更新日
公開日

【これで解決】クレジットカードのキャッシングができない理由は5つ!対処方法を合わせて紹介

【これで解決】クレジットカードのキャッシングができない理由は5つ!対処方法を合わせて紹介
セゾンのくらし大研究 編集部

執筆者
セゾンのくらし大研究 編集部

豊かなくらしに必要な「お金」「健康」「家族」に関する困りごとや悩みごとを解決するために役立つ情報を、編集部メンバーが選りすぐってお届けします。

クレジットカードのキャッシングは、急な入用の際に大変便利です。しかし、正しい知識を持たずに使っていると、必要な時にキャッシングができなくなる恐れがあります。利用できない原因がわからず、対処に困ったことがある方がいらっしゃるのではないでしょうか。

本コラムでは、キャッシングを便利に利用するために、以下の4点を説明します。

  • キャッシングができない5つの理由と対処法
  • キャッシングの申込みから利用までの手順
  • キャッシングとカードローンとの比較
  • キャッシングの利用におすすめのクレジットカード

ぜひ参考にしてみてください。

04_SAISON CARD Digitalの詳細はこちら

1.クレジットカードのキャッシングができない5つの理由と対処法

キャッシングが突然利用できなくなり、原因がわからず困っている方がいるのではないでしょうか。ここでは、利用できなくなった原因と再開方法を合わせて説明します。

1-1.借入限度額の超過

借入限度額を超過している場合、キャッシングが利用できなくなります借入限度額とは、利用者がキャッシングできる金額の上限です。借入限度額には既に借り入れている残高も含まれます。例えば、借入限度額が50万円のカードで既に30万円を借り入れている場合、キャッシングできる金額は20万円弱になります。

また、クレジットカードのショッピングの利用によって限度額を超過している場合もあります。基本的にはクレジットカードの利用限度額は、ショッピングとキャッシング、それぞれの枠が準備されています。注意が必要なのは、2つの枠を合わせて借入限度額となっている場合です。ショッピングでの利用が多く、キャッシングで利用できる金額が圧迫されたことで、借入ができない場合もあります。

借入限度額がご自身の必要金額に対して少ない場合は、増額を申し込むことができます。しかし、クレジットカード会社の審査が必須で、1週間程度の時間が必要です。ただし、クレジットカード会社によっては、借入限度額の増額はショッピング枠のみの場合もあるので注意してください。

1-2.返済の遅延

クレジットカードの返済が遅延した場合、キャッシングの利用ができなくなる場合があります。支払日に、口座から引き落としができなかったことなどが原因です。利用停止になるタイミングは、クレジットカード会社によって異なります。

利用を再開するためには、ATMや銀行振込みなどの方法で、遅延している金額を支払う必要があります。返済の遅延が続くと、利用停止となるだけでなく、強制解約になる場合もあります。なお、それらの情報は外部信用情報機関に登録されます。返済の遅延には十分注意し、もし遅れてしまった場合は速やかに振り込みなどで支払いましょう。

1-3.ATMが非対応

ATMでキャッシングができなかった時は、利用しているATMが自身のクレジットカードに対応していない可能性があります。クレジットカードは、すべての金融機関やコンビニのATMに対応しているわけではありません。自身のクレジットカードが対応しているATMを、クレジットカード会社のWebサイト等で確認しておきましょう。

1-4.クレジットカードの磁気・ICチップの不良

クレジットカードの磁気コードやICチップの不良が原因で、キャッシングできない場合があります。磁気コードは強い磁気に触れたり、傷がついたりすると正常に反応しない場合があります。ICチップは磁気コードより摩耗には強いものの、静電気や汚れに弱い特徴があります。

磁気テープやICチップの状態を確認し、汚れを拭くなどの処置で直らない場合は、クレジットカードの再発行手続きをしましょう。再発行には、1週間程度の時間が必要です。

1-5.キャッシング枠がクレジットカードについていない

キャッシング枠がクレジットカードに付いているか、確認しましょう。キャッシング機能は、クレジットカードの契約の際に、自動的に付帯されるものではありません。キャッシング機能付帯の有無は、クレジットカード会社に電話や会員サービスページで確認できます。

もしクレジットカード契約時にキャッシング機能を付けていなかったとしても、あとから追加が可能です。追加には審査が必要です。必ずキャッシング機能を付けられるわけではありません。また、審査には、1週間程度の時間が必要となります。

2.クレジットカードのキャッシングを利用する方法

キャッシングの利用申込みから、返済までの手順を説明します。これまでキャッシングを利用したことがない方は、審査に1週間程度の時間が必要な点にご注意ください。

2-1.申込み方法

キャッシングの利用申込みは、新規にクレジットカードを契約する場合と、キャッシング枠を追加する場合で手続きが異なります。新規にクレジットカードを契約する場合は、契約時にキャッシングを合わせて申し込みが可能です。

キャッシングの審査は、クレジットカード契約の審査と併せて行われます。キャッシング申込み時に必要な主な書類は「本人確認書類」と、場合によっては「収入証明書」が必要です。それぞれの具体的な書類を、以下の表にまとめました。参考にしてください。

本人確認書類運転免許証、保険証、マイナンバーカード、特別永住者証明書や在留カード
収入証明書給与明細書、源泉徴収票、課税証明書、確定申告書等

キャッシング枠を追加する場合は、クレジットカード会社にキャッシング枠追加の申込みを行います。その際は審査が必要となり、1週間程度の時間が必要です。キャッシングの借入限度額は、いずれの場合も審査を経て決定されます。

2-2.借入方法

クレジットカード会社が提携している銀行やコンビニのATMなどで、借入が可能です。ただし、ATMの利用には手数料がかかります。提携しているATMはクレジットカード会社によって異なるため、Webサイト等でご確認ください。また、提携しているATMであっても、返済のみに対応している場合があります。

ATMでの利用以外にも、オンラインでのキャッシングも可能です。セゾンカードが提供している「ONLINEキャッシング」では、インターネット上でキャッシングの利用を申込み、指定の口座に借入金額が振り込まれます。プラスチックカードが不要で、ATMに行く手間を省けるため、お急ぎの際にたいへん便利です。

2-3.返済方法

返済は「1回払い」または「リボ払い」のいずれかを選択できます。1回払いは、毎月の締切日までのご利用金額を、ご請求月に一括して引き落とされます。翌月一括払いは、利用した翌月に、支払い口座から一括で引き落とされます。

リボ払いは、複数回に分けて支払いをする方法です。毎月定額で支払いをする「定額方式」と、返済残高に応じて金額が変動する「残高スライド方式」を選択できます。それぞれの特徴は、以下の表のとおりです。

定額方式あらかじめ決めた金額を毎月支払う方法。
毎月の支払額が変動しないため、家計管理がしやすく、着実に返済ができる。
残高スライド方式返済残高の減少に合わせて、毎月の支払額が少なくなる方法。
支払額が徐々に少なくなる点がメリット。

返済金額には、元本と利息が含まれます。返済期間が長くなるにつれ、利息の負担が大きくなります。利息の負担を減らしたい方は、短期間で完済できるように計画を立てましょう。

3.多額の借入にはカードローンがおすすめ

借入の方法には、キャッシングのほかにカードローンの利用ができます。多額の借入をする場合は、キャッシングよりもカードローンの方がおすすめです。両者を比較するポイントは「借入できる金額」と「手数料(実質年率)」です。

カードローンは、キャッシングよりも借入金額が高く設定されているため、多額の借入に向いています。多くのカードローンの借入可能額は、300万円程度です。ただし実際に借入可能な金額は、貸金業法で利用者の年収の1/3までと定められています。

また、融資利率(実質年率)はカードローンの方が低く設定されており、長期間の返済に適した仕組みです。クレディセゾンのキャッシングとカードローンの融資利率(実質年率)は、以下のとおりです。

キャッシングの融資利率(実質年率)カードローンの融資利率(実質年率)
クレディセゾン12.0%~18.0%6.47%~17.7%

以上のことから、多額の借入にはキャッシングよりもカードローンが適しています。しかし、カードローンは、クレジットカードとは別に、審査を経てローン専用のカード(カードローン)を新規に作成する必要があります。

クレディセゾンでは、カードローンとして、MONEY CARD(マネーカード)というカードローンを用意しています

MONEY CARD
MONEY CARD

MONEY CARD(マネーカード)の説明動画です。(音声が出ます。音量調整にご注意ください。)

4.キャッシングは「SAISON CARD Digital」が便利

キャッシングは、急なご入用の際に大変便利なサービスです。キャッシングをより便利に利用するために「クレジットカードを即日から利用したい」「すぐに借入金を口座に振り込んでほしい」という方がいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、そのような方におすすめのデジタルカード「SAISON CARD Digital」及び「ONLINEキャッシング」をご紹介します。

SAISON CARD Digitalの詳細はこちら

4-1.「SAISON CARD Digital」なら最短5分で発行

SAISON CARD Digital」は、公式スマホアプリ「セゾンPortal」にカード番号などの情報が入ったデジタルカードです。申込みから最短5分で利用できるため、お急ぎの際に便利です。スマホがあればカード番号やセキュリティコードが確認できるため、プラスチックカード不要で、デジタルカード発行後すぐにキャッシングが利用できます。

4-2.「ONLINEキャッシング」を使えばATMに行かなくてもキャシングできる

セゾンカードの「ONLINEキャッシング」は、オンラインでキャッシングできるため、ATMに行く手間を減らせます。ONLINEキャッシングはインターネット上で申込みをすると、指定の口座に振込をしてもらえるサービスです。平日午後2時半までに申込みすれば即口座に入金され、それ以降の時間であっても、翌営業日9時以降に入金されます

クレジットカードの支払日の直前に「引き落とし口座にお金がない」という時にも、当日即借入ができれば安心です。急な借入が必要な際は「SAISON CARD Digital」と合わせて、ご利用ください。

セゾンカードの「ONLINEキャッシング」については『セゾンカードのオンラインキャッシング|使って便利!使って納得!』で詳しく解説しています。併せてご参考ください。

おわりに

キャッシングを利用できない原因が思い当たらない時には、まず借入限度額を超過していないか確認しましょう。ショッピング利用と合わせると、借入限度額を超過している場合があります。また支払いに遅れることがないように、キャッシングの利用状況はきちんと把握しておきましょう

【貸付条件一覧】クレディセゾン

ーーーーーーーーー
セゾンカードローン/MONEY CARD(クレディセゾン)
セゾンカードローン ゴールド/MONEY CARD GOLD(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 8.0%~17.7%
ご返済回数・期間:1~140回/1~140ヵ月
ご返済方式:定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 7.3%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
メンバーズローン(クレディセゾン)
ご融資額:10~300万円
ご融資利率:実質年率8.0%~15.0%
ご返済回数・期間:6回~96回・6ヵ月~96ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式
遅延損害金:年率11.68%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
セゾンカード/ゴールドカードセゾン(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 12.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1~110回/1~110ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 17.52%~20.00%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
UCカード/UCゴールドカード(クレディセゾン)
ご融資額:1~300万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~160回/1ヵ月~160ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、元金定額返済方式・ボーナス月元金増額返済方式・ボーナス月のみ元金定額返済方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
ローソンPontaカード・キャッシング(クレディセゾン)
ご融資額:1~100万円
ご融資利率:実質年率 15.0%~18.0%
ご返済回数・期間:1回~45回/1ヵ月~45ヵ月
ご返済方式:一括返済方式、定額リボルビング方式
遅延損害金:年率 20.0%
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
リフォームローン
ご融資額:30~500万円(1万円単位)
ご融資利率:長期プライムレート(みずほ銀行)+2.50%(実質年率 15.0%以内)
ご返済回数・期間:12回~420回/12ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:33,000円(税込) ※消費税は融資日の税率を適用
担保・保証人:不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構買取型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.911%~2.109% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:180回~420回、180ヵ月~420ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率 14.5%(365日の日割り計算)
融資事務手数料:
<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は110,000円(税込)
<定額タイプ>55,000円以内
担保:融資対象となる土地・建物に、住宅金融支援機構を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要
ーーーーーーーーー
長期固定金利住宅ローン「フラット35」 住宅金融支援機構保証型
ご融資額:100万円~8,000万円
ご融資利率:実質年率0.850%~15.000% 固定金利
借入期間、手数料タイプ、融資率、団体信用生命保険の加入の有無及びその種類に応じて融資利率は異なります。
融資利率は毎月見直されます。
ご返済回数・期間:119回~419回、119ヵ月~419ヵ月
ご返済方式:元利均等返済方式、元金均等返済方式
遅延損害金:年率14.5%
融資事務手数料:<定率タイプ>融資額の2.2%以内(税込)、但し最低事務手数料額は220,000円(税込)
担保:融資対象となる土地・建物に、当社を第1順位とする抵当権を設定させていただきます。
保証:原則不要

ーーーーーーーーー
株式会社クレディセゾン
貸金業者登録番号
関東財務局長(14)第00085号
日本貸金業協会会員 第002346号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関の名称
日本貸金業協会 貸金業務相談・紛争解決センター

TEL:0570-051-051
(受付時間9:00〜17:00 休:土、日、祝日、年末年始)

※貸付条件をよくご確認のうえ、計画的にご利用ください。
※当社所定の審査がございます。審査によりご希望の意に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。

よく読まれている記事

みんなに記事をシェアする

ライフイベントから探す

お悩みから探す

執筆者・監修者一覧

執筆者・監修者一覧

セミナー情報

公式SNS

おすすめコンテンツの最新情報をいち早くお届けします。みなさんからのたくさんのフォローお待ちしています。