誰でも簡単に投げ銭サイトを作成・公開できるサービス“KASSAI(カッサイ)”

URLをコピーしました。
誰でも簡単に投げ銭サイトを作成・公開できるサービス“KASSAI(カッサイ)”

最近よく目にする「投げ銭」。あなたは利用したことがありますか?現代版のおひねりともいえる投げ銭システムは、主に動画配信サービスで利用されることが多かったのですが、最近ではそれ以外での活用も広まっています。そこで、今大注目の投げ銭サービスをご紹介します。

1.投げ銭とは

投げ銭とは、大道芸人やストリートミュージシャンに対し、その芸や音楽を楽しんだ謝礼として、あるいは芸能に対する賞賛などの意味を込めて金銭を渡すことを指します。インターネットが発達した現代では、オンライン上のコンテンツを閲覧した利用者がその制作者や配信者に対して金銭などを寄付する行為・サービスも含めて投げ銭といわれるようになりました。

動画配信型サービスでの投げ銭のほかに、最近では創作物を対象とした投げ銭やチャリティ目的での投げ銭など幅広い活用が進んでいます。また、コロナ禍でクリエイターやアーティストの活躍の場が制限される中、投げ銭はオンライン上で収入を得ることが可能となるため、注目が高まっています。

2.投げ銭サービス「KASSAI(カッサイ)」とは

Fintertech株式会社が提供する投げ銭システム「KASSAI」は、誰でも簡単に返礼品の提供を前提とした投げ銭サイトを作成・公開することができるサービスです。オンライン上での資金調達を可能にするほか、企業や団体のチャリティイベントでも活用することができます。

初期費用や毎月の利用料などの固定費用は一切かからず、利用料は集まった投げ銭に対して手数料がかかる完全成功報酬型となっておりますので、リスクなく気軽に導入することができます。また、支援をする際に感謝や応援の気持ちをコメントで残すことができる応援コメント機能があるので、支援者側から寄せられた心温まるコメントや胸が熱くなるコメントは、サイトオーナーだけでなく寄付先となる方々のモチベーション向上にもつながります。

投げ銭サービスKASSAIの詳細はこちら

3.KASSAIの活用方法

KASSAIはオンライン・オフライン問わず、あらゆるシーンで活用できます。イベントに合わせた短期利用のほか、オンラインの募金箱のように中長期的に利用することができ、多種多様なニーズやシーンに対応できる資金調達の方法ともいえます。

KASSAIを活用した事例

  • J-WAVE様
  • 関西フィルハーモニー管弦楽団様
  • 大和証券×鹿島アントラーズ様
  • ランダムアソシエイツ様

4.運営会社

KASSAIを運営しているFintertech株式会社は、株式会社大和証券グループ本社と株式会社クレディセゾンの合弁会社です。両社が創業来培ってきた証券・金融ビジネスのノウハウを礎としながら、最先端のテクノロジーの活用や外部企業との連携により次世代金融サービスを機動的且つ柔軟に創出することを目指しています。

Fintertech株式会社のホームページはこちら:https://fintertech.jp