更新日
公開日

団体信用生命保険(団信)に入れない場合でも住宅ローンは組める?団信の審査に落ちたときの対処法

団体信用生命保険(団信)に入れない場合でも住宅ローンは組める?団信の審査に落ちたときの対処法
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

住宅ローンを組むとき、多くの場合に申し込む「団体信用生命保険(団信)」ですが、加入できない場合があることをご存知ですか?この記事では、団信に入れないケースや、入れなかった場合の対処法について解説していきます。

住宅ローンを組んで住宅を購入しようと考えている方、団信について知らないという方は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること

団信は、住宅ローンの契約者が死亡するなど、万が一のことがあった場合に残りのローン返済額を保障してくれる保険です。

団信に加入するには、健康状態の告知が必要です。

もしも、団信に入れない場合は、「ワイド団信に加入する」「契約者を変更する」「団信なしの住宅ローンにする」といった方法があります。団信なしの住宅ローンを組む場合は、万が一のときに債務を賄えるよう、死亡保険などで対策をすることが大切です。

住宅ローン相談窓口
住宅ローン相談窓口

1.団体信用生命保険(団信)とはどんなもの?

団体信用生命保険(団信)とはどんなもの?

団体信用生命保険は、住宅ローンの契約者が死亡したり高度障害状態になったりして、住宅ローンを支払えなくなったときに備えるための保険です。万が一のことがあったときは、保険会社が契約者の代わりに住宅ローンの支払いをしてくれます。

団信は生命保険の一種ですが、一般的な生命保険とは大きく異なります。団信は住宅ローンの契約をした金融機関に直接支払われるため、保険金は残された家族には支払われません。その代わり、家族は住宅ローンの返済を気にすることなく、購入した家に住み続けられるメリットがあります。また多くの場合、団信の保険料は住宅ローンの金利に含まれていて、別途負担する必要がないことも特徴です。

1-1.住宅ローンを組むには団体信用生命保険(団信)に入るのが必須?

住宅ローンを借りる際は、通常、団信への加入が必須条件になっています。ただし、団信に加入するには審査を通過しなければならず、持病や病歴があると加入できない可能性があります。

団信に加入できないと住宅ローンの契約ができないことになるため、加入条件や入れなかったときの対処法を把握しておくことが大切です。

2.団体信用生命保険(団信)の種類

団信には死亡保障がある一般的な団信のほかに、がん保障や3大疾病保障など特約付きの団信もあります。金融機関によって、保障内容や団信の名称が異なる場合がありますが、大まかにどのような団信なのか確認しておきましょう。

2-1.ワイド団信

ワイド団信は、一般的な団信よりも加入条件が緩和され、高血圧症や糖尿病など、持病を持っている方も加入しやすい団信です。保障は死亡時と高度障害状態になったときに受けられ、一般的な団信と変わりませんが、保険料は通常の団信の料率に加えて住宅ローン金利に上乗せされます。保険料が上乗せされる割合は0.2%~0.3%程度が多いでしょう。

2-2.がん保障特約付き団信

がん保障特約付き団信は、一般的な団信の保障にプラスして、がんの診断を受けたときも保障を受けられる団信です。

医師によって初めてがんと診断された場合に保障の対象になり、保険料は同じく住宅ローン金利に上乗せとなります。金利に上乗せされる割合の目安は0.1%~0.2%程度です。また、がん保障特約付き団信の中には、住宅ローンが100%免除されるプランの他に、50%免除されるプラン等もあります。

2-3.3大疾病保障付き団信

3大疾病保障付き団信は、通常の団信の保障に、がん、脳卒中、急性心筋梗塞の保障を加えた団信です。3大疾病のいずれかに診断され、所定の状態になった場合に保障が受けられます。

「所定の状態」がどういった内容なのかはプランによって異なるため、金融機関に確認しましょう。保険料は金利に上乗せされる仕組みで、大体0.2%程度でしょう。

2-4.7大疾病保障付き団信

7大疾病保障付き団信

7大疾病保障特約付き団信は、3大疾病に加え、糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変、慢性腎不全などの4種類の生活習慣病に対しても保障が受けられる団信です。保険料は、大体0.3%程度、住宅ローン金利に上乗せされます。

2-5.8大疾病保障付き団信

8大疾病保障特約付き団信は、7大疾病に、慢性膵炎への保障を加えた団信です。保険料は住宅ローン金利に0.3%程度上乗せとなるでしょう。

団信の中には、8大疾病よりもさらに対象の病気を増やした、9大疾病保障、11大疾病保障が付いた団信もあります。対象の病気が多いほど保障が充実していると思いがちですが、「就労不能状態が1年以上」など、保障を受けられる条件が厳しい場合もあるため、内容をよく検討することが大切です。

参照元:団体信用生命保険(団信)に入れない場合は?こうすれば住宅ローンを契約できる!「団体信用生命保険」徹底比較!住宅ローンでおすすめの団信は?【2023年2月版】|ダイヤモンド不動産研究所

3.知っておきたい団体信用生命保険の基礎知識

団信は生命保険の一種であるため、加入するには健康状態を告知することが必要です。団信の審査基準は生命保険会社によりますが、持病や病歴がある方などは入れないケースもあります。

では、どういった場合に団信に入れないのか、加入条件や必要な告知内容を確認しましょう。

3-1. 団体信用生命保険(団信)の加入条件

団信にはさまざまな種類がありますが、基本的な加入条件は年齢と健康状態です。年齢に関しては、多くの金融機関で申し込み年齢が70歳未満と設定されています。また、健康状態は告知書に必要な項目を記入し、告知内容によって加入できるか審査されます。

3-2.団体信用生命保険(団信)に必要な告知内容

団信の加入に必要な告知内容の例は以下のとおりです。

  • 最近3ヵ月以内に医師の治療や投薬を受けたことがあるか
  • 過去3年以内に対象の病気で手術を受けた、または2週間以上医師の治療・投薬を受けたことがあるか
  • 手足の欠損・機能障害、視力・聴力・言語・背骨(脊柱)・咀しゃく機能に障害があるか

告知に必要な医師の治療には、指示・指導を含みます。告知書では、まずこれらの質問に対して「あり」「なし」のいずれかを記入します。そして、「あり」の場合は、病名や症状、治療・投薬を受けた期間、入院期間、手術の有無などを記入します。

また、病気やケガが治療中か、完治しているのかという点も、審査において重要なポイントです。現在治療中の高血圧症、糖尿病、肝疾患などは直近の検査数値を記入する欄もありますので、詳しく記入するようにしましょう。

3-3.過去3年以内に治療している場合に告知が必要な病気

過去3年以内に手術や、2週間以上の治療・投薬を受けた場合に告知が必要な病気の一例をご紹介します。

脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)、脳動脈硬化症 など
心臓心筋梗塞、狭心症、心臓弁膜症、心筋症、先天性心臓病、高血圧症、不整脈 など
神経疾患神経症、てんかん、自律神経失調症、アルコール依存症、薬物依存症、精神病、うつ病、知的障害、認知症 など
がんがん、白血病、肉腫、腫瘍、ポリープ など
胃腸・肝臓・腎臓・膵臓胃潰瘍、十二指腸潰瘍、肝炎、肝硬変、腎炎、腎不全、膵臓炎 など
眼疾患緑内障、角膜・網膜の病気 など
代謝異常・免疫疾患糖尿病、貧血症、リウマチ、紫斑症、膠原病 など
呼吸器疾患慢性気管支炎、喘息、気管支拡張症、肺気腫、肺結核 など
婦人科系子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、乳腺症 など

告知が必要な項目に該当すると、団信に入れない可能性があります。ただし、病気の治療や投薬を受けていることで、審査にどう影響するかは金融機関によって多少差があるものです。持病があっても、絶対に団信には入れないというわけではありませんので、告知内容は正確に記入しましょう。

なお、告知が必要な病気については告知書に記載があります。詳しくは加入申し込みをする団信の告知書をご確認ください。

3-4.告知義務違反をすると契約解除に!?

告知義務違反をすると契約解除に!?

告知内容は、団信に加入できるかどうかの重要な判断材料です。もしも事実と異なる告知をした場合は告知義務違反になり、団信が契約解除になってしまう恐れがあります。団信に加入できないと希望した住宅ローンの契約ができなくなってしまいます。

すでに住宅ローンの契約を済ませている場合は、残りのローンの一括返済を請求されるケースもあるため、正直に告知をすることが大切です。

4.団体信用生命保険(団信)に入れない場合はどうする?

団信の審査では、持病や病歴の状況によっては団信に入れない場合があります。では、団信に入れない方は住宅ローンを利用できないのでしょうか?

実は団信に入れなかった場合でも、住宅ローンを組む方法はあります。ここでは具体的な対処法を見ていきましょう。

4-1.ワイド団信に加入する

ワイド団信は、持病がある方でも加入できるように条件が緩和されている団信です。そのため、一般的な団信に入れない場合でも、ワイド団信なら加入できる可能性があります。糖尿病や高血圧症など、持病がある方はワイド団信を検討してみると良いでしょう。

・ワイド団信に加入するときの注意点

ワイド団信は、一般的な団信よりも加入条件は緩くなっていますが、保険料は割り増しになります。

また、加入条件が緩いといっても、現在の健康状態によっては審査を通過できないケースもあるため注意しましょう。さらに、金融機関によってはワイド団信の取り扱いがない場合があり、希望する金融機関を利用できない可能性があります。

4-2.契約者を変更する

一般的な団信とワイド団信のどちらにも入れない場合は、配偶者名義にするなど、住宅ローンの契約者を変更するのもひとつの手です。

また「連帯債務型」の住宅ローンなら、夫婦2人の名義で申し込みができます。夫婦2人の名義の場合は、どちらか主な債務者に団信を付けることが条件となるため、健康状態の良い方が主な債務者になれば団信の審査も通過しやすいでしょう。

・契約者を変更するときの注意点

団信の審査を通過するためには、契約する配偶者が健康な状態であることが必要です。また、住宅ローンの名義を配偶者単独に変更する場合は、配偶者にも住宅ローン審査に通るレベルの収入がなければなりません。

そのため、配偶者の雇用形態がパートやアルバイトといった場合は、年収を考えると住宅ローンの審査を通過するのは厳しいといえます。

一方、夫婦が連帯債務者として住宅ローンを組む場合は、夫婦の収入を合算し、世帯収入によって審査が行われます。この場合は、夫婦のどちらかがパートやアルバイトといった働き方でもローン審査を通過できる可能性が高くなるでしょう。

4-3.団信なしの住宅ローンにする

団信なしの住宅ローンにする

住宅ローンはほとんどの場合、団信に加入することが必須です。しかし「フラット35」など、団信へ加入しなくても契約できる住宅ローンもあります。一般的な団信も、ワイド団信も入れないという場合は、団信なしの住宅ローンを検討すると良いでしょう。

・フラット35

「フラット35」は住宅金融支援機構による住宅ローンで、団信への加入が任意となっているため、団信へ入れなくても住宅ローンの契約ができます。

フラット35は全期間固定金利のため、変動金利型の住宅ローン商品よりも金利は高めです。一方、借り入れる際に完済までの返済額が決まることで資金計画が立てやすいメリットがあります。

団信加入への不安がある方は、団信への加入が任意の「セゾンのフラット35」をおすすめします。全期間固定金利となっており、保証料や繰り上げ返済手数料などが無料です。ぜひ一度お問合せしてみてはいかがでしょうか。

自己資金を用意できる方はセゾンのフラット35(保証型)であれば、金利も低く利用することができます。

保証型のセゾンのフラット35の詳細はこちら

・団信なしの住宅ローンに加入する場合の注意点

契約者に万が一のことがあっても、団信に加入していれば保険会社が住宅ローンを支払ってくれます。しかし、団信なしの住宅ローンを契約する場合は、万が一のときに債務が残るため、団信の代わりになる対策が必要です。団信に代わる対策としては、生命保険に加入する方法が考えられます。

4-4.住宅ローンの相談は「住宅ローン相談窓口」がおすすめ

住宅ローンの団信や資金のことについて知りたい方は、クレディセゾンが提携しているiYell(いえーる)の提供する「住宅ローンの相談窓口」がおすすめです。各家庭の状況に合わせて最適なプランを提案し、難しい住宅ローン選びをサポートしてくれます。詳しくはこちらをチェックしてみてください。

住宅ローンの相談窓口の詳細はこちら

住宅ローン相談窓口
住宅ローン相談窓口

5.住宅ローンを組んだら生命保険の見直しを

団信に加入でき、住宅ローンの契約もできたら、加入している生命保険の内容を見直した方が良いでしょう。特に、死亡保障の部分を見直すことをおすすめします。

5-1.団信なしの場合は死亡保険への加入を検討しよう

団信なしの住宅ローンを組んだら、団信に代わる対策が必要とお伝えしました。そのひとつとして、死亡保険で備える方法があります。

特に、持病がある方でも入りやすい「引受基準緩和型」の死亡保険であれば、健康状態によって団信に入れなかった方でも加入できる可能性が高いといえます。保険料は通常の死亡保険より割高であるため、保障内容は必要なものだけに絞るなど、よく検討することが大切です。

5-2.団信と保障が重複する場合がある

団信と保障が重複する場合がある

団信、ワイド団信に加入していれば、契約者が万が一死亡した場合でもしっかりと住宅ローンの保障を受けることができます。そのため、生命保険で住宅ローン分の保障を備えている場合は、保障が重複してしまうのです。住宅ローンを組んだら、生命保険の保障内容を、団信と重複しないように見直すと良いでしょう。

5-3.死亡保障の金額の見直し

加入している生命保険の死亡保障の金額が、今の状況と合っているか検討することも大切です。もしも死亡保障に住居費分が入っているなら、その分の保険金は必要ないでしょう。

ただし、小さい子どもがいる場合は、万が一死亡したときに保険金を教育資金として遺せるため、保険金の減額は慎重に検討した方が良いでしょう。

おわりに

ほとんどの住宅ローンでは団信への加入が必須です。しかし、持病や病歴によっては団信に入れないこともあるでしょう。ただし、団信に入れない方でも、住宅ローンを組む方法はあります。ご自身の健康状態に不安がある方は、団信に入れないときにどうするか、対応策を考えておくと良いでしょう。

【貸付条件一覧】クレディセゾン

ーーーーーーーーー
セゾンカードローン/MONEY CARD(クレディセゾン)
セゾンカードローン ゴールド/MONEY CARD GOLD(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 8.0%~17.7%
ご返済回数・期間:1~140回/1~140ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 7.3%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
メンバーズローン(クレディセゾン)
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.0%~15.0%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
遅延損害金:年率11.68%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
セゾンカード/ゴールドカードセゾン(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 12.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1~110回/1~110ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 17.52%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
UCカード/UCゴールドカード(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~160回/1ヵ月~160ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、元金定額返済方式・ボーナス月元金増額返済方式・ボーナス月のみ元金定額返済方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
ローソンPontaカード・キャッシング(クレディセゾン)
ご融資額:1~100万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~45回/1ヵ月~45ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
リフォームローン
ご融資額:30~500万円(1万円単位)
ご融資利率:長期プライムレート(みずほ銀行)+2.50%(実質年率 15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~420回/12ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:33,000円(税込) ※消費税は融資日の税率を適用
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構買取型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.911%~2.109% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:180回~420回、180ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:
<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は110,000円(税込)
<定額タイプ>55,000円以内
担保:融資対象となる土地・建物に、住宅金融支援機構を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構保証型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.850%~15.000% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:119回~419回、119ヵ月~419ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率14.5%
融資事務手数料:<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
担保:融資対象となる土地・建物に、当社を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要

ーーーーーーーーー
株式会社クレディセゾン
貸金業者登録番号
関東財務局長(14)第00085号
日本貸金業協会会員 第002346号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関の名称
日本貸金業協会 貸金業務相談・紛争解決センター

TEL:0570-051-051
(受付時間9:00〜17:00 休:土、日、祝日、年末年始)

※貸付条件をよくご確認のうえ、計画的にご利用ください。
※当社所定の審査がございます。審査によりご希望の意に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。