更新日
公開日

引っ越し費用相場は大体どのくらい?避けるべき時期と単身・家族料金の目安

引っ越し費用相場は大体どのくらい?避けるべき時期と単身・家族料金の目安
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

引っ越し業界には、依頼が集中する「繁忙期」と、それ以外の「通常期」があります。繁忙期になると引っ越し作業の予約が殺到するため引っ越し費用の相場が高額になる傾向にあり、週末や午前中の予約になるとさらに割高となります。そのため引っ越し費用を抑えたいと考えている場合には、時期ごとの相場を把握して、割安になるタイミングを見計らって見積もりを依頼することが大切です。

今回のコラムでは、引っ越し時期ごとの費用相場と引っ越し費用が高額になる条件・タイミング、料金をできるだけ安く抑えるコツについてもご紹介します。

単身・家族の引っ越し費用の平均とは?

単身・家族の引っ越し費用の平均とは?

引っ越し費用を左右するのは、引っ越し距離とオプションサービス、そして荷物量です。基本的に荷物量が少ない単身引っ越しほど料金は安くなり、大型家具や家電、楽器などを依頼する家族引っ越しでは高額となっていきます。ここではまず、単身引っ越しと家族引っ越しの平均費用について解説します。

単身引っ越しの平均費用

単身引っ越しでかかる費用相場は、3万円〜7万円程度です。距離の短い近距離引っ越しや、荷物が少なく単身引っ越しパックを利用した引っ越しであれば、2万円以内に収まることもあります。一方で自転車、楽器、大型家具などの運搬を依頼し、荷物量も多くなれば10万円以上の見積もりとなるケースもあります。

家族引っ越しの平均費用

三人以上の家族引っ越しでかかる費用相場は、7万円〜14万円程度が目安です。家族での引っ越しは荷物量が多くなる傾向にあるため、距離によっては20万円や30万円を超えるケースも少なくありません。引っ越し会社の繁忙期に重なるとさらに割高になるため、荷物の断捨離や引っ越し日程の見直しを進めておくと良いでしょう。

引っ越し月ごとの費用相場

引っ越し月ごとの費用相場

次に、1年を通じて引っ越し費用の相場にどのような変化があるのかをご紹介します。ここでは3月〜4月の繁忙期と、5月〜翌2月の通常期のそれぞれの引っ越し料金を取り上げていきます。

3月〜4月の繁忙期の相場

引っ越し会社の繁忙期となる3月〜4月は、それ以外の通常期と比べて2倍以上の費用の差が出ることがあります。繁忙期には引っ越し会社への依頼が殺到し、トラックや人手が不足する一方で、長距離・大荷物の引っ越し作業が集中します。そのため輸送費や人件費が高騰し、引っ越し価格にも反映されているのです。

たとえば単身引っ越しでは、同じ距離・荷物量で引っ越しを依頼する場合にも、5月以降では4万円台に収まるが3〜4月には9万円を超えるケースも少なくありません。家族引っ越しでも2倍ほどの開きがあり、5月以降では8万円台の家族が、3〜4月には16万円以上の見積もりを提示されることがあります。3〜4月には、通常よりも2倍近い引っ越し料金が相場となることを覚えておきましょう。

5月〜翌2月の通常期の相場

5月〜翌2月の通常期には、繁忙期の半額程度の引っ越し費用に落ち着きます。5月〜翌2月まで月ごとに相場の大きな変化はありませんが、人事異動の時期である秋頃にはやや費用相場が高めになることもあります。

目安となる費用相場は、単身引っ越しの場合で3万円〜4万円、家族引っ越しの場合で7万円〜8万円です。通常期に引っ越しを依頼する場合には、これらの金額を目安に見積もりを取ると良いでしょう。

引っ越す曜日・時間帯ごとの費用相場

引っ越す曜日・時間帯ごとの費用相場

引っ越し費用は繁忙期・通常期だけではなく、曜日や時間帯によっても若干上下します。可能な限り引っ越し費用を抑えたいと考えている場合には、引っ越し日の曜日や時間帯にも注意した方が良いでしょう。ここでは引っ越す曜日と時間帯ごとに費用相場を解説します。

平日と土日・祝日の相場

単身引っ越しや近距離での引っ越しの場合、実は平日と土日・祝日で引っ越し費用に大きな差はありません。差があるとしても数千円程度なので、わざわざ有給休暇を取得して引っ越し予定日を調整する必要はないでしょう。

一方で、家族引っ越しの場合は平日と土日・祝日で数万円程度の差が生まれることがあります。特にゴールデンウィークやシルバーウィークなどの大型連休では、引っ越しの予約が集中するため2割〜3割ほど高額になるケースがあります。連休を使うと引っ越し作業もスムーズに進められるので便利ですが、見積もり金額によっては有給休暇を取得し、平日を活用することも検討しましょう。

時間帯ごとの相場

時間帯別の引っ越し費用相場では、午前中が最も高く、次いで午後の早い時間、午後の夕方以降が最も安くなる傾向があります。特に家族引っ越しの場合は、朝8時〜9時ごろは引っ越し作業を希望する方が多く、他の時間帯よりも2倍〜3倍の見積もりになるケースもあります。

一方で、単身引っ越しでは1日を通じて時間帯による差はほとんどありません。これは単身引っ越しでは荷物が少なく短時間で終わることが多い一方で、家族引っ越しでは数時間の作業が必要になることが多いのが理由です。

なお、時間指定なしで依頼する「フリー便」の場合は、引っ越し費用が相場を下回ることが多く、作業時間にこだわらない方は検討してみると良いでしょう。

引っ越し費用が最も割高な条件・タイミングとは?

引っ越し費用が最も割高な条件・タイミングとは?

以上をまとめると、引っ越し費用が相場よりも割高になる条件・タイミングには、以下が挙げられます。

  • 荷物の多い家族引っ越しである
  • 3月〜4月の繁忙期の引っ越しである
  • 土日・祝日または大型連休の依頼である
  • 午前中の時間指定である

他にも、月の初めや終わりには賃貸物件の入退去日を設定する人が多いため、月初・月末は予約が集中して引っ越し費用が高額になることがあります。大安や一粒万倍日などの縁起の良い日には、新築物件への引っ越しを予定する人が多く、相場よりも高額になることも考えられます。

逆にいえば、以上の条件を外して引っ越し費用が相場より安くなるタイミングで依頼することで、引っ越し費用を抑えることが可能です。また、引っ越し会社からの見積もりを一括で取り寄せられるサイトを活用すると、より安価な引っ越し会社を選ぶことができるので、ぜひ活用してみてください。

引っ越し費用の内訳と決め方

引っ越し費用の内訳と決め方

引っ越し費用の見積もりを取る際には、見積もり書の内訳として「基本運賃」「実費」などの項目が記されていることがほとんどです。それぞれの費用項目の役割や計算方法について理解しておくと、見積もりの比較や価格交渉にも役立つでしょう。ここからは引っ越し費用の内訳と決まり方について詳しくご紹介します。

基本運賃

基礎運賃は、国土交通省が定める「標準引越運送約款」によって決められた料金で、時間制または距離制によって求められます。荷物を運ぶ距離が100km以内であれば時間制、100kmを超える場合は距離制で料金が計算されます。基礎運賃は引っ越し会社が自由に決められる費用ではないため、どの会社の見積もりでもほぼ同じ料金が請求されます。

下記が基本運賃の計算表になりますので、時間や距離ごとの目安としてご活用ください。

基本運賃
引用元:引越料金のしくみ – 近畿運輸局

実費

実費の項目には、荷物の運送費用以外の人件費・梱包資材費などが計上されます。高速道路・有料道路やフェリーを使用した場合には、その利用料金も加算されます。荷物の量が多くなると必要な人手も多くなるため、人件費が増大する傾向にあります。

付帯サービス料金

付帯サービス料金には、オプションサービスとして依頼した作業の費用が含まれます。たとえば、エアコンの取り外し・取り付けやピアノ運送、不用品処分、荷物の一時預かりやハウスクリーニングなどを依頼した際に発生します。車やバイクの運送を依頼する場合にも、オプション料金が加算されることが多いです。

引っ越し費用を相場より安く抑えるコツ

引っ越し費用を相場より安く抑えるコツ

最後に、引っ越し費用をできるだけ安く抑えるために効果的な3つのポイントについてご紹介しましょう。少しでも安く引っ越したいと考える方は、ぜひ実践してみてください。

宅配便を活用する

引っ越しで運ぶ荷物が少ない方は、宅配会社の宅配便を利用するのもおすすめです。たとえば、ヤマト運輸株式会社が提供する宅急便の最大サイズであれば、3辺合計200cm・30kg以内の荷物を1箱2,840円〜の料金で運送を依頼できます。

家具・家電付きの部屋に引っ越す場合や、引っ越し先で家具・家電を買い替える場合、ミニマリストなどの物が少ない暮らしを心がけている場合には最適なサービスなので、ぜひ検討してみましょう。

参照元:宅急便運賃一覧表 全国一覧 | ヤマト運輸

単身引っ越しパックを使う

単身引っ越しパックは、引っ越し会社が指定するコンテナ・カーゴの中に詰められるだけの荷物を、格安料金で運べるサービスです。大きさの規格が統一されたコンテナを、トラックに隙間なく搭載して運べるため、料金が大幅に抑えられるのが特徴です。たとえば、日本通運が提供する「引越し単身パックS」では、冷蔵庫や薄型テレビ、布団なども詰め込めるボックスを19,800円〜の料金で運送を依頼可能です。

参照元:引越し単身パックS・L(WEB割引き実施中)

単身ではなく二人暮らしや三人以上の家族でも利用できるサービスのため、2〜3個のボックスを申し込んで引っ越すという手段もあります。宅配便で運べるほどではないが、荷物が少なめの方におすすめのサービスなので、ぜひ見積もりを依頼してみましょう。

一括見積もりを取り寄せる

引っ越し料金を抑えるためには、複数の引っ越し会社からの一括見積もりを取り寄せることも重要です。相見積もりを取ることで相場を把握しやすくなり、引っ越し会社との価格交渉にも役立つためです。最近ではWEB上で完結する引っ越し一括見積もりサイトも充実しているので、一度見積もりを取ってみることをおすすめします。引っ越し一括見積もりサイトの特徴や比較表は下記の記事で紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

引っ越し見積するなら「引越し侍」

引越し侍」は引っ越し一括見積もりサイトの中でも最大手のサイトで、提携会社数や成約実績、口コミ件数では業界トップの規模を誇ります。60分程度の時間をかけてじっくり見積もりを依頼する「一括見積もり依頼サービス」と、個人情報の入力なしで手軽に見積もりをチェックできる「ネット見積もり比較&予約サービス」の2種類があることも特徴です。

特に「ネット見積もり比較&予約サービス」であれば、電話番号やメールアドレスを入力せずに見積もりを確認できるため、費用相場を調べたい時にも便利です。運営しているのは東証プライム市場上場のグループ会社なので安心ですが、「一括見積もり依頼サービス」を利用する時には正確な荷物量の入力が必要なのでご注意ください。

おわりに

引っ越し費用の相場は、単身引っ越しの場合で、3月〜4月の繁忙期は5万円〜7万円程度、5月〜翌2月の通常期は3万円〜4万円程度です。家族引っ越しの場合には、3月〜4月の繁忙期は10万円〜14万円程度、5月〜翌2月の通常期は7万円〜8万円程度が目安となります。

土日・祝日よりも平日、そして午前中よりも午後・夕方の方が引っ越し費用は安くなる傾向にあるため、これらのタイミングで依頼すると格安で引っ越しができるでしょう。荷物が少ない場合には、宅配便や単身引っ越しパックを利用するのもおすすめです。また、引っ越し一括見積もりサイトを利用して、一番安く引っ越しを依頼できる会社を比較・検討することも忘れないようにしましょう。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。