます。

これにより、無担保のケースよりも融資を引き出しやすくなります。同様の理由で、無担保ローンより低金利で融資を受けられるため、利息負担の軽減と、元利均等返済の場合は借入元本の早期返済につながるでしょう。

金額が大きめの融資を受けられることも、不動産担保ローンのメリットです。担保としての不動産価値に基づいた融資を受けられるため、事業拡大や大規模な投資に特に有効です。返済期間についても、金融機関が担保を確保してリスクを抑えられているため、長めに設定できるでしょう。これにより、企業は成長に合わせた長期的な視点で資金計画を立てられます。

デメリット

不動産担保ローンには大きなメリットがありますが、同時に注意すべきデメリットも存在します。例えば以下のものが考えられます。

  • 担保物件を失うリスクがある
  • 手続きに時間がかかる
  • 手数料がかかる

不動産担保ローンのもっとも大きなデメリットは、返済不能に陥った場合に担保物件を失うリスクがあることです。返済が滞った場合、金融機関は不動産に設定した抵当権を実行し、競売にかけて債権を回収しようとするでしょう。担保を活用した借り入れは、資産を失うリスクと背中合わせといえるのです。

手続きに時間がかかる面もデメリットといえます。審査時における無担保ローンとの最大の違いは担保物件の評価が行われることです。金融機関は、物件の立地や周辺環境、メンテナンス状態などを踏まえ慎重に検討するため、一定の時間を要します。

不動産担保ローンでは、無担保ローンに比べて金利は低めに設定されますが、物件評価の手続きなどが加わることから手数料が割高になります。抵当権設定の登記費用も必要です。抵当権設定にかかる登録免許税は、債権金額の0.4%となっています。

参照元:財務省「登録免許税に関する資料」登録免許税の概要

不動産担保ローン審査時にみられているポイント

不動産担保ローン審査時にみられているポイント

さまざまなメリットがある不動産担保ローンを借りられるかどうかは、金融機関の審査次第です。審査基準は金融機関ごとに異なりますが、ここでは、審査の過程で特に重視される要素を解説し、融資承認率を高めるポイントをご紹介します。

融資金額を左右する不動産の担保価値

不動産担保ローンの審査で重要なのは、担保となる不動産そのものの価値です。担保価値は、融資の上限金額や金利、返済期間といった諸条件に影響を与える傾向があります。

不動産の評価では、立地場所や構造、維持管理の状態、地域の将来性など、多角的な観点から行われます。

例えば、都市の中心に位置する商業ビルは、郊外にある物件より高い評価を受けるのが一般的です。建築されてから日が浅い、あるいは築古でもメンテナンスが行き届いた物件は、大規模な修繕が必要な物件より価値が高くなるでしょう。人口が減少する地域より、企業立地が相次ぐなど経済が活性化しているエリアも市場価値が高くなります。

会社としての信用力

不動産担保ローンの審査では、会社としての信用力も慎重に判断されます。金融機関が返済能力を評価する際、会社の経営状況や財務の状態、過去の返済履歴が重要な要素です。

長期間連続して増収増益を達成するなど安定した収益を上げている会社や、財務状況が健全な会社は、金融機関から絶対的な信用を得られる可能性があります。

逆に、過去に返済遅延の履歴があるなど信用リスクが高いとみなされると、審査が通らない理由とされるでしょう。企業の業績だけでなく、業界内での位置や競争力なども、信用評価に影響を与えます。

法人向け不動産担保ローン選びの4つのポイント

法人向け不動産担保ローン選びの4つのポイント

法人向け不動産担保ローンを選ぶ際には、企業に合わせた要素を考慮する必要があります。ここでは、最適なローン選びのための基準となるポイントを解説し、ニーズに合った適切な金融機関の選択方法を紹介します。

担保が利用対象地域に入っているか

法人向け不動産担保ローンを選ぶ際、はじめに確認すべき点は、担保とする不動産が利用対象地域に含まれているかどうかです。

金融機関によっては首都圏など特定の地域のみを対象としている場合があります。金利や借入上限が希望する条件に合っていても、対象外の地域にある不動産ではそもそも融資を受けられません。いくらまで借りられるのか、手数料はどの程度かを考えるより、真っ先に対象地域を確認するべきでしょう。

金利と審査のバランス

不動産担保ローンを選ぶ際、金利と審査のバランスを考慮することも重要です。金利が低ければ低いほど、返済時の利息負担が軽減されます。その一方で、低金利のローンは審査が厳しくなるのが一般的です。

低金利を打ち出したローンの審査では、金融機関は通常、企業の信用力や財務状況、担保となる不動産の評価で厳しめの基準を設けます。安全性が高い融資は貸し倒れのリスクが低いので低金利で対応できますが、貸し倒れリスクが高い場合は相応の高い金利を設定する必要があるからです。

厳しい基準で審査が行われる代わりに低金利となる金融機関なのか、審査は緩めで金利が高い金融機関なのか。不動産担保ローンを選ぶ際には、自社の財務状況や担保価値などを考慮し、バランスの取れたローンを選ぶことが重要です。

利用限度額が必要な金額以上か

利用限度額が必要な金額以上かどうかも、不動産担保ローンを選ぶ際のポイントです。一般的に、不動産担保ローンは無担保ローンに比べて高額の融資が可能となりますが、金融機関や商品によって上限は異なります。

ある金融機関では数千万円しか融資を受けられないとしても、別の金融機関では億単位で借りられる可能性もあります。融資限度額は金融機関によって異なるため、事業で必要とされる金額がどの程度であるかを正確に把握し、それを満たすかどうかを検討するようにしてください。

諸費用を計算して比較する

不動産担保ローンを選択する際には、諸費用についても検討することを忘れてはなりません。金利は低くても、融資事務手数料や繰り上げ返済、解約時の手数料が膨らむことで、かえって負担が増す可能性もあるからです。

諸費用は金融機関やローン商品によって異なります。初期費用だけでなく、完済まで見据えたコストを注意深く比較検討することをおすすめします。

おわりに

不動産担保ローンのおすすめや選び方などを解説してきました。不動産担保ローンは、比較的低金利であることや、高額の融資が可能であるといったメリットがあり、企業の資金調達に有効な手段です。

適切な金融機関やローン商品を選択することで、コストを抑えつつチャンスに迅速に事業資金を投じることも可能になります。さらなる成長に向け、不動産担保ローンを活用して適切な資金計画を検討してみてはいかがでしょうか。

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100万~1億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払い(個人の場合ボーナス併用払い可)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:法人の場合原則代表者の保証要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【マンション管理組合ローン】
ご融資額:100万円~2億円
ご融資年率:変動金利 2.65%~3.65%※2023年4月1日現在・固定金利4.65%、5.65%、6.65%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~240回/1年~20年(1年単位)
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 15.00%
担保:不要
連帯保証人:不要
契約時の諸費用:収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。