ゴルフを嗜んでおくことのメリットとは?

URLをコピーしました。
ゴルフを嗜んでおくことのメリットとは?

「あ、すみません。その日は予定がありまして……!」上司や取引先の方にゴルフに誘われて、実際は用事があるわけでもないのに、思わずこう答えたことはありませんか。そんなとき内心では、「特に興味もないゴルフで、しかも気を遣いながら1日を過ごすなんて嫌だ」と思っていたかもしれません。確かに、貴重な休日を興味のないことに費やすのは気が向かないですよね。

しかし、その選択で大きな損をしているかもしれません。実は、若くしてトップクラスの成績を残しているビジネスマン、特に営業職の方には、ゴルフを嗜んでいる方が大勢いるのです。彼らの多くは、ゴルフにビジネス的なメリットを感じています。そんな彼らは、ゴルフを嗜むことにどのようなメリットを感じているのでしょうか。

1.なぜゴルフが敬遠されているのか

若いビジネスマンの多くが、ゴルフに行くことを敬遠する傾向にあります。その主な理由は、上述したように「貴重な休日を費やすのが嫌」というものです。現代の若いビジネスマンは、仕事とプライベートをきっちりと分ける方が多くいます。だからこそ、休日くらいは仕事から離れて、自分自身の好きなように過ごして羽を伸ばしたいと考えるのでしょう。

確かに、仕事とプライベートを分けることはとても大切ですが、若い今だからこそ、ビジネスマンとしての自身の成長のために先行投資をするという考え方もできるのではないでしょうか。仕事で成功を収めたいと考えている方なら、なおさらです。

2.ゴルフを行うことで得られるメリット

彼らは、主に以下のようなメリットをゴルフに見出しています。

2-1.信頼関係を築きやすい

ビジネスマンにとって最も重要なことは、社内外を問わず、仕事をする相手との信頼関係です。信頼関係を築くには、まずは距離を縮めなくてはなりません。商談などでは、仕事中であるため相手との距離を縮めることはなかなか難しいもの。その点、ゴルフは長時間ともに過ごすことができるため、普段ならなかなか話せないプライベートな話をしやすく、相手との距離を縮めて信頼関係を築くにはもってこいなのです。

 2-2.通常なら会えないであろう重役との商談もできる?

会社における決定権がある経営者や重役は、普段の仕事の際には多忙で会えないことがしばしばあります。しかし、多忙を極める経営者や重役でも、休日のゴルフに参加するため、その前後なら時間が取れるという可能性もあります。信頼関係を築きつつ、一気に仕事の話を進めることができるチャンスがそこにあるかもしれません。

2-3.仕事に役立つ力が身に付く

上司や取引先の方とのゴルフを経験することによって、コミュニケーション力や段取り良く企画する能力、アピール力などさまざまな「仕事に役立つ能力」が身に付きます。その中で注目したいのが、プレッシャーに負けない精神力を養えるという点です。ゴルフは、ともにコースを回っている方々や後続の方々に迷惑をかけないようにしながら、ベストのスコアを出すため集中して打つことになります。その状況が、プレッシャーに負けない精神力やここぞというときの集中力を鍛えることにつながるのです。

3.どのくらい費用が必要か?

ビジネスマンにとってメリットの大きいゴルフ。始めるにあたって知っておきたいのが、ゴルフを始めるときにかかる費用です。ゴルフを始めるには、ウェア、シューズ、ゴルフボール、手袋、キャディバッグなど、必要なものがたくさんあります。安いもので揃えても、6万~7万円はかかってしまうのです。また、ゴルフ場へ向かうためのレンタカー代、ガソリン代、高速代などの交通費やプレイ料金で、1回につき2万円くらいは必要になります。今後のキャリアのための先行投資として、ゴルフ用品を揃えておいて損はないでしょう。

おわりに

前述したようなメリットがあることから、ビジネスマンの多くが嗜んでいるゴルフ。仕事での成功を目指すならば、ぜひ嗜んでおくことをおすすめします。まずは道具をそろえて友人と打ちっぱなしから始め、半年後くらいにコースデビューを目指してみてはいかがでしょうか。次の社内ゴルフコンペには参加できるように、準備しておきましょう!ゴルフデビューのまとまった費用が今すぐ必要な方!

MONEY CARDの詳細はこちら