更新日
公開日

親に老後資金がない!子どもだからできる親を助ける方法とは?

親に老後資金がない!子どもだからできる親を助ける方法とは?
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

親がリタイアしたあと、老後生活や介護の問題に悩んでいないか不安に感じる子どもは多いのではないでしょうか。実際に介護が必要になった際に、親の老後資金が不足している場合は、何かしらの援助を行う必要があります。

親の老後資金不足に対して、子どもとしてどのように助けたら良いのか、また資金不足に陥った際の具体的な解決策についても解説します持ち家がある場合に利用できるおすすめの方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

リースバックの無料相談はこちら

東日本からお電話の方0120-155-465

西日本からお電話の方0120-723-739

※営業時間平日8:45~17:30(土日祝休み)

セゾンのリースバック

1.親世代の老後のお金事情

親のお金事情

平均年金受給額

平均年金受給額(月額)は約140,000円となっており、年額に換算すると約170万円です。
令和2年度厚生年金保険・国民年金事業の概況

60歳~69歳までの世帯の平均貯蓄額は約2,400万円、70歳以降だと約2,300万円です。
平均年収は60歳~69歳までだと約590万円、70歳以降は約440万円に下がります。
└総務省:家計調査報告 (貯蓄・負債編)

2.親の老後資金、子どもはどう支援すべき?

親の老後資金が厳しくなった際、子どもとしてどのような支援を行うべきなのでしょうか。まず1つ目に考えられるのは、なぜ資金繰りが難しくなったのか、その原因を突き止めることです。

生活レベルを落とさず、現役時代と同じ支出を続けていたのでは、家計の収支が赤字になる可能性は非常に高くなります。もし、無駄な支出が多いと感じるなら、家計の見直しをすすめてみましょう。

そして、自身の家計に余裕があるならば、許容範囲内で仕送りするという方法もあります賃貸住宅に住んでいるなどで家賃負担が大きい場合は、思い切って同居を考えてみましょう。

同居することで家賃負担や光熱費負担を減らせる場合もありますし、同居していることで親の健康状態に変化があった際にもすぐに対応できます。

3.お金のない親が利用できる制度もある

お金のない親が利用できる制度もある

もちろん、子どもからの支援だけではなく、親自身が利用できる制度もあります。具体的には以下の制度です。

親が利用できる制度2つ

  • 生活保護
  • 生活福祉資金貸付制度 

4.持ち家を活かして老後資金を確保する方法とは

実家を相続する前に考えるべきこと 

もし、親の家が持ち家であれば、それは資産として活用できますご紹介したような貸付制度を選ぶよりもリースバックを利用することをおすすめします。

リースバックとは、自宅を売却することでまとまった資金を得て、さらに賃料を支払うことで自宅に住み続けることができる仕組みです。自宅が資産のひとつであるとは分かっていても、売却するとなるとほかに移り住まなければならず、それが売却をためらう原因になっているケースは多いでしょう。

その点、リースバックであれば、売却しても自宅に住み続けることができるため、転居先を探す必要もなく、引っ越し費用などといった負担もありません。さらに、売却することで所有権がなくなることから、その後の固定資産税等の負担もありません。

セゾンファンデックスはプライム市場に上場しているクレディセゾンの100%子会社のため、安心して任せることができるでしょうまた、賃貸借契約中に貸主が変更になるなどの不安がないこともおすすめの理由として挙げられます。

リースバックの無料相談はこちら

東日本からお電話の方0120-155-465

西日本からお電話の方0120-723-739

※営業時間平日8:45~17:30(土日祝休み)

セゾンのリースバックの詳細はこちら

セゾンのリースバックの説明動画です。(音声が出ます。音量調整にご注意ください。)

不安だなと感じたらまずはお電話ください

老後資金不足の問題は、少子高齢化、そして日本の人口減少問題と共に見過ごすことができないものです。なかには早めに準備しておき、平均貯蓄額以上の貯蓄を備えている方もいますが、老後は何が起こるか分かりません。特に超高齢化社会となっている今、その貯蓄額が足りるという保証はありません

親がリタイアした際には、老後の資金は大丈夫か、自身にできることはないかをきちんと話し合い、可能な範囲で援助することも伝えておきましょう。そして、親の自宅が持ち家ならばリースバックを利用する方法もあることを伝え、意向を確認しておくことをおすすめしますそのためにはご自身がリースバックの特徴を理解し、メリットやデメリットをしっかりと把握しておきましょう。

もし、リースバックに興味を持たれたなら、セゾンのリースバックがどのようなものか、公式WEBサイトを一度チェックしてみてください。リースバックには老後資金の確保以外にもさまざまな活用法がありますので、ご自身が生活していくうえで参考になる事例が見つかるかもしれません。

リースバックの無料相談はこちら

東日本からお電話の方0120-155-465

西日本からお電話の方0120-723-739

※営業時間平日8:45~17:30(土日祝休み)

セゾンのリースバックの詳細はこちら 

セゾンのリースバック

あなたにおすすめのコラム

【貸付条件一覧】セゾンファンデックス

【不動産担保ローン(フリーコース)】
ご融資額:100~3,000万円
ご融資年率:6.8%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~180回/5年~15年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【住宅ローン】【親族間売買ローン】【遺産分割ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産投資ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~5.15%※2023年7月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産担保ローン(リフォームコース)】
ご融資額:100万~1億円
ご融資年率:変動金利 3.75%~4.55%※2023年4月時点(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~360回/5年~30年
ご返済方式:毎月元利均等払い(個人の場合ボーナス併用払い可)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:法人の場合原則代表者の保証要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【事業者用不動産担保ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:変動金利 2.75%~4.55%※2023年4月時点・固定金利4.5%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:60回~300回/5年~25年
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
保証:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【不動産売却前提ローン】
ご融資額:100万円~5億円
ご融資年率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:1回~24回/最長2年
ご返済方式:期日一括返済方式(最終返済期日までは毎月利息払い)
遅延損害金:年率 20.00%
担保:不動産
連帯保証人:原則不要
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の1.65%以内(税込)、調査料 融資額の0.55%以内(税込)、収入印紙代相当額、登記費用(実費)、振込手数料(実費)
***************************************************************
【かんたん安心カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1~60回/1~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、1回払い
遅延損害金:年率 9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【かんたん安心フリーローン】
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.8%~17.4%
ご返済回数・期間:6~96回/6~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
1) 毎月1回返済(ボーナス併用あり)
2) 2ヶ月に1回返済(60歳以上の方限定)
遅延損害金:年率 12.84%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【個人事業主専用カードローン】
ご融資額:1~500万円
ご融資利率:実質年率6.5%~17.8%
ご返済回数・期間:1回~60回・1ヵ月~60ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式、 1回払い
遅延損害金:年率9.49%~20.00%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【リフォームローン】
ご融資額:30~500万円
ご融資利率:実質年率3.8%~10.9%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:毎月元利均等払いまたはボーナス併用払いのいずれか
遅延損害金:年率5.54%~15.91%
担保・保証人:不要
***************************************************************
【POファイナンス】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(受注金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【POファイナンス(補助金対応)】
ご融資額:原則300万円~5億円・電子記録債権金額の範囲内(補助金交付金額が上限)
ご融資利率:固定金利 3.65%~9.9%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:36回以内・3年以内
ご返済方式:期日一括返済方式
遅延損害金:年率 20.00%
担保:原則電子記録債権※ほかに担保として動産もしくは不動産を提供していただく場合があります。
連帯保証人:原則代表者個人の連帯保証
契約時の諸費用:事務手数料 融資額の2.2%以内(税込)収入印紙代相当額、振込手数料(実費)
***************************************************************
【マンション管理組合ローン】
ご融資額:100万円~2億円
ご融資年率:変動金利 2.65%~3.65%※2023年4月1日現在・固定金利4.65%、5.65%、6.65%(実質年率15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~240回/1年~20年(1年単位)
ご返済方式:毎月元利均等払い
遅延損害金:年率 15.00%
担保:不要
連帯保証人:不要
契約時の諸費用:収入印紙代相当額、振込手数料(実費)

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする