更新日
公開日

年越しそばの由来・意味や食べるタイミングはいつなのかを徹底解説

年越しそばの由来・意味や食べるタイミングはいつなのかを徹底解説
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

大晦日に欠かせない年越しそば。年越しそばを大晦日に食べる風習は、世界を見渡しても日本独自の文化で、当てはまる英単語もありません。英語ではsushi(寿司)のように、日本語のままtoshikoshi sobaと表現するのが妥当かもしれません。

そんな日本に根付いた文化である年越しそばですが、なぜ大晦日に年越しにそばを食べるのか、意外と知らない方も多いのではないでしょうか。このコラムでは、年越しそばの由来や食べる意味、食べるタイミング、地域ごとの特色について解説します。何気なく食べている年越しそばに込められた意味を知り、より一層美味しく年越しそばを堪能しましょう。

年越しそばの由来とは?

1.年越しそばの由来とは?

年越しそばの由来には諸説ありますが、一説には起源は鎌倉時代まで遡るといわれています。当時、現在の博多駅前にあった承天寺というお寺が、貧しく年が越せない人々にそば粉で作った餅をふるまったことが年越しそばの元祖だそう。

やがて、そば餅は運気の上昇を招くと評判になり、江戸時代中期頃から大晦日にそばを食べる習慣が広まったようです。そして「年越しそば」という呼び名が使われ始めたのは明治以降といわれています。そもそも、古くから救荒作物として育てられていたそばは、祭事に食べる縁起物でもありました。

ご当地そばとして有名な山形そばや戸隠そば、わんこそばなどは、ハレの日にふるまわれるものとして発展し、現在にも受け継がれています。また『本朝食鑑』という江戸時代中期の文献には、そばが身体に与える影響についての記述があり、当時からそばは健康食として認知されていたようです。

そして同時期には、縁起物かつ健康食であるそばが、毎月の月末や季節の節目に「みそかそば」「節分そば」の名で食べられるようになりました。「みそか」は月末、「節分」は立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日を指します。大晦日は旧暦の12月末日であり、かつ立春の節分から数日と離れていません。そのため大晦日には「みそかそば」と「節分そば」の両方の意味合いを含め、そばが食べられるようになりました。このように月や季節の締めくくりの時期に食べるそばが、徐々に年越しそばとして根付いていったと考えられています。

なぜ年越しそばを食べるのか?込められた意味を紹介

2.なぜ年越しそばを食べるのか?込められた意味を紹介

おせち料理が一品一品ゲンを担いだ意味が込められているように、年越しそばにも多くの願いが込められています。年越しそばの由来に諸説あるように、食べる理由もさまざまです。

薬味として入れられるネギにも、心を鎮めるという意味がある「労ぐ(ねぐ)」と、神職の「祢宜(ねぎ)」に掛けた縁起物とされるという説があります。

年越しそばを食べる代表的な理由は下記のとおりです。

  • 長寿、延命を願って食べられている

そばが細く長く伸びることから食べることで寿命が延びるとされ、長寿、延命を願って食べられたという説。

  • 健康を願って食べられている

そばは古くから五臓の毒を取るといわれており、健康に良いとされる説。

  • そばの生命力に縁起を担いで食べられている

そばは打たれ強い植物のため、そばの生命力に縁起を担ぎ、健康を願う説。

  • 厄災を断ち切るため食べられている

そばが切れやすいことから、一年の厄災を切り幸運な新年を迎えたいという説。

  • 良い縁が長く続くようにと食べられている

そばの長さから、良い縁が「長く」続くようにと願いを込められた説。

  • 金運を高めるために食べられている

散らばった金粉を集めるために金銀細工師がそばがきを使用したことから「金を集める」縁起ものであるとされる説。

「うどん」ではなく、どうして「そば」なの?

3.「うどん」ではなく、どうして「そば」なの?

年越しにそばを食べるのは、細く長いことから「長寿への願い」と、切れやすい食感にあやかって「厄災を断ち切る」というゲンが担がれていることが関係しています。では細く長い食べ物なら、うどんではだめなのでしょうか。

確かにうどんも細く長い形状をしていますが、注目すべきポイントは「切れやすい食感かどうか」にあります。「切れやすさ」に関しては、うどんよりそばの方に軍配があがるといえるでしょう。うどんにはグルテンという成分が含まれており、うどんの伸びを生み出しています。このグルテンはそばには含まれていないことからも、「厄災を断ち切る」というゲンを担ぐためには、うどんよりそばの方が適していました。

さらに11~12月は、晩秋に収穫されたそばが美味しく食べられるようになる時期になるため、大晦日は新そばを食べる良いタイミングであるともいえます。とはいえ「大晦日はうどんではなく絶対にそば!」と決まっているわけではありません。うどんの名産地である香川県を筆頭に、年越しにうどんを食べる地域もあります。

どれくらいの方が年越しにそばを食べているの?

どれくらいの方が年越しにそばを食べているの?

2021年にマイボイスコム株式会社が行ったアンケート調査によれば、お正月に年越しそばを食べている人は、51.9%です。一方で、そば以外に年越しに食べられる代表的な料理もあります。ここではその代表的なものをご紹介します。

  • うどん

讃岐うどんで有名な「うどん県」こと香川県では、年越しそばではなく「年越しうどん」を食べる習慣があります。なかには、白いうどんにかまぼこなどの赤い具材をトッピングして、器の中を紅白にした「年明けうどん」を食べる家庭もあるそうです。

  • お寿司

大晦日にお寿司を食べる家庭も多いようです。多彩な色がちりばめられた鮮やかなお寿司は、年越しのお祝いムードにぴったり。最近は出前のお寿司もあるため、親戚が集まった大人数の席でも楽しめるでしょう。お寿司はおもてなしの雰囲気も出るため、華やかに食卓を彩ることができます。

  • おせち料理

北海道や東北などの一部地域や家庭によっては、元旦ではなく大晦日からおせち料理を食べ始めるところもあるそうです。それぞれの品には縁起の良い意味が込められ、無事に年を越せることに感謝しながらいただくようです。

  • 年取り魚

大晦日に食べる魚を意味する「年取り魚」は、東日本では鮭、西日本ではブリを食べるのがポピュラーです。「めでたい」とかけて鯛を食べる家庭もあるようです。他にも、地域ごとにさまざまな魚が年取り魚として食べられています。

実は意味がある!年越しそばの具材

5.実は意味がある!年越しそばの具材

おせち料理と同様に、年越しそばを美しく彩る具材は、どれも縁起を担いだ象徴でもあります。

年越しそば以外でも、そばの具材にはさまざまな意味が込められています。例えば、きつねそばでお馴染みの油揚げには、商売運アップのゲンが担がれています。古くからある稲荷神社に油揚げをお供えする慣習は、お稲荷さんが農耕神と穀霊神を司る神として神社に祀られてきたことが発端と考えられています。現在ではお稲荷さんは商売の神様として崇められており、お稲荷さんの象徴である油揚げに商売運アップの意味が込められているそうです。

では、年越しそばを彩る具材には、どんな意味があるのでしょうか。年越しそばの各具材に込められた意味は以下のとおりです。

  • 紅白かまぼこ
紅白かまぼこ

紅白の組み合わせは「めでたさ」を表現し、紅には「魔除け」、白には「清浄」の意味があります。

  • 海老
海老

腰の曲線と長いひげからお年寄りが連想できるため「長寿祈願」のゲンが担がれています。

  • 鶏肉
鶏肉

鶏は新年1番に鳴くことから、縁起が良い動物といわれています。

  • 春菊
春菊

旬のものである春菊は、旬が意味する「繁栄」「繁盛」をもたらすとされています。

卵

黄身の美しい金色は「商売繁盛」「金運」につながるとされています。

  • ねぎ
ねぎ

「労う(ねぎらう)」という語呂合わせから縁起物とされています。

年越しそばを食べるタイミングはいつ?

6.年越しそばを食べるタイミングはいつ?

大晦日に縁起を担いで食べる年越しそばですが、大晦日のどのタイミングで食べるのが最もご利益があるのでしょうか。また年が明けてから食べてもご利益にあやかることができるのか、気になるところです。

年越しそばには「その年の厄災や苦労、不運を断ち切る」という意味があるため、年をまたいで食べるのは控えるべきという考えが一般的です。そのため、年越しそばは年を越す前、正確には除夜の鐘が鳴り始める前には食べ終わっているのが望ましいようです。

大半の家庭では、大晦日の夕食に年越しそばを食べるのが一般的ですが、なかには大晦日の朝食や昼食時など、早い時間に食べる家庭もあるようです。

とはいえ、食べるタイミングに明確な決まりはありません。福島県の会津地方をはじめ、地域によっては年越し後にそばを食べる「元旦そば」と呼ばれる風習もあります。ご自身の都合に合わせたタイミングで食べるのが良いでしょう。

地域によって食べるタイミングは大きく違う時も

年越しそばは食べるタイミングに決まりはなく、地域によって違いがあります。では、年越しそばを大晦日に食べる習慣のない地域では、どのタイミングでそばを食べるのでしょうか。

福島県にある会津地方の一部地域では、元旦もしくは2日にそばを食べる風習があります。会津地方ではお正月に食べるおせち料理がそばに当たり、お正月の縁起物としてそばが食べられているのです。

会津のそばは「高遠そば」と呼ばれ、かつては辛味大根のおろし汁に焼き味噌で食べるのがポピュラーでした。醤油やかつお節などの普及によって、今では醤油だれが主流です。

新潟県の一部の地域では「十四日そば」と呼ばれる、元日や小正月の前日に当たる1月14日にそばを食べる風習があります。これは、江戸時代に暦のうえで冬から春に変わる節分(2月3日)を1年の節目と考えられていたことが関係しています。

年越しそばは地域によっても特徴がある

8.年越しそばは地域によっても特徴がある

年越しそばを食べるタイミングだけではなく、そばの種類も地域によって千差万別です。

名産品をトッピングしたそばをはじめ、温・冷そばの違いや、日本そばでないものまでさまざまな種類があります。ここでは、各地域の年越しそばをご紹介します。

北海道・京都府の「にしんそば」

8-1. 北海道・京都府の「にしんそば」

にしんそばといえば北海道と京都が有名で、明治以降年越しそばとして親しまれています。北海道は濃口醤油の関東風であるのに対し、京都は透明感のある薄口だしが主流です。

岩手県の「わんこそば」

8-2. 岩手県の「わんこそば」

わんこそばは岩手ならではの「おもてなし」の心が堪能できる一品です。お給仕さんが小分けにしたそばを立て続けにお椀に入れてくれます。「もう満腹!」となったらお椀に蓋をしましょう。

福井県の「大根おろしそば」

8ー3. 福井県の「大根おろしそば」

400年以上の歴史を誇り、「越前おろしそば」とも呼ばれています。冷たいそばに辛味大根おろしをのせたものがポピュラーです。生醤油に大根おろし汁を合わせたものもあります。

新潟県の「へぎそば」

8ー4. 新潟県の「へぎそば」

新潟県魚沼地方が発祥のそばで、つなぎに布海苔を使った独特の風味とツルツルとした喉越しが楽しめます。1口分ずつを、「へぎ」と呼ばれる器に小分けに盛られた端正な外見が特徴です。

福岡県の「運そば」

運そばはうどんやそばの発祥の地とされる、福岡県博多区で食べられているそばで、かけそばの中にうどんを入れ「運が入ったそば」として食べられているというものです。そばの中にうどんを入れるという発想には驚きですが「運」を呼ぶそばとして今も根強く愛されています。

沖縄県の「ソーキそば」

8ー6.沖縄県の「ソーキそば」

ソーキそばは沖縄の郷土料理として知名度の高いそばです。近年は移住の方が増え沖縄でも年越しに日本そばを食べる家庭も多いようですが、沖縄の年越しそばといえばソーキそばが定番と考えられています。

おわりに

年越しそばは一年の厄を断ち切り、長寿や健康を願うために、今日でも多くの家庭で食べられています。乗せられている具材にもさまざまな願いが込められており、長寿や健康、幸運といった願いが込められた縁起物です。

「最近、年越しそばを食べていなかった」という方も、ぜひ今年の大晦日は年越しそばを食べてみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする